閉じる

Team Research2021

The Scars of Post-war Japan

Unit
Foundational
Project Leader

Professor TSUBOI Hideto
Team Researcher UNODA Shōya

This collaborative project reexamines postwar Japan from the perspective of the keyword “scars” (kizuato). “Scars” are not only symbolic ways to reconfirm what happened in the past (as “wounds”). They are also the space where the past and the present intersect, the past that can only be talked about in the present continuous tense because the past is still alive; painful experiences that are difficult to heal or impossible to forget mean the past has not ended, and remains incomplete. Scars are like the scab over a wound that may be peeled off and exposed by ongoing violence, and regenerated as a new wound. Postwar Japan can be understood as a time-space where countless scars are regenerated as countless new wounds. Scars as represented in literature and art, scars as seen in the struggles and setbacks of popular movement, our bodies and lives and deaths as controlled by medical and health policies... This study deals with a wide variety of issues in the postwar societies of Japan and other Asian countries that have had to live with these scars of the experience of war.

センター研究者等 坪井 秀人 国際日本文化研究センター・教授
田村 美由紀 国際日本文化研究センター・博士研究員
増田 斎 総合研究大学院大学文化科学研究科・博士後期課程
葉 暁瑶 総合研究大学院大学文化科学研究科・博士後期課程
橘川 智也 総合研究大学院大学文化科学研究科・博士後期課程
劉 影 総合研究大学院大学文化科学研究科・博士後期課程
共同研究員 宇野田 尚哉 大阪大学大学院文学研究科・教授
石川 巧 立教大学文学部・教授
辛島 理人 神戸大学大学院国際文化学研究科・准教授
川口 隆行 広島大学大学院人間社会科学研究科・教授
黒川 伊織 神戸大学大学院国際文化学研究科・協力研究員
小杉 亮子 埼玉大学大学院人文社会科学研究科・准教授
飯田 祐子 名古屋大学人文学研究科・教授
高 榮蘭 日本大学文理学部・教授
佐藤 泉 青山学院大学文学部・教授
美馬 達哉 立命館大学先端総合学術研究科・教授
鳥羽 耕史 早稲田大学文学学術院・教授
宋 恵媛 大阪市立大学文学研究科・准教授
光石 亜由美 奈良大学文学部・教授
ニコラス・マフッド・ランブレクト 大阪大学大学院文学研究科・助教
キツニック・ラウリ 広島大学大学院人間社会科学研究科・准教授
解 放 東京外国語大学大学院・博士後期課程
中村 平 広島大学大学院人間社会科学研究科・教授
髙畑 早希 名古屋大学人文学研究科・博士後期課程
奥村 華子 名古屋大学人文学研究科・博士後期課程
市川 遥 名古屋大学人文学研究科・博士後期課程・日本学術振興会特別研究員
海外共同研究員 キアラ・コマストリ オックスフォード大学大学院・大学院生
アストギク・ホワニシャン ロシア・アルメニア大学 ・上級講師
Page Top