閉じる

研究者

専任教員

研究者の顔画像
エドワード・ボイル 総合情報発信室
専門分野 境界研究、文化遺産論、地政学、地図学
研究テーマ 近世・近代・現代における境界及び国境の変容や変遷過程に関する研究に従事している。空間が文化・歴史遺産化される過程について「記憶の境界」という概念を用いて分析を行っている。日本国内に限らず、東北アジア地域や、北東インド、パラオに関する研究も進めている。
キーワード 国境・境界、文化遺産、地図、地域ガバナンス、領土問題、移民、インフラ整備、空間認識

見出しアイコン学歴

2005年6月
ロンドン大学 東洋アフリカ研究学院 卒業
2010年3月 北海道大学大学院 法学研究科 修士課程 修了
2018年3月 北海道大学大学院 法学研究科 博士課程 修了

見出しアイコン職歴

2015年4月 九州大学法学研究院 助教
2018年4月 北海道大学 スラブ・ユーラシア研究センター 共同研究員
2021年10月 国際日本文化研究センター 総合情報発信室 准教授

見出しアイコン学位

2010年3月 北海道大学 修士(法学)
2018年3月 北海道大学 博士(法学)

見出しアイコン主要業績

単独論文
  • ・ Shifting borders of memory: Japan’s Industrial Heritage Information Centre, Journal of Cultural Heritage Management and Sustainable Development 12.1, emerald publishing, 2022, pp.19-31
  • ・ Illuminating Edges: Borders as Institutions, Process, Space, Decoding the Sino-North Korean Borderlands, Amsterdam University Press, 2021, pp.27-44
  • ・ 「パラオの戦跡-記憶化の視点から」, 『知っておきたいパラオ ― ボーダーランズの記憶を求めて』, 北海道大学出版会, 2020年
  • ・ Mapping of the Maritime Boundaries at Japan’s Northern Edge in the 19th Century, Oxford Research Encyclopedia of Asian History, Oxford University Press, 2020
  • ・ Borders of Memory: affirmation and contestation over Japan’s heritage, Japan Forum 31(3), 2019, pp.293-312
全業績を表示 折り畳み用アイコン
  • ・ Sketching Layers in Japan: Mineral wealth, geo-bodies and imperial territory, Mapping Empires, Springer, 2019, pp.3-22
  • ・ Cartographic Exchange and Territorial Creation: Rewriting Northern Japan in the Eighteenth and Nineteenth Centuries, Dissemination of Cartographic Knowledge , Springer, 2018, pp.75-98
  • ・ Imperial Practice and the making of modern Japan’s territory: Towards a reconsideration of Empire’s boundaries, Geographical review of Japan series B 88(2), 公益社団法人 日本地理学会, 2016, pp.66-79
  • ・ 「徳川幕府による蝦夷地の創造 : 国家、領域及び地図」, 『北大法学論集』第63巻2号, 2012年
共同論文
  • ・ Edward Boyle, Akihiro Iwashita, Bordering and Scaling Northeast Asia, Asian Geographer 38(2), 2021, pp.119-138
  • ・ Mirza Zulfiqur Rahman, Edward Kieran Boyle, Infrastructure as Archive: Recording the State’s Materiality along the Brahmaputra, Roadsides 5, 2021, pp.60-67
  • ・ Edward Boyle, Sara Shneiderman, Redundancy, Resilience, Repair: Infrastructural Effects in Borderland Spaces, Verge: Studies in Global Asias 6(2), 2020, pp.112-138
  • ・ Edward Kieran Boyle, Mirza Zulfiqur Rahman, Labouring for Connectivity in Arunachal Pradesh, Roadsides 2, 2019, pp.96-109
トップへ戻る