Close

Faculty

Deputy Directors-General

Frederik CRYNS
Specialized Field(s) History of the Sengoku period, interaction between the Western world and Japan
Current Research Themes My current research focuses on the personalities of Tokugawa Ieyasu, Hosokawa Gracia and William Adams in the late Sengoku period. Recently, I've been delving into the history of the Ashikaga shoguns as well. I am also working on the early history of Japan's foreign relations by researching the documents of the Dutch factory in Hirado.
Keywords for Research Tokugawa Ieyasu, Hosokawa Gracia, William Adams, the Ashikaga Shoguns, samurai culture, the Dutch trading post in Hirado

Education

1993 Licenciaat, KU Leuven
2000 M.A, Kyoto University
2003 Ph.D., Kyoto University

Professional Experience

1993 Belgium Flanders Exchange Center
1995
Lecturer, Kyoto University of Foreign Studies
1998 Lecturer, Osaka University
2000
Research Fellow, Japan Society for the Promotion of Science
2003 Research Associate, International Research Center for Japanese Studies
2006 Associate Professor, International Research Center for Japanese Studies
2007
Associate Professor, International Research Center for Japanese Studies
2020
Professor, International Research Center for Japanese Studies
2022 Professor, Deputy Director-General, International Research Center for Japanese Studies

Degree(s)

2003 Ph.D., Kyoto University

Personal web page

Frederik Cryns, historian and author
https://frederikcryns.com/

Achievements

Co-authored Books
Show all Achievements 折り畳み用アイコン
Articles
  • ・ William Adams: English Advisor to the Shogun. How an English navigator became one of the shogun’s most trusted advisers. , History Today 74(4), History Today, March 2024, pp.18-20
  • ・ Le corps et l’esprit en tant que corps liquides: Premières interprétations japonaises des concepts cartésiens, Des mots aux actes 2023, n° 12 L’identité du japonais face aux traductions: les cas du bouddhisme, de la philosophie et du kanbun., Classiques Garnier, September 2023, pp.221-247
  • ・ 「オランダ商館のためにも尽力した「按針」」, 森良和、小川秀樹と共編著『三浦按針の謎に迫る家康を支えたイギリス人臣下の実像』, 玉川大学出版部, 2022年07月, pp.203-232
  • ・ 「ウィリアム・アダムス(三浦按針)は何を成し遂げたのか――日欧交渉史における役割の再検討――」, 『日本関係欧文史料の世界』, 国際日本文化研究センター, 2021年03月, pp.1-9
  • ・ 「オランダ商館長の記録にみる日本の自然災害」, 『學士會会報』944, 学士会, 2020年09月, pp.24-30
Show all Achievements 折り畳み用アイコン
  • ・ 「平戸オランダ商館の設立経緯について」, 『平戸紀要』第8号, 2020年03月, pp.28-48
    ( How the Dutch Trading Post in Hirado was established, March 2020 )
  • ・ 「イエズス会士が作り上げた光秀・ガラシャ像」, 井上章一、呉座勇一、郭南燕と共著『明智光秀と細川ガラシャ 戦国を生きた父娘の虚像と実像』, 筑摩書房, 2020年03月, pp.87-173
    ( Perceptions of Mitsuhide and Gracia by the Jesuits, Chikumashobo, March 2020 )
  • ・ 「機械論と蘭学者の身体観」, 牛村圭編『文明と身体』, 臨川書店, 2018年10月, pp.67-98
    ( The Mechanical Concept of the Human Body and the Rangakusha's Perceptions of the Body, Civilization and the Body, Rinsen Shoten, October 2018, pp.67-98 )
