閉じる

Other Events

京都国際マンガミュージアム企画展「縮小社会のエビデンスとメッセージ:人口・経済/医療・福祉/教育・文化/地域・国際、そしてマンガ」を開催します(※2022年1月28日追記)

★春画の展示は3月13日(日)午後に延期します。その日は第3回のチケットで京都国際マンガミュージアムに入館することができます。感染状況によっては、展示を再延期/中止する可能性があります。

Theme

 日本の人口は、2008年の1億2808万人をピークに、急速な減少に転じています。人口が縮小・高齢化し、加えて経済的な豊かさが失われるなかで、社会のさまざまな課題が噴出しています。人口に見合った社会・経済・文化活動とは、どのようなものになるのでしょうか。社会的・文化的活動を経済の文脈に限定せず、それがもつ個の「生」を充実させる働きをどのようにいかしていくことができるでしょうか。縮小社会のなかでの多様な動きをみわたせば、これまでとはまったく異なる発想での「生」のつむぎ方がみつかるかもしれません。  2022年1月22日(土) より京都国際マンガミュージアムで実施する本企画展では、4つのセクション/8つの視点から、〈縮小社会〉の実相を示すデータ=「エビデンス」と、そうした現実を生きるためのヒント=「メッセージ」を提示します。

Overview

▶ view PDF

★特設サイトはこちら
https://ys.nichibun.ac.jp/shukusho/

★「縮小社会を考える映画祭」を開催します!
 現代日本社会の人口減少、さまざまな領域での既存の仕組みの縮小、機能不全、崩壊など、日本の社会や文化の在り方を根底から変えつつあるドラスティックな変化をとらえた、優れたドキュメンタリー映画作品4本を厳選し、企画展の会期中に上映します。上映後は、映画研究者の谷川建司の司会によるトーク・セッションを行います。

「縮小社会を考える映画祭」についてのグループページはこちら
https://peatix.com/group/11637998

【2022年1月19日追記】
 新型コロナウィルスの感染状況の悪化により、京都国際マンガミュージアムで開催する「縮小社会を考える映画祭」1月29日(土)『双子暦記』と30 日(日)『桜の樹の下』の上映とトークセッションはリモート開催に変更します。全国どこからでも参加できます。

【2022年1月28日追記】
 新型コロナウィルスの感染状況の悪化により、2月19日(土)『春画と日本人』と、20日(日)『孤独なツバメたち~デカセギの子どもに生まれて~』はリモート開催に変更します。アクセス方法などの詳細は、決まり次第、参加登録された方にお知らせします。


Peatixにて、先着順で参加予約受付中!

第1回:1月29日(土) 『双子暦記 私小説』(2018年製作)
https://peatix.com/event/3116369/

第2回:1月30日(日) 『桜の樹の下』(2016年製作)
https://peatix.com/event/3116377/

第3回:2月19日(土) 『春画と日本人』(2018年製作)
https://peatix.com/event/3116890/
★春画の展示は3月13日(日)午後に延期します。その日は第3回のチケットで京都国際マンガミュージアムに入館することができます。感染状況によっては、展示を再延期/中止する可能性があります。

第4回:2月20日(日) 『孤独なツバメたち~デカセギの子どもに生まれて~』(2011年製作)
https://peatix.com/event/3116910/

見出しアイコンDate

2022.01.22 ~ 2022.05.16
Page Top