閉じる

研究者

専任教員

研究者の顔画像
磯田 道史 研究部
専門分野 日本史学
研究テーマ 近世中後期の幕藩政改革を研究しています。さらに東日本震災後は、歴史地震津波の史料を調べ解読し防災に役立てる試みをはじめました。また最近では、自治体と連携し、伊賀・甲賀など忍び(忍者)の古文書を調査しています。感染症の日本史についても研究しています。
キーワード

見出しアイコン学歴

1994年3月 慶應義塾大学 文学部 史学科 卒業
1996年3月 慶應義塾大学大学院 文学研究科 修士課程 修了
2002年1月 慶應義塾大学大学院 文学研究科 博士課程 修了

見出しアイコン職歴

2004年4月
茨城大学 人文学部 助教授
2012年4月 静岡文化芸術大学 文化政策学部 准教授
2014年4月 静岡文化芸術大学 文化政策学部 教授
2016年4月 国際日本文化研究センター 准教授
2021年4月 国際日本文化研究センター 教授

見出しアイコン学位

2002年1月 慶應義塾大学大学院 博士

見出しアイコン主要業績

単著書
  • ・ 『感染症の日本史』, 文藝春秋, 255頁, 2020年09月
  • ・ 『歴史とは靴である 17歳の特別教室』, 講談社, 152頁, 2020年01月30日
  • ・ 『日本史の探偵手帳』, 文藝春秋, 272頁, 2019年01月
  • ・ 『素顔の西郷隆盛』, 新潮社, 268頁, 2018年03月
  • ・ 『日本史の内幕』, 中央公論新社, 250頁, 2017年10月
全業績を表示 折り畳み用アイコン
  • ・ 『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史』, NHK出版, 192頁, 2017年05月
  • Unsung Heroes of Old Japan, 出版文化産業振興財団, 208 pages, March 2017, (翻訳原著書:無私の日本人(ジュリエット・ウィンターズ・カーペンター訳) )
  • ・ 『江戸の家計簿』, 宝島社, 192頁, 2017年01月10日
  • ・ 『徳川がつくった先進国日本』, 文藝春秋, 160頁, 2017年01月07日
  • ・ 『天災から日本史を読みなおす』, 中公新書, 221頁, 2014年12月
  • ・ 『歴史の読み解き方  江戸期日本の危機管理に学ぶ』, 朝日新書, 240頁, 2013年11月
  • ・ 『歴史の愉しみ方―忍者・合戦・幕末史に学ぶ』, 中公新書, 205頁, 2012年10月
  • ・ 『無私の日本人』, 文藝春秋, 323頁, 2012年10月
  • ・ 『さかのぼり日本史6 江戸 天下泰平の礎』, NHK出版, 128頁, 2012年01月
  • ・ 『日本人の叡智』, 新潮社, 223頁, 2011年04月
  • ・ 『近世大名家臣団の社会構造』, 東京大学出版会, 420頁, 2011年03月
  • ・ 『龍馬史』, 文藝春秋, 222頁, 2010年09月
  • ・ 『古地図で巡る龍馬の旅』, 日本放送出版協会, 144頁, 2010年03月
  • ・ 『江戸の備忘録』, 朝日新聞出版, 223頁, 2008年10月
  • ・ 『拝見・武士の家計簿』, NHK出版, 2006年06月
  • ・ 『殿様の通信簿』, 新潮社, 288頁, 2006年06月
  • ・ 『武士の家計簿』, 新潮社, 222頁, 2003年04月
共著書
全業績を表示 折り畳み用アイコン
単独論文
  • ・ 「「糞」の生態史でみた江戸時代 (特集 生き物と現代文明) 」, 『季刊民族学』175号2021年冬, 公益財団法人 千里文化財団, 2021年01月, pp.40-43
  • ・ 「長井長義の父、長井琳章が所有した和刻本「本草綱目」」, 『(磯田道史、木村孟淳、船山信次著)薬史学雑誌』54-2, 日本薬史学会, 2019年12月31日, pp.120-125
  • ・ 「後桜町天皇と光格天皇の譲位」, 『(御厨貴編著、井上章一、磯田道史、河野有理、前田亮介、佐々木雄一、佐藤信、五百旗頭薫、国分航士、原武史著)天皇の近代 明治150年・平成30年』, 千倉書房, 2018年09月, pp.21-43
  • ・ 「禁門の変―民衆たちの明治維新」, 『(磯田道史、倉本一宏、フレデリック・クレインス、呉座勇一著)戦乱と民衆』, 講談社, 2018年08月, pp.83-112