  • ・ Jacques Specx in Hirado (1609–1621): laverend tussen handel en kaapvaart, (Wim Boot ed.) Vergezichten: Nederlands-Japanse Vereniging Lustrumboek, Uitgeverij Gingko, September 2018, pp.11-35
  • ・ 「オランダ人が見た大坂の陣」, 磯田道史、倉本一宏、フレデリック・クレインス、呉座勇一著『戦乱と民衆』, 講談社, 2018年08月, pp.53-82
  • ・ 「略奪品か戦利品か─1615年のサント・アントニオ号拿捕事件と幕府の対応」, 『海賊史観からみた世界史の再構築』, 思文閣出版, 2017年02月, pp.365-394
    ( Piracy or Privateering? The Capture of the Santo Antonio in 1615 and the Bakufu's Response, Pirate's View of the World History, Shibunkaku, February 2017, pp.365-394 )
  • ・ 「徳川家康の外交─外国の史料に見る家康像」, 『徳川家康─その政治と文化・芸能』, 宮帯出版, 2016年06月, pp.137-147
    ( Tokugawa Ieyasu's foreign policy: the image of Ieyasu in contemporary foreign sources, Tokugawa Ieyasu: his politics, culture and arts, Miyaobi, June 2016, pp.137-147 )
  • ・ 「江戸期における物心二元論の流入と蘭学者の心身観」, 『「心身/身心」と環境の哲学―東アジアの伝統思想を媒介に考える』, 汲古書院, 2016年03月, pp.369-384
    ( The influx of Western Dualism in Tokugawa Japan and Rangakusha's Perceptions of Mind and Body, The Philosophy of Mind, Body and Environment : Reconsidering the Traditional Concepts of East Asian Thought, Kyūko Shoin, March 2016, pp.369-384 )
  • ・ 「オランダ商館長日記にみる西洋医術伝授」, 『日蘭関係史をよみとく─(下巻)運ばれる情報と物』, 臨川書店, 2015年07月, pp.19-54
    ( Records of the transmission of Western medical practice in the journals of the Dutch factory, Revisiting the history of Dutch-Japanese relations, shipping of knowledge and commodities, Rinsen Shoten, July 2015, pp.19-54 )
  • ・ 「オランダ商館長と将軍謁見─野望、威信、挫折」, 『徳川社会と日本の近代化』, 思文閣出版, 2015年04月, pp.551-578
    ( Head of the Dutch Factory Audiences with the Shogun: Ambition, prestige, disillusion, Tokugawa Society and the modernization of Japan, Shibunkaku, April 2015, pp.551-578 )
  • ・ Science and art in the Fabrica, Explanatory note for Andreas Vesalius, Fabrica and Epitome, Yushodo, March 2015, pp.12-25
  • ・ Un Japonais naturalisé? Identité et rôle historique de William Adams, Devenir l'autre. Expérience et récit du changement de culture entre le Japon et l'Occident, Ėditions Philippe Picquier, Arles, 2011, pp.19-29
  • ・ 「蘭方医が受容した一八世紀の西洋医療、治療法の根拠と理論展開」, 『一八世紀日本の文化状況と国際環境』, 思文閣出版, 京都, 2011年, pp.103-119
    ( Western medicine adopted by the Rangaku doctors: therapeutics and their theoretical foundations, The Cultural Setting and International Environment of 18th Century Japan, Shibunkaku, 2011, pp.103-119 )
  • ・ 「オランダ商館型日本観と鎖国」, 『旅と日本発見』, 国際日本文化研究センター, 2009年, pp.197-207
    ( How sakoku influenced the Dutch image of Japan, Travel and the Discovery of Japan, IRCJS, 2009, pp.197-207 )
  • ・ 「ポンペの日本史観」, 『日本研究』第40集, 2009年, pp.319-356
    ( Pompe's perspective on the history of Japan, Nihon Kenkyu vol. 40, 2009, pp.319-356 )
  • ・ 「十七世紀バタヴィアからの日本情報─スハウテン『東インド紀行』における日本関係記述」, 『日本研究』第35集, 2007年, pp.275-310
