閉じる

Team Research2022

Reconstructing Modern East Asian Cultural History I: Focusing on the 19th Century

Unit
Developing Research into Popular Culture
Project Leader Professor LIU Jianhui

Under the influence of the nationalism widespread since the nineteenth century, the history of literature and the history of culture has been conceived on a country-by-country basis and constructed separately from anything outside or from other countries. This is true of the history of Japanese literature and culture as well as the history of Chinese literature and culture. Such an approach, however, violates the principles through which literature and culture arise; it also diverges from the actualities of history.  As is well known, Japanese, Chinese, Korean, and Vietnamese literature and culture were closely linked and their literature and culture mutually influenced each other not just in ancient but in modern times. In ancient times, Chinese orthography and literature written in Chinese, as well as the traditions of Confucianism and Buddhism, formed the basis of that close exchange. In modern times with the advance of the Western powers and Western scholarship into the east, these four countries of East Asia observed the experiences of the others and supported each other as they groped toward cultural transformation and as they absorbed the impact of the Western culture and civilization sweeping over their whole region. When we consider the emergence and development of literature and culture in East Asia over the past two hundred years, therefore, we realize that we cannot appreciate the true historical processes that took place by dividing up the region into separate country histories.  This team research project, by identifying and examining diverse historical cases of mutual influence and interaction, mainly between the modern literatures of Japan and China and through their cultural exchange, will endeavor to move beyond or sublate the pattern of singlecountry historical discourse. We hope to present a new perspective and methodology to replace the previous historical discourse and create anew a history of literature and culture for the region.

センター研究者等 劉 建輝 国際日本文化研究センター・教授
井上 章一 国際日本文化研究センター・所長
石川 肇 国際日本文化研究センター・特定研究員
光平 有希 国際日本文化研究センター・特任助教
磯田 道史 国際日本文化研究センター・教授
森岡 優紀 国際日本文化研究センター・日本学術振興会特別研究員
共同研究員 上垣外 憲一 大妻女子大学比較文化学部元教授
陳 力衛 成城大学経済学部・教授
王 宝平 二松學舍大學文学部・教授
小倉 紀蔵 京都大学大学院人間・環境学研究科・教授
単 援朝 崇城大学、熊本大学・非常勤講師
陳 継東 青山学院大学国際政治経済学部・教授
仲 万美子 同志社女子大学・名誉教授
松宮 貴之 佛教大学文学部・非常勤講師
森田 憲司 奈良大学・名誉教授
深尾 葉子 大阪大学大学院人文学研究科・教授
太田 梨紗子 神戸大学大学院・博士課程後期課程
南 誠 長崎大学多文化社会学部・准教授
李 偉 長崎大学多文化社会学部・客員研究員
高橋 博巳 金城学院大学名誉教授
村田 雄二郎 同志社大学グローバル・スタディーズ研究科・教授
岸 陽子 一般社団法人中国研究所・所員(早稲田大学名誉教授)
安藤 潤一郎 東洋大学アジア文化研究所・客員研究員
陳 捷 東京大学大学院人文社会系研究科・教授
劉 岸偉 東京工業大学リベラルアーツ研究教育院・教授
戦 暁梅 東京工業大学リベラルアーツ研究教育院・准教授
平岡 隆二 京都大学人文科学研究所・准教授
李 長波 同志社大学日本語・日本文化教育センター・教授
閻 小妹 信州大学学術研究院総合人間科学系・特任教授
張 競 明治大学国際日本学部・教授
伊藤 謙 大阪大学総合学術博物館・特任講師
塚瀬 進 長野大学環境ツーリズム学部・教授
稲垣 智恵 中京大学教養教育研究院・講師
海外共同研究員 王 中忱 中国清華大学人文学院・教授
唐 権 中国華東師範大学外国語学院・副教授
孫 江 南京大学・教授
劉 序楓 台湾中央研究院・教授
孫 建軍 中国北京大学外国語学院・副教授
新井 菜穂子 北京工業大学・外国専家
王 志松 北京師範大学・教授
青木 信夫 天津大学・教授
徐 蘇斌 天津大学・教授
Page Top