閉じる

Team Research2022

Studying Nichibunken's Collection of Inoue Tetsujiro's Correspondence: The Rise and Fall of the Nation-State

Unit
Power and Culture
Project Leader Professor ISOMAE Jun'ichi Visiting Professor KARITA Shinji

Inoue Tetsujirō (1856–1944) was a leading Meiji-era scholar of philosophy at the Imperial University in Tokyo. Nichibunken holds a collection of some 140 of Inoue’s letters. The proposed joint research project aims to explore the origin of the nation-state in Japan by a thorough analysis of these letters. The project’s three major tasks will be: (1) the study of Inoue’s professional and personal contacts with contemporary intellectuals; (2) an investigation into the relationship between totalitarianism and democracy within the Japanese nation-state, and (3) an exploration of the connection between human rights and sovereignty in the context of the Japanese nation-state. The proposed research aims to shed new light on the following three main questions: (1) How was the Japanese nation-state conceived by the intellectuals with whom Inoue had contact? (2) What distinctions were made, or not made, between democracy and totalitarianism? (3) How were human rights and sovereignty understood and conceived as supporting the Japanese nation-state?

センター研究者等 磯前 順一 国際日本文化研究センター・教授
茢田 真司 國學院大学法学部・教授、国際日本文化研究センター・客員教授
伊東 貴之 国際日本文化研究センター・教授
平野 克弥 UCLA History Department・准教授、国際日本文化研究センター・外国人研究員
PRADHAN Gouranga Charan 国際日本文化研究センター・特定研究員
村島 健司 国際日本文化研究センター・プロジェクト研究員
共同研究員 小田 龍哉 同志社大学人文科学研究所・嘱託研究員
大村 一真 同志社大学法学部・大学院生
関口 寛 同志社大学人文科学研究所・准教授
磯前 礼子 朝日カルチュアーセンターくずは教室・講師
小倉 慈司 国立歴史博物館研究部歴史研究系・教授
荻原 稔 國學院大學研究開発推進機構日本文化研究所・共同研究員
久保田 浩 明治学院大学国際学部・教授
吉田 一彦 名古屋市立大学高等研究院・教授
上村 静 尚絅学院大学総合人間科学系・教授
吉村 智博 大阪公立大学都市科学・防災研究センター・特別研究員
須之内 震治 国際視覚障碍者援護協会・評議員、茨城大学教育学部・元非常勤講師
藤田 啓介 ぺりかん社編集部・編集者
海外共同研究員 馬 冰 北華大学・講師
全 成坤 翰林大学・助教授
Page Top