    ( The transmission of information on Japan through Batavia in the 17th Century, as seen in the description of Japan in Schouten's Oost-Indische Voyagie, Nihon Kenkyu vol. 35, 2007, pp.275-310 )
  • ・ 「17世紀オランダに普及した日本情報」, 『日本研究』第33集, 2006年, pp.171-296
    ( Japan in 17th century Holland, Nihon Kenkyu vol. 33, 2006, pp.171-296 )
  • ・ Translation of Western Embryological Thought in the Edo Period: Tsuboi Shindō and Malpighi's Observations of Fertilized Eggs, Japan Review No.17, 2005, pp.55-89
  • ・ 「宇田川玄真の神経観、『医範提綱』の文献学的研究 (1)」, 『科学医学資料研究』341号, 2003年, pp.207-226
    ( Udagawa Genshin's interpretation of the neural system 1, Kagaku igaku shiryō kenkyū 341, 2003, pp.207-226 )
  • ・ 「宇田川玄真の神経観、『医範提綱』の文献学的研究 (2)」, 『科学医学資料研究』342号, 2003年, pp.239-257
    ( Udagawa Genshin's interpretation of the neural system 2, Kagaku igaku shiryō kenkyū 342, 2003, pp.239-257 )
  • ・ 「宇田川玄真の神経観、『医範提綱』の文献学的研究 (3)」, 『科学医学資料研究』343号, 2003年, pp.275-311
    ( Udagawa Genshin's interpretation of the neural system 3, Kagaku igaku shiryō kenkyū 343, 2003, pp.275-311 )
  • ・ 「江戸時代におけるレーウェンフックの顕微鏡観察の受容」, 『近世日本における科学・技術の源流』, 2003年, pp.37-46
    ( Reception of Leeuwenhoek's observations in Japan in the Edo period, Headwaters of Science and Technology in Pre-Modern Japan, 2003, pp.37-46 )
  • ・ The Influence of Herman Boerhaave's Mechanical Concept of the Human Body in Nineteenth-Century Japan, Dodonaeus in Japan, Translation and the Scientific Mind in the Tokugawa Period, Leuven University Press, 2001, pp.343-362
  • ・ 「ブールハーフェの機械論思想と坪井信道」, 『科学医学資料研究』328号, 2001年, pp.1-15
    ( Boerhaave's mechanical medical thoughts and Tsuboi Shindo, Kagaku igaku shiryō kenkyū 328, 2001, pp.1-15 )
  • ・ 「坪井信道『万病治準』における病理論 (1)」, 『科学医学資料研究』322号, 2001年, pp.1-12
    ( The Pathological Theories in Tsuboi Shindo's "Manbyō Chijun" 1, Kagaku igaku shiryō kenkyū 322, 2001, pp.1-12 )
  • ・ 「坪井信道『万病治準』における病理論 (2)」, 『科学医学資料研究』323号, 2001年, pp.1-5
    ( The Pathological Theories in Tsuboi Shindo's "Manbyō Chijun" 2, Kagaku igaku shiryō kenkyū 323, 2001, pp.1-5 )
  • ・ 「新宮凉庭『血論』の研究 (1) 自筆草稿にみる翻訳過程」, 『科学医学資料研究』297号, 2000年, pp.1-8
    ( A Study of Shingu Ryotei's "Theory of the Blood" 1, Kagaku igaku shiryō kenkyū 297, 2000, pp.1-8 )
  • ・ 「新宮凉庭『血論』の研究 (2) 自筆草稿にみる医学思想」, 『科学医学資料研究』307号, 2000年, pp.1-13
    ( A Study of Shingu Ryotei's "Theory of the Blood" 2, Kagaku igaku shiryō kenkyū 307, 2000, pp.1-13 )
  • ・ 「二極性の連邦制度、ベルギーの国家改革」, 『地中海文化研究会編 地中海文化研究会報告』第10号, 1998年, pp.18-27
    ( Bipolar federalism, a case study of the state reform in Belgium, Mare Nostrum 10, 1998, pp.18-27 )
Co-authored Articles
  • ・ 「The VOC archives as a valuable source for the history of early modern Japan」, 『稲賀繁美編 「異文化へのあこがれ―国際海洋都市 平戸とマカオを舞台に―在外資料が変える日本研究―人間文化研究機構ネットワーク型基幹研究プロジェクト『日本関連在外資料調査研究・活用事業』プロジェクト間連携による研究成果活用推進会議・2019年度事業報告論集」』, 国際日本文化研究センター, 京都, 2020年03月, pp.19-30
