閉じる

日文研―京都アカデミック ブリッジ

第6回 日文研―京都アカデミック ブリッジ

※ 今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、中止する場合がございます。最新情報は、日文研WEBサイトにてご確認ください。

テーマ

東シナ海が生んだ京文化

見出しアイコン概要

▶ PDFを見る 日本列島と朝鮮半島、ユーラシア大陸を結んできた東シナ海。遣唐使の時代から僧侶、商人らが相互に往来し、仏教の教えや文物が伝えられ、9世紀以降の京では、遠い大陸の影響を反映した文化が華開きました。国際交流都市としての京が取り込んだ当時の最新文化、国内外の文化が溶け合って生まれた新しい芸術や世界観について、東アジア各国の気鋭の若手研究者がディスカッションします。
【1】パネルディスカッション
パネリスト 鄭 淳一(じょん すにる)   高麗大学歴史教育科副教授/国際日本文化研究センター外国人研究員
朱 莉麗(しゅ りれい)   復旦大学文史研究院副研究員/国際日本文化研究センター外国人研究員
本多 潤子(ほんだ じゅんこ)   相国寺承天閣美術館学芸員
進行 榎本 渉(えのもと わたる)   国際日本文化研究センター准教授
【2】質疑応答

見出しアイコン開催情報

開催日 2023年02月14日(火) 
場所: 京都新聞文化ホール
(京都市中京区烏丸通夷川上ル 京都新聞ビル7階)
開場時間: 17:30
開始時間: 18:00
終了時間: 20:00
申込み: 要(応募多数の場合は、抽選を行います。参加者にはがき(聴講券)を発送しますので、当日持参してください。)
受講料: 無料
申込み方法: 参加ご希望の方は、郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、参加希望人数(複数名参加希望のばあいは全員の必要事項)を明記の上、はがき、Eメールまたは以下の応募フォームで下記宛先にお申し込みください。
応募締め切り:2023年2月1日(水)必着

申込先:
【はがき】〒604-8567 京都市中京区烏丸通夷川上ル
京都新聞COM事業推進局内「日文研-京都アカデミックブリッジ」係
【Eメール】keikaku@mb.kyoto-np.co.jp
【応募フォーム】 https://kyoto-np.jp/_FiYYMVA

定員: 100名
主催: 国際日本文化研究センター
京都新聞
協力: 文化庁 地域文化創生本部
日文研-京都アカデミック ブリッジ
トップへ戻る