閉じる

「日文研木曜セミナー」タグ一覧

研究会/シンポジウムの記事

開催日 タイトル
2024.02.22  第278回 日文研木曜セミナー「近代日本の新宗教と国家統治」
2023.11.22  第277回 日文研木曜セミナー「日本の最先端から考える―境界、遺産化、そして「島」の再考に向けて」
2023.07.20  第276回 日文研木曜セミナー「日本近現代文学の英訳にみる地霊ゲニウス・ロキの変奏
― 大佛次郎から大江健三郎、柳美里まで―」
2023.05.25  第275回 日文研木曜セミナー「大村西崖の美術史研究を支えた中国人コレクター、廉泉」
2023.01.26  第274回 日文研木曜セミナー「縮小する社会での文化創造を考える」
2022.11.24  第273回 日文研木曜セミナー「比較文学で明治期陸上競技を読みなおす」
2022.09.22  第272回 日文研木曜セミナー「国際化(脱日本化?)する日本政治史研究」
2022.06.23  第271回 日文研木曜セミナー「書評 安井眞奈美 著『狙われた身体――病いと妖怪とジェンダー』(平凡社、2022年)」
2022.03.17  第270回 日文研木曜セミナー「居場所はできたかい?――震災と社会差別、東日本大震災11年」
2021.12.16  第269回 日文研木曜セミナー「戦争と日本アニメーション:『桃太郎 海の神兵』(瀬尾光世監督、1945年)とは何だったのか?」
2021.10.21  第268回 日文研木曜セミナー「世界文学としての『方丈記』―20世紀初頭までの欧米における鴨長明像」
2021.02.18  第267回 日文研木曜セミナー「留学を夢見た近世の僧侶」
2021.01.21  第266回 日文研木曜セミナー「差別と博物館 -「負の歴史」をめぐる研究と表象」
2020.11.26  第265回 日文研木曜セミナー「ポストコロニアル・フェミニスト宗教研究者への道行」
2020.10.22  第264回 日文研木曜セミナー「宗教間対話と日本のキリスト教――「他者」による信仰の変容――」
2020.09.17  第263回 日文研木曜セミナー「絵巻まんが訳から考える間メディア的方法論」
2020.02.20  第262回 日文研木曜セミナー「「文明」としての Athletics:『文明と身体』の一事例」
2020.01.23  第261回 日文研木曜セミナー「対外接触による近現代中国語の変遷」

トピックスの記事

掲載日 カテゴリ タイトル
2023.12.15 日文研の話題 [木曜セミナー・リポート]第277回日文研木曜セミナー「日本の最先端から考える―境界、遺産化、そして「島」の再考に向けて」(2023年11月22日)
2023.08.23 日文研の話題 [木曜セミナー・リポート]第276回日文研木曜セミナー「日本近現代文学の英訳にみる地霊(ゲニウス・ロキ)の変奏 ― 大佛次郎から大江健三郎、柳美里まで ―」(2023年7月20日)
2023.06.06 日文研の話題 [木曜セミナー・リポート]第275回日文研木曜セミナー「大村西崖の美術史研究を支えた中国人コレクター、廉泉」(2023年5月25日)
2023.02.16 日文研の話題 [木曜セミナー・リポート]第274回木曜セミナー「縮小する社会での文化創造を考える」(2023年1月26日)
2022.12.15 日文研の話題 [木曜セミナー・リポート]第273回木曜セミナー「比較文学で明治期陸上競技を読みなおす」(2022年11月24日)
2022.12.14 日文研の話題 [木曜セミナー・リポート]「書評 安井眞奈美 著『狙われた身体――病いと妖怪とジェンダー』(平凡社、2022年) 」(2022年6月23日)、「国際化(脱日本化?)する日本政治史研究」(2022年9月22日)
2021.03.05 日文研の話題 [木曜セミナー・リポート]ポストコロニアル・フェミニスト宗教研究者への道行(2020年11月26日)、差別と博物館 -「負の歴史」をめぐる研究と表象(2021年1月21日)、留学を夢見た近世の僧侶(2021年2月18日)
2020.11.16 日文研の話題 [木曜セミナー・リポート]宗教間対話と日本のキリスト教―「他者」による信仰の変容―(2020年10月22日)
2020.10.13 日文研の話題 [木曜セミナー・リポート]絵を描かないまんが制作——「まんが訳」の挑戦(2020年9月17日)
2020.04.01 日文研の話題 [木曜セミナー・リポート]文明としての Athletics: 『文明と身体』の一事例(2020年2月20日)
2020.02.10 日文研の話題 [木曜セミナー・リポート]国際“的”な言語交流研究はかくも刺激“的”だった(2020年1月23日)

2019年度までの過去の情報は、こちらをご覧ください

トップへ戻る