閉じる

Team Research2020

Popular Culture and “Civilization and Enlightenmentˮ: The Position and Role of Mass Media in the Turbulent Transition from Edo to Meiji

Unit
Priority
Project Leader Visiting Research Scholar Alistair SWALE

Soon after the Meiji Restoration, the policy of “civilization and enlightenment” was implemented. It could be said that this was introduced from the “top down,” and certainly the Meiji leadership understood the value of presenting Japan as a “civilized nation” to the Western powers. More recently, however, scholarship focusing on “civilization and enlightenment” as it took place from the “bottom up” has increased. This has included research on the emergence of nishiki-e newspapers and popular ko-shinbun, as well as the artists and writers who were engaged in low-brow (gesaku) culture prior to the demise of the shogunate.  Accordingly, this research project aims to develop a more rounded view of “civilization and enlightenment” as a movement and include a more thorough consideration of the impact of continuities from pre-Meiji Edo traditions. By so doing we hope to gain a deeper understanding of the cultural undercurrents that informed the development of mass media in the early Meiji period.

研究代表者 アリステア・スウェール 国際日本文化研究センター・外国人研究員 / カンターベリー大学・助教授
共同研究員 松田 宏一郎 立教大学法学部政治学科・教授
土屋 礼子 早稲田大学政治経済学術院・教授
五百旗頭 薫 東京大学大学院法学政治学研究科・教授
菅原 真弓 大阪市立大学大学院文学研究科・教授
百瀬 響 北海道教育大学札幌校・教授
大久保 健晴 慶應義塾大学法学部政治学科・教授
アレキサンダー・ベネット 関西大学国際部・教授
岡本 貴久子 奈良県立大学ユーラシア研究センター・客員研究員
土谷 桃子 岐阜大学日本語・日本文化教育センター・教授
奈良岡 聰智 京都大学大学院法学研究科・教授
細川 周平 国際日本文化研究センター・名誉教授
瀧井 一博 国際日本文化研究センター・教授
ジョン・ブリーン 国際日本文化研究センター・教授
古川 綾子 国際日本文化研究センター・助教授
石上 阿希 国際日本文化研究センター・助教授
西山 由理花 国際日本文化研究センター・外来研究員
サイモン・パートナー  国際日本文化研究センター・外国人研究員
森岡 優紀 国際日本文化研究センター・日本学術振興会・特別研究員
Page Top