  • ・ Cynthia Vialle and Frederik Cryns, Jacques Specx in Hirado (1609-1621): laverend tussen handel en kaapvaart, Vergezichten: Nederlands-Japanse Vereniging Lustrumboek, Uitgeverij Gingko, Leiden, September 2018
Other Publications
  • ・ 「現代のことば 梅と新しい命」, 『京都新聞』, 京都新聞(夕), 2024年03月05日
  • ・ 「現代のことば 四十九日の意味」, 『京都新聞』, 京都新聞(夕), 2023年12月26日
  • ・ 「晩年の家康に最も愛されたヨーロッパ人・三浦按針とは…将軍にも忖度しない態度を貫いた男の生涯」, 『PRESIDENT ONLINE』, PRESIDENT ONLINE, 2023年12月
  • ・ 「現代のことば 抹茶の苦味に魅了されて」, 『京都新聞』, 京都新聞(夕), 2023年11月08日
  • ・ 「長岡京ガラシャ祭2023記念企画展:玉の輿入れ」, 『長岡京ガラシャ祭2023記念企画展:玉の輿入れ図録』, 国際日本文化研究センター, 2023年11月, pp.1-5
Show all Achievements 折り畳み用アイコン
  • ・ 「現代のことば 自転車と武士の作法」, 『京都新聞』, 京都新聞(夕), 2023年09月06日
  • ・ 「戦国文化史と時代考証」, 『人文知』5(9), 一般社団法人人文知応援フォーラム, 2023年09月
  • ・ 「現代のことば 薄味に魅了されて」, 『京都新聞』, 京都新聞(夕), 2023年06月28日
  • ・ 「東インド会社のアジア進出と日本」, 『つなぐ世界史2近世』, 清水書院, 2023年06月
  • ・ 「現代のことば 祭りの古都」, 『京都新聞』, 京都新聞(夕), 2023年04月26日
  • ・ Interactions between Rivals: The Christian Mission and Buddhist Sects in Japan (c. 1549–c. 1647), Peter Lang. in: Monumenta Nipponica 78:2 (2023), Monumenta Nipponica, 2023, pp.233-239
  • ・ 「現代のことば「蜻蛉日記と京ことば」」, 『京都新聞』, 京都新聞, 2023年02月28日
  • ・ 「現代のことば「世界で最も美しい庭園」」, 『京都新聞』, 京都新聞, 2022年12月12日
  • ・ 「家康と十七世紀のグローバリズム:鎖国以前の幕府の外交」, NHK出版編『NHK大河ドラマ歴史ハンドブック どうする家康:徳川家康と家臣団たちの時代』, NHK出版, 2022年11月, pp.92-97
  • ・ 「現代のことば「京町家のある風景」」, 『京都新聞』, 京都新聞, 2022年10月17日
  • ・ 「スカッキ著『健康的飲料論』に掲載された日本製熱燗道具図(ローマ、1622 年)」, 『日文研』67号, 国際日本文化研究センター, 2022年09月
  • ・ 「現代のことば「お盆と万霊節」」, 『京都新聞』, 京都新聞, 2022年08月09日
  • ・ 「歴史を紐解く:大阪の悲劇的な屏風」, 『日本関係欧文史料の世界』, 国際日本文化研究センター, 2022年08月
  • ・ 「フロイスの見た秀吉の大坂城」, 『日本関係欧文史料の世界』, 国際日本文化研究センター, 2022年06月
  • ・ 「三浦按針の数奇な人生に迫る!」, 『日本関係欧文史料の世界』, 国際日本文化研究センター, 2022年06月
  • ・ 「江戸時代のミイラ熱」, 『日本関係欧文史料の世界』, 国際日本文化研究センター, 2022年06月
  • ・ 「現代のことば「京都人が褒める時」」, 『京都新聞』, 京都新聞, 2022年06月07日
  • ・ 「会員機関紹介② 総合研究大学院大学 文化科学研究科国際日本研究専攻」, 『After/With コロナの「国際日本研究」-ヨーロッパからの報告 Global Japanese Studies after/with COVID-19: Reports from Europe』, 国際日本文化研究センター, 2022年03月
  • ・ 「現代のことば「京都の桜熱」」, 『京都新聞』, 2022年03月31日
  • ・ 「現代のことば「雪景色の京都」」, 『京都新聞』, 2022年01月28日
  • ・ 「現代のことば「京都人の会話術」」, 『京都新聞』, 2021年11月19日
  • ・ 「誤記の謎と新発見(英語:The Mystery of an Error and a New Discovery)」, 『Nichibunken Newsletter』, 国際日本文化研究センター, 2021年11月
  • ・ 「長崎奉行葬列図(ティツイング『日本風俗図説』パリ、1819年)」, 『日文研』66号, 国際日本文化研究センター, 2021年09月
  • ・ 「ドドネウス『草木誌』」, 『洋学史研究事典』, 思文閣出版, 2021年09月
  • ・ 「現代のことば「二条室町のオランダ人」」, 『京都新聞』, 2021年09月09日
  • ・ 「現代のことば「鴨川の涼を求めて」」, 『京都新聞』, 2021年07月12日
  • ・ 「現代のことば「鍾馗さんと聖母マリアの共通点」」, 『京都新聞』, 2021年05月21日
  • ・ 「御土居と京都らしさ(現代のことば)」, 『京都新聞(夕)』, 2021年03月17日
  • ・ 「資料解説」, 『(企画展)明石博高と島津源蔵―京の近代科学技術教育の先駆者たち』, 2021年01月
  • ・ 「ポンぺ・ファン・メールデルフォートによる近代科学教育の創始」, 『(企画展)明石博高と島津源蔵―京の近代科学技術教育の先駆者たち』, 2021年01月
  • ・ 「底冷えと京町家(現代のことば)」, 『京都新聞(夕)』, 2021年01月19日
  • ・ 「天明の大火:教訓伝える文学の力(日本人の忘れ物知恵会議)」, 『京都新聞』, 2020年12月09日
  • ・ 「門掃き修行(現代のことば)」, 『京都新聞(夕)』, 2020年11月11日
