閉じる

日文研フォーラム

第334回 日文研フォーラム

テーマ

思想の越境と連鎖―尾崎秀実の中国論と「中国農村派」

見出しアイコン概要

▶ PDFを見る

 ゾルゲ事件で知られている共産主義者の尾崎秀実は、戦前に中国問題の評論家として数多くのユニークな論著を残しました。
 本発表はまず尾崎秀実の中国論の中に引用された、マルクス主義「中国農村派」の論点を手掛かりにして、両者の相互関連性を指摘します。さらに、「中国農村派」の指導者と見なされる陳翰笙と尾崎秀実との交友関係及び思想論争を考察し、同時代の国際的な知識人の「思想連鎖」の視点からそれを分析してみます。

発表者 王 中忱   清華大学人文学院(中国) 教授/国際日本文化研究センター 外国人研究員
コメンテーター 劉 建輝   国際日本文化研究センター 副所長
司会 呉座 勇一   国際日本文化研究センター 助教

見出しアイコン開催情報

開催日 2020年02月14日 
場所: ハートピア京都 3階大会議室 京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375
開場時間: 13:40
開始時間: 14:00
終了時間: 16:00
申込み: 不要・整理券配布
・13:15頃より整理券を配布。開場時間になりましたら、整理券の番号順にご入場頂きます。
・整理券をお持ちの方のご入場が終わりしだい、通常の受付を開始します。
・受講の際に手話通訳をご希望の方は、ご相談ください。
 なお、ご希望にそえない場合もございますので、予めご了承願います。
受講料: 無料
定員: 先着180名まで
トップへ戻る