HOME>日文研について

日文研について

所長のごあいさつ

所長  小松 和彦

所長  小松 和彦

国際日本文化研究センター(日文研)は、日本の文化・歴史を国際的な連携・協力の下で研究するとともに、世界の日本研究者を支援するという大切な使命をもった、国の交付金によって運営されている大学共同利用機関です。この使命を推し進めるために、国内のみならず国外からの研究者も参加する共同研究を組織し、毎年海外でも各種の国際研究集会を開催しています。また、海外から人文・社会科学の諸分野の研究者を数多く招いて、最新の研究成果や情報に基づく研究協力あるいは海外の研究情報収集なども行っています。

海外の日本研究は、日本との政治的あるいは経済的な関係を反映して、成熟期を迎えた国や地域、成長途上にある国や地域、緒についたばかりの国や地域などさまざまな段階にあります。日文研は、そのような事情を汲み取りつつ、それに見合った形での学術交流・研究支援を行うことで、より正確で奥行きのある日本理解が進むように努力するとともに、研究者のネットワークづくりを進め、今日では他の追随を許さない国内外の日本研究者の重要な研究拠点となっています。

最近の日本研究は、グローバル化する世界の下で、地域を日本だけに限定してその文化の構造や特質を論じるだけでは十分ではありません。「世界の中での日本」、「アジアの中での日本」といった、より広い観点からの比較や文化の相互交流あるいは歴史的変容などの研究が強く求められるようになってきております。日文研は、こうした新しい状況に対応するために、従来の学問分野の垣根を越えた問題意識を大切にし、国際的・学際的・総合的な視野の下で研究することを推奨し、ユニークな課題や研究領域の開拓に努めており、これまでも大きな成果を挙げています。近年力を入れているのは、海外から熱いまなざしを受けながらも研究としてはまだ未成熟な大衆文化の研究で、その研究から「新しい日本のイメージ」を探りだそうと試みております。

また、日文研は、国内外の研究者たちの研究拠点としてだけではなく、海外の日本文化紹介書や研究書を中心に日本研究に必要な貴重な資料を収集・保存する機関としての役目も果たしており、その蔵書は高い評価を得るとともに、データベースを通じて国内外の研究者や大学院生に大いに活用されています。さらに日文研の国際的で多彩な活動の一端は、公開講演会や一般公開、出版物、ホームページなどを通じて広く理解いただけるように努めています。

日文研は、平成 29(2017)年 5 月に創立 30 周年の節目を迎えました。これを機に、これまでの日文研の活動を振り返るとともに、情報技術革命によって急速に変貌する世界の状況にふさわしい研究所として機能できるよう自己改革を進め、これまで以上に先端的で独創的な研究を生み出していきたいと考えております。これからも、皆様の温かい支援を賜ることを心より願っています。

平成29年7月
所長  小松 和彦

ページトップへ