  • ・ 「中秋の名月に思うこと(現代のことば)」, 『京都新聞(夕)』, 2020年09月09日
  • ・ 「フロイス著『1588年日本年報』ローマ、1590年」, 『日文研』65号, 2020年09月
  • ・ 「祇園祭との不思議な縁(現代のことば)」, 『京都新聞(夕)』, 2020年07月13日
  • ・ 「大坂の陣の講和は、家康の陰謀だったのか?オランダの史料に問いを解く鍵がある」, 『現代ビジネス』, ウェブマガジン, 2018年09月
    ( Was the conditonal peace treaty in the Siege of Osaka Ieyasu's plot for the total destruction of the Toyotomi?, Gendai Business, September 2018 )
  • ・ [Interview] Hoe dekoloniseer je een archief? Verslag VOC-Symposium, Historici.nl, December 2017
  • ・ Piracy or Privateering : The Capture of the Santo Antonio in 1615 and the Bakufu’s Response, Shigemi Inaga ed., A Pirate’s View of World History: A Reversed Perception of the Order of Things From a Global Perspective, International Research Center for Japanese Studies, August 2017
  • ・ 「平戸オランダ商館文書の調査研究─激動の江戸初期における対外関係を解き明かす」, 『きざし』1号, 2017年03月, pp.13-13
    ( Research on the archives of the Dutch factory in Hirado : unraveling foreign relations in the early Edo period, Kizashi1, March 2017, pp.13-13 )
  • ・ 「江戸城図(モンターヌス『東インド会社遣日使節紀行』1669年版所収)」, 『日文研』58号, 2017年03月
    ( Picture of Edo castle in Montanus' Atlas Japannensis, 1669, Nichibunken58, March 2017 )
  • ・ 「G.F.メイラン『日本』1830年刊所収口絵解説」, 『日本研究』第54集, 2017年01月
    ( G.F. Meylan's Japan, 1830, Nihonkenkyu54, January 2017 )
  • ・ 「大坂方は士気高く─平戸オランダ商館文書が語る大坂の陣」, 『歴史街道』344号, 2016年12月, pp.46-47
    ( Those of Osaka are in high spirits: The seige of Osaka in the archives of the Dutch Factory in Hirado, Rekishikaidovol.344, December 2016, pp.46-47 )
  • ・ Dutch eyewitness accounts of the Siege of Osaka, Nihu Magazinevol.3, October 2016
  • ・ 「プサルマナザール『台湾誌』標題紙(ロンドン、1704年刊)」, 『日文研』第56号, 2016年09月
    ( The frontispiece of Psalmanazar's description of Formoza, London, 1704, Nichibunken56, September 2016 )
  • ・ 「エンゲルベルト・ケンペル『日本史』1729年刊解説」, 『日本研究』第52集, 2016年03月
    ( Engelbert Kaempfer's History of Japan, 1729, Nihonkenkyu52, March 2016 )
  • ・ 「日本人図(ファン・ノールト『世界一周紀行』フランス語版、アムステルダム、1610年刊)」, 『日文研』第56号, 2016年
    ( Picture of Japanese people in the French edition of Van Noort's Beschrijvinghe, Amsterdam, 1610, Nichibunken56, 2016 )
  • ・ 「ファン・オーフェルメール・フィッセル『日本風俗備考』1833年刊解説」, 『日本研究』第51集, 2015年03月
    ( Van Overmeer Fisscher's Bijdrage tot de kennis van het Japansche rijk, 1833, Nihonkenkyu51, March 2015 )
  • ・ 「 大坂の陣で堺に居合わせたオランダ人—平戸オランダ商館往復書簡にみる江戸初期の日本」, 『日文研』第55号, 2015年
    ( The siege of Osaka, seen through the eyes of a Dutchman in Sakai: a glimpse of the information available in the correspondence of the Dutch factory in Hirado, Nichibunken55, 2015 )
  • ・ 「 日本の船—ファン・ノールト『世界一周紀行』フランス語版、アムステルダム、1610年」, 『日文研』第55号, 2015年
    ( Picture of a Japanese ship in the French edition of Van Noort's Beschrijvinghe, 1610, Nichibunken55, 2015 )
  • ・ 「コメリン『東インド会社の起源と発展』扉絵、オランダ語、アムステルダム、1646年」, 『日文研』第54号, 2015年
