閉じる

Team Research2020

Sports as Civilization, Sports as Culture

Unit
Priority
Project Leader Professor USHIMURA Kei

One could consider there are two types of sports: sports that have developed and evolved with the background of the country’s or region’s indigenous culture, and sports that were introduced from outside through contact with other countries or regions. Following the opening of Japan toward the end of the Tokugawa period, for instance, sports of Western origin were transmitted to Japan due to the encounter with the Western powers. In this background one could detect some sports, such as boxing, that sought to discard “savagery” by adopting rules, making such pursuits an intentional element of civilization. No less conspicuous are examples of sports of Japanese origin that developed—or evolved—as traditional jūdō transformed into international judo due to the inevitable contact with other cultures. Understandably, there are “sports as civilization”—as contrasted with savagery— but there are also “sports as culture,” that is, sports which, after having developed within the culture of one country, encountered outside cultures and changed with that impetus—or did not change or refused to change. This team research project, while keeping in mind these two types of sports, attempts to discuss various examples relating to sports in Japan’s modern history, and to present thereby a new outlook on interpretations of Japanese culture.

研究代表者 牛村 圭 国際日本文化研究センター・教授
共同研究員 古田島 洋介 明星大学人文学部・教授
藤田 大誠 國學院大學人間開発学部・教授
川島 浩平 早稲田大学スポーツ科学部・教授
佐伯 順子 同志社大学社会学部・教授
佐々木 浩雄 龍谷大学文学部・准教授
高嶋 航 京都大学文学部・教授
竹村 民郎 元大阪産業大学教授
等松 春夫 防衛大学校・教授
永井 久美子 東京大学大学院総合文化研究科・准教授
堀 まどか 大阪市立大学大学院文学研究科・准教授
吉江 弘和 創価大学・講師
フレデリック・クレインス 国際日本文化研究センター・准教授
稲賀 繁美 国際日本文化研究センター・教授
劉 建輝 国際日本文化研究センター・教授
ジョン・ブリーン 国際日本文化研究センター・教授
光平 有希 国際日本文化研究センター・機関研究員
西山 由理花 国際日本文化研究センター・外来研究員
田村 美由紀 国際日本文化研究センター・博士研究員
倉田 健太 総合研究大学院大学・大学院生
増田 斎 総合研究大学院大学・大学院生
井上 章一 国際日本文化研究センター・所長
海外共同研究員 徐 載坤 韓国外国語大学校・教授
杉田 智美 国立木浦大学校人文大学日語日文学科・招聘教員
Page Top