  • ・ 「一九世紀の藩政情報―諸藩見聞録の分析」, 『(笠谷和比古編)徳川社会と日本の近代化』, 思文閣出版, 2015年03月, pp.1-20
全業績を表示 折り畳み用アイコン
  • ・ 「19世紀の武士社会と医学・歯科医学をめぐって : 『武士の家計簿』からみた医薬消費」, 『日本歯科医史学会会誌』30(2), 2013年05月, pp.99-101
  • ・ 「伝播する藩政改革―九州からの視点―」, 『七隈史学』第14号, 2012年03月, pp.1-20
  • ・ 「水戸藩天保改革の同時代的評価と影響 -新史料「水戸見聞録論」の分析」, 『茨城県史研究』95号, 2011年03月, pp.31-50
  • ・ 「近世中後期藩政改革と「プロト近代行政」-熊本藩宝暦改革の伝播をめぐって-」, 『史学』80巻, 2011年03月, pp.47-70
  • ・ 「幕末維新期の家老合議と御前会議」, 『(岡山藩研究会編)藩世界と近世社会』, 岩田書院, 2010年05月, pp.49-77
  • ・ 「藩政改革の伝播―熊本藩宝暦改革と水戸藩寛政改革」, 『日本研究』40集, 2009年11月, pp.13-42
  • ・ 「19世紀の日本人」, 『(日本人再発見研究会編)外国人が見た近世日本』, 角川学芸出版, 2009年11月, pp.221-293
  • ・ 「徳川日本の格式社会」, 『(笠谷和比古・村井康彦・石井紫郎他44名)公家と武家の比較文明史』, 思文閣出版, 2005年08月, pp.234-239
  • ・ 「観世文庫解題明治維新期」, 『國文學』50-5, 2005年07月, pp.104-111
  • ・ 「幕末武士の家計と債務」, 『(落合恵美子編)徳川日本のライフコース』, ミネルヴァ書房, 2005年03月, pp.397-420
  • ・ 「幕末維新期の藩校教育と人材登用」, 『史学』71巻2・3号, 2002年06月, pp.87-109
  • ・ 「津山藩領山北村の足軽中間奉公」, 『日本研究』24集, 2002年02月, pp.87-109
  • ・ 「近世大名家臣団の相続と階層」, 『地方史研究』50-6, 2000年12月, pp.1-19
  • ・ 「近世大名家における足軽の召抱と相続」, 『日本歴史』628号, 2000年09月, pp.79-96
  • ・ 「徒士層の相続制度」, 『史学』70巻1号, 2000年06月, pp.37-49
  • ・ 「近世村落成立期の農業と藩農政」, 『(岡山藩研究会編)藩世界の意識と関係』, 岩田書院, 2000年05月, pp.43-72
  • ・ 「藩士社会の養子と階層移動」, 『日本研究』19集, 1999年06月, pp.221-239
  • ・ 「大名家臣団の通婚構造」, 『社会経済史学』63-5, 1998年01月, pp.21-50
  • ・ 「承応~寛文期岡山藩領における村方騒動」, 『地方史研究』266号, 1997年04月, pp.5-24
  • ・ 「十七世紀の農業発展をめぐって」, 『日本史研究』402号, 1996年02月, pp.27-50
その他執筆
  • ・ 「第25回 菜の花忌シンポジウム 胡蝶の夢」, 『週刊朝日』127巻12号, 朝日新聞出版, 2022年03月18日, pp.50-55
  • ・ 「道路から考える新時代の防災・減災」フォーラム」, 『読売新聞』, 読売新聞社, 2022年03月15日
  • ・ 「磯田道史・評 『長崎丸山遊廓 江戸時代のワンダーランド』」, 『毎日新聞』, 2022年03月12日
  • ・ 「磯田道史・評 『長崎丸山遊廓 江戸時代のワンダーランド』」, 『毎日新聞』, 2022年03月12日
  • ・ 「「自然災害伝承碑」からのメッセージ」, 『信濃毎日新聞』, 読売新聞社, 2022年03月11日
全業績を表示 折り畳み用アイコン
  • ・ 「[磯田道史の古今をちこち]戒め 備え 平吉の「とび口」」, 『読売新聞』, 読売新聞社, 2022年03月09日
  • ・ 「明治新政府の真実」, 『歴史街道 』407号, PHP研究所, 2022年03月, pp.71-81
  • ・ 「[磯田道史の古今をちこち]江戸時代に「オミクロン」?」, 『読売新聞』, 読売新聞社, 2022年02月09日
  • ・ 「[磯田道史の古今をちこち]孝行娘に大鯨の贈り物」, 『読売新聞』, 読売新聞社, 2022年01月19日