    ( The frontispiece of Commelin's Begin ende Voortgang, Amsterdam, 1646, Nichibunken54, 2015 )
  • ・ 「日本の警護所-デ・フリース『東西インド奇事詳解』1682年」, 『日文研』第53号, 2014年
    ( Picture of a Japanese watch house in de Vries' Curieuse aenmerckingen, 1682, Nichibunken53, 2014 )
  • ・ 「日本貿易図-デ・フリース『東西インド奇事詳解』1682年」, 『日文研』第52号, 2014年
    ( Picture of the Japan trade in de Vries' Curieuse aenmerckingen, 1682, Nichibunken52, 2014 )
  • ・ 「蘭学思想史研究におけるオランダ語原史料の重要性」, 『ヒューマン』第4号, 2013年
    ( The importance of the Dutch sources in the study of the history of Rangaku, Human4, 2013 )
  • ・ 「 外国から見た江戸―17 世紀の江戸参府日記を中心に―」, 『理大科学フォーラム』第346号, 2013年
    ( Edo seen through European eyes, with focus on the Daghregisters of the 17th century, Ridai Kagaku Forum346, 2013 )
  • ・ 「 文明史研究における外書コレクション——日本資料専門家欧州協会二〇一二年会議を振り返って」, 『日文研』第51号, 2013年
    ( Nichibunken's collection of foreign books on Japan, seen from the perspective of the history of civilisation, Nichibunken51, 2013 )
  • ・ 「 方広寺図-モンターヌス『東インド会社遺日使節紀行』1669年」, 『日文研』第51号, 2013年
    ( Picture of Hōkōji in Montanus' Gedenkwaerdige gesantschappen, 1669, Nichibunken51, 2013 )
  • ・ 「大阪城図-モンターヌス『東インド会社遺日使節紀行』1669年」, 『日文研』第50号, 2013年
    ( Picture of Osaka castle in Montanus' Gedenkwaerdige gesantschappen, 1669, Nichibunken50, 2013 )
  • ・ 「 ケンペル『廻国奇観』標題紙、レムゴ、1712年」, 『日文研』第49号, 2012年
    ( The frontispiece of Kaempfer's Amoenitatum Exocitarum, Lemgo, 1712, Nichibunken49, 2012 )
  • ・ 「カロン『日本大王国志』標題紙、アムステルダム、1648年」, 『日文研』第48号, 2012年
    ( The frontispiece of Caron's Beschrijvinghe, Amsterdam, 1648, Nichibunken48, 2012 )
  • ・ Confluences of Medicine in Medieval Japan: Buddhist Healing, Chinese Knowledge, Islamic Formulas, and Wounds of War, By Andrew Edmund Goble, Monumenta Nipponicavol.67, no.2, 2012, pp.334-337
  • ・ 「 フランシシ『海外諸国歴史芸術風俗新鏡』標題紙、ニュルンベルク、1670年」, 『日文研』第47号, 2011年
    ( The frontispiece of Francisci's Neu-polirter Geschicht-, Kunst-, und Sitten-Spiegel, Nuernberg, 1670, Nichibunken47, 2011 )
  • ・ 「『枢機卿会公報』標題紙、ローマ、1585年」, 『日文研』第46号, 2011年
    ( The frontispiece of the Acta Consistorii, Roma, 1585, Nichibunken46, 2011 )
  • ・ 「マッフェイ『インド史』標題紙、ラテン語、ヴェネツィア、1589年」, 『日文研』第45号, 2010年
    ( The frontispiece of Maffei's Historiarum Indicarum, Venetia, 1589, Nichibunken45, 2010 )
  • ・ 「モンターヌス『東インド会社遣日使節紀行』扉絵、オランダ語版、アムステルダム、1669年」, 『日文研』第44号, 2010年
    ( The frontispiece of Montanus' Gedenkwaerdige gesantschappen, Amsterdam, 1669, Nichibunken44, 2010 )
  • ・ 「オランダ商館日記の研究」, 『日文研』第38号, 2007年
    ( The study of the Daghregisters, Nichibunken38, 2007 )
  • ・ 「科学の限界」, 『日文研』第30号, 2003年
    ( The limitations of science, Nichibunken30, 2003 )
  • ・ 「江戸後期におけるブールハーフェ医学思想の受容、坪井信道『万病 治準』を中心に」, 『18世紀学会年報』16, 2001年
    ( The Influence of Boerhaave's Medical Thoughts in the Latter Edo Period; A Study of Tsuboi Shindo's "Manbyō Chijun", Nihon 18 Seiki Gakkai Nenpō16, 2001 )
Presentations, Symposiums, Lectures etc.
