閉じる

日文研木曜セミナー

第273回 日文研木曜セミナー

※本セミナーは新型コロナウイルス感染症に関する今後の状況により、変更となる可能性がございます。あらかじめご了承願います。最新の開催に関する情報は日文研HP(本ページ)でご確認ください。

テーマ

比較文学で明治期陸上競技を読みなおす

概要

▶ PDFを見る   陸上競技(athletics)が明治期に紹介された過程には、森鷗外が説く洋学導入と同じ経緯が看取される。本報告では、明治期の陸上競技教本として名高い武田千代三郎『理論実験 競技運動』(1904)、大森兵蔵『オリンピック式 陸上運動競技法』(1912)の二著が依拠したと思われる西洋の先行書籍を突き止め、近代日本文学への西洋文学の影響を解明してきた比較文学研究の手法を用いて両著を読み直す。スポーツ史と比較文学の研究者お二人からのコメントを受けて討論に努めたい。
発表者   
牛村 圭
国際日本文化研究センター  教授
コメンテーター   
佐伯 順子
服部 英恵
同志社大学社会学部  教授
日本大学短期大学部  准教授
司会   
藤本 憲正
国際日本文化研究センター  プロジェクト研究員

見出しアイコン開催情報

開催日: 2022年11月24日(木) 
場所: Zoomによるオンライン開催
開始時間: 17:00
終了時間: 18:30
参加対象者: 研究者の方を対象(学生を含む)
言語:日本語
参加方法: 申し込みが必要です。
オンラインで参加される場合、メールにて①氏名、②役職・所属先、③件名に「日文研木曜セミナーオンライン参加申込み」を明記し、11月17日(木)までにご連絡願います。
折り返し、開催前日までにZoomミーティング入室用のURLをお知らせいたします。

メールアドレス:kenkyo*nichibun.ac.jp(*を@に置き換えてください)
備考:お申込み時にお預かりした個人情報は、大学共同利用機関法人人間文化研究機構関連事業のご案内に使用させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

トップへ戻る