閉じる

Team Research2022

Japanese Style Education - from the Perspective of the History of Civilizations

Unit
Power and Culture
Project Leader Professor TAKII Kazuhiro

After the Meiji Restoration of 1868 Japan launched a drastic revolution of its society under the leadership of the new government. Japan consequently achieved rare success in terms of improving its international status, and quickly caught up with the Western countries. This success can be said to be the result of the government’s development and management of human and material resources, and the centralized education system made an important contribution in this regard. This educational system, however, has now reached a turning point. Following the two “lost decades,” and with increasing exposure to globalization, the various systems that made Japan what it is have been drifting without a compass. Education is no exception. This study examines the past, present, and future of Japan’s education system since the start of the modern period, and investigates its contemporary meaning and significance in the context of international society.

センター研究者等 瀧井 一博 国際日本文化研究センター・教授
齊藤 紅葉 国際日本文化研究センター・機関研究員
西田 彰一 国際日本文化研究センター・プロジェクト研究員
根川 幸男 国際日本文化研究センター・特定研究員
共同研究員 稲垣 恭子 京都大学・理事・副学長
竹内 里欧 京都大学大学院教育学研究科・准教授
齊藤 智 京都大学大学院教育学研究科・教授
RAPPLEYE, Jeremy 京都大学大学院教育学研究科・准教授
安藤 幸 京都大学大学院教育学研究科・講師
井上 義和 帝京大学共通教育センター・准教授
椎名 健人 近畿大学教職教育部・講師
高山 敬太 京都大学大学院教育学研究科・教授
片山 杜秀 慶応義塾大学法学部・教授
宇野 重規 東京大学社会科学研究所・教授
柏木 敦 立教大学文学部教育学科・教授
大澤 聡 近畿大学文芸学部・准教授
大田 美佐子 神戸大学大学院人間発達学研究科・准教授
阿川 尚之 同志社大学法学部・教授
足羽 與志子 一橋大学大学院社会学研究科・特任教授
礒山 麻衣 東京大学大学院学際情報学府・博士課程
待鳥 聡史 京都大学大学院法学研究科・教授
瀬平劉 アントン 九州大学基幹教育院・准教授
大中 有信 同志社大学法科大学院・教授
平松 隆円 東亜大学芸術学部、大学院総合学術研究科・准教授
海外共同研究員 苅谷 剛彦 オックスフォード大学・教授
Page Top