TV, Radio
  • ・ (Podcast・出演), ‘The English Navigator Who Became a Samurai, Dan Snow's History Hit, 26 March 2024
  • ・ (インタビュー・取材協力), Héctor Llanos Martínez, Así se construyó ‘Shōgun’, la ‘Succession’ del Japón feudal, con un historiador apasionado y actores de teatro tradicional, El País, 10 March 2024
  • ・ (Podcast・出演), Episode 4 - The Eightfold Fence, FX's Shōgun: The Official Podcast, 12 March 2024
  • ・ (ラジオ・出演), On The Coast, CBC Radio Vancouver, 8 March 2024
  • ・ (インタビュー・取材協力), Rick de Graaff, Topserie Shōgun toont ook bijzondere band met Nederland, De Telegraaf, 1 March 2024
Show all Achievements 折り畳み用アイコン
  • ・ (インタビュー・取材協力), David West, Rise of the Shogun, Neo Magazine 238, 29 February 2024
  • ・ (インタビュー・取材協力), Kev Lochun, What is a shōgunate in Japanese history?, History Extra Website, 28 February 2024
  • ・ (インタビュー・取材協力), Kev Lochun, Is Shōgun a true story? The real history behind the feudal Japan drama, History Extra Website , 27 February 2024
  • ・ (インタビュー・取材協力), Kev Lochun, The real John Blackthorne in Shōgun: the true story of samurai William Adams, the first Englishman in Japan, History Extra Website , 27 February 2024
  • ・ (Podcast・出演), Episode 1 - Anjin , FX's Shōgun: The Official Podcast, 27 February 2024
  • ・ (Podcast・出演), Shogun: 17th Century Japan with Frederik Cryns, Aspects of History episode 132, 20 February 2024
  • ・ (インタビュー・取材協力), 5 Stories of the Samurai Class, The York Times Website, 6 February 2024
  • ・ (TV・出演、取材協力), 「NHKスペシャル 家康の世界地図」, NHK総合, 17 December 2023
  • ・ (TV・出演、取材協力), 「VR大坂の陣 真田信繁VS.徳川家康」, NHK総合, 6 December 2023
  • ・ (TV・出演、取材協力), 「Tsukumo Nasu - Power in a Tea Caddy」, NHK WORLD-JAPAN, 28 October 2023
  • ・ (TV・出演・監修), 「The Floating World - First Contact -」, NHK WORLD-JAPAN, 6 August 2023
  • ・ (YouTube), 「重要文化財「大阪夏の陣図屏風」に見る戦乱と民衆」, 国際日本文化研究センター, 31 May 2023
  • ・ (TV・出演、取材協力・監修), 「鎖国〜家康の決断〜」, 『木村多江の、いまさらですが・・・』, NHKEテレ, 24 April 2023
  • ・ (TV・取材協力), 「家康の顔」, 『歴史探偵』, NHK, 8 March 2023
  • ・ (ラジオ・出演), 「家康に愛された男・三浦按針」, ひょうごラジオカレッジ, ラジオ関西, 11 February 2023
  • ・ (TV・出演、取材協力), 「決戦!関ヶ原Ⅱ 大名たちの野望」, NHK BSプレミアム, 4 February 2023
  • ・ (TV・出演、取材協力), 「家康の甲冑(かっちゅう) 〜知られざる素顔に迫る〜」, NHK BSプレミアム, 28 December 2022
  • ・ (TV・出演、取材協力), 「“たぬきも納得”天下人家康の交渉術」, 『先人たちの底力 知恵泉(ちえいず)』, NHK Eテレ, 20 December 2022
  • ・ (TV・出演、取材協力), 「スペインから贈られた家康の洋時計」, 『名品の来歴』, NHK BSプレミアム, 2 December 2022
  • ・ (TV・出演、取材協力), 「History Uncovered: Osaka's Tragic Folding Screen」, NHK WORLD-JAPAN, 6 August 2022
  • ・ (TV・取材協力), 「VR探検!秀吉の大坂城」, 『歴史探偵』, NHK, 29 June 2022
  • ・ (TV・出演、取材協力), 「家康のブレーン!青い目のサムライ・三浦按針」, 『にっぽん歴史鑑定』, BS-TBS, 27 June 2022
  • ・ (TV・取材協力), 「江戸時代の感染症対策と将軍も愛したミイラの真実」, 『号外!日本史スクープ砲』, BS松竹東急, 12 June 2022
  • ・ (Web配信) , 「玉の輿入れと新婚生活 勝龍寺城での武家夫人の暮らし THE JAPANESE SENGOKU PRINCESS HOSOKAWA TAMA GRACIA」, 長岡京ガラシャ祭りYouTubeチャンネル, 7 January 2022
  • ・ (TV・出演、取材協力), 「決戦!大坂の陣」, NHK BSプレミアム, 30 December 2021
  • ・ (TV・出演、取材協力), 「大坂の陣 幻の大洪水」, 『歴史探偵』, NHK, 17 November 2021
  • ・ (TV・出演、取材協力), 「家康が夢見た”開国”」, 『英雄たちの選択』, NHK, 13 October 2021
  • ・ (Web配信) , 「明智光秀と細川ガラシャ-戦国を生きた父娘の虚像と実像-」座談会編, 長岡京ガラシャ祭りYouTubeチャンネル, 6 December 2020
  • ・ (Web配信) , 「明智光秀と細川ガラシャ-戦国を生きた父娘の虚像と実像-」講演会編, 長岡京ガラシャ祭りYouTubeチャンネル, 29 November 2020
  • ・ (TV・出演、取材協力), 「戦国に生きた女性 細川ガラシャ―17通の手紙が伝える素顔」, 『歴史秘話ヒストリア』, NHK, 18 November 2020
  • ・ (TV・出演、取材協力), 「大戦国史:激動の日本と世界」, BSプレミアム, 26 September 2020
  • ・ (TV・出演、取材協力), 「戦国~激動の世界と日本―(2)ジャパン・シルバーを獲得せよ 徳川家康×オランダ」, 『NHKスペシャル』, 5 July 2020
  • ・ (TV・出演、取材協力), 「ルーツは江戸?外国人が驚く日本人の防災術&神保町お宝探し」, 『新説!所JAPAN』, フジテレビ, 9 March 2020
  • ・ (Web配信) , 「日本史の戦乱と民衆」, 『インターネット放送』, 国際日本文化研究センター, 18 December 2017
  • ・ (Web配信) , 「海の向こうの日本文化―その価値と活用を考える」, 『YouTube』, 人間文化研究機構, 9 November 2017
  • ・ (TV・取材協力), 「京都・祇園祭~至宝に秘められた謎」, 『NHKスペシャル』, 23 July 2014
Supervision and Review of doctoral theses
  • ・ Sep. 23.2023, 博士論文の公開審査会, 「近世日本における国境を越えた長崎とハイブリッド宇宙論の循環」, パリ・シテ大学
  • ・ Mar. 24.2021, SONG Qi, “Shinto, Confucianism and Buddhism or "Three Teachings Thought" in the Late Edo Period: An Analysis of Form and Structure”
  • ・ Mar. 22.2019, SAKA Chihiro, “From Old Hag in Hell to Guide to the Pure Land: An Examination of the Representation of Datsueba in Literature and Visual Imagery Together with Rituals and Worship Practices”
  • ・ Mar. 23.2018, KOIZUMI Tomonori, “The History of Childhood Sexuality in Early Modern and Modern Japan”
  • ・ Jul. 27.2017, Tomohiro KADOWAKI, “A study of the transmission and enforcement of Bakufu laws in the first half of the Tokugawa period.”
Show all Achievements 折り畳み用アイコン
  • ・ Jun. 10.2017 , Hitoshi OGAWA, “A study of Scipione Amati : the Keichō Embassy and the image of Japan in Baroque Europe.”, Kyoto University
  • ・ Mar. 24.2016, Yūki MITSUHIRA, “Music Therapy and its Ideological Foundations in the Edo and Meiji Periods : A Study of the Reception of the Healing Qualities of Music in Chinese Nourishing Life Doctrines and Western Music Therapy.”
  • ・ Mar. 20.2014, Svetlana KORNEEVA, “A Historico-Sociological Study of Actions to Contain Quarrels and Altercations during the Early Edo Period: Cases in the Morioka and Kaga Domains.”
  • ・ Mar. 22.2013, Jun'ichi NOROTA, “Aesthetics and Public Art Policy in the Late Tokugawa Period and the Meiji Era.”
Other Activities