  • ・ 「磯田道史・評 『近代日朝交流資料草書Ⅱ 方長老上京日史・飲冰行記』」, 『毎日新聞』, 2022年01月19日
  • ・ 「(耕論)時代劇どこへゆく」, 『朝日新聞』, 2022年01月18日
  • ・ 「新春対談 歴史が教えるコロナ後の社会」, 『三田評論』1262号, 慶應大学出版会, 2022年01月, pp.10-27
  • ・ 「うなぎの始末」, 『うなぎ百撰』153巻, うなぎ百撰会, 2022年01月, pp.10-12
  • ・ 「[磯田道史の古今をちこち]内匠頭の年賀状発見」, 『読売新聞』, 読売新聞社, 2021年12月15日
  • ・ 「[磯田道史の古今をちこち]家康の腫物治療に倣う」, 『読売新聞』, 読売新聞社, 2021年11月17日
  • ・ 「ゆえに「準備」を常に怠らず」, 『聖教新聞』, 2021年11月07日
  • ・ 「対談 歴史に学ぶパンデミック」, 『現代化学』608号, 現代化学編集グループ, 2021年11月, pp.24-29
  • ・ 「第73回正倉院展協賛記念 特別対談」, 『読売新聞』, 2021年10月30日
  • ・ 「山田方谷の精神に学ぶ」, 『毎日新聞』, 2021年10月14日
  • ・ 「[磯田道史の古今をちこち]マスク先駆け 不遇の二人」, 『読売新聞』, 読売新聞社, 2021年10月13日
  • ・ 「磯田道史・評 『大阪マージナルガイド』」, 『毎日新聞』, 2021年10月09日
  • ・ 「歴史家がみた日本農業の九変化」, 『月刊JA』67巻7号, 全国農業組合中央会, 2021年10月, pp.8-11
  • ・ 「近代国家への道 旧幕臣たちが果たした役割とは」, 『歴史街道』402号, PHP研究所, 2021年10月, pp.14-21
  • ・ 「天下のぞむ構え」, 『京都新聞』, 2021年10月01日
  • ・ 「歴史からひもとく会計の役割」, 『読売新聞』, 2021年09月24日
  • ・ 「歴史からひもとく会計の役割」, 『読売新聞』, 2021年09月22日
  • ・ 「歴史からひもとく会計の役割」, 『読売新聞』, 2021年09月21日
  • ・ 「歴史からひもとく会計の役割」, 『読売新聞』, 2021年09月17日
  • ・ 「歴史からひもとく会計の役割」, 『読売新聞』, 2021年09月16日
  • ・ 「[磯田道史の古今をちこち]最古のマスク広告か」, 『読売新聞』, 読売新聞社, 2021年09月15日
  • ・ 「歴史からひもとく会計の役割」, 『読売新聞』, 2021年09月15日
  • ・ 「磯田道史・評 『明治の説得王・末松謙澄』」, 『毎日新聞』, 2021年08月28日
  • ・ 「[磯田道史の古今をちこち]疫病史に照らせば中盤か」, 『読売新聞』, 読売新聞社, 2021年08月11日
  • ・ 「内閣文庫に眠る徳川幕府の忍びたち。」, 『東京人』99巻, 都市出版, 2021年08月, pp.99-100
  • ・ 「[磯田道史の古今をちこち]猫にミカン処方のなぜ」, 『読売新聞』, 読売新聞社, 2021年07月14日
  • ・ 「磯田道史・評 『安政コロリ流行記』」, 『毎日新聞』, 2021年07月10日
  • ・ 「スペイン風邪に学ぶ コロナ終息までの歴史シミュレーション」, 『潮』720号, 潮出版社, 2021年07月, pp.40-45
  • ・ 「私の20代」, 『ひととき』21巻7号, ウエッジ, 2021年06月, p.12
  • ・ 「池上彰のこれ聞いていいですか?」, 『毎日新聞』, 2021年06月13日
  • ・ 「緊急鼎談 危機を好機に変える処方箋」, 『週刊朝日』126号, 朝日新聞出版, 2021年06月11日, pp.104-107
  • ・ 「[磯田道史の古今をちこち]忠猫「八」 命の恩返し」, 『読売新聞』, 読売新聞社, 2021年06月09日
  • ・ 「それは、日本史にとって極めて重要な時であった」, 『歴史街道』398号, PHP研究所, 2021年06月01日, pp.14-20
  • ・ 「歴史は目的ではなく手段である。」, 『Galac』624号, KADOKAWA, 2021年06月, pp.13-16
  • ・ 「観世大夫の家計簿」, 『能』757号, 京都観世会館会報誌, 2021年06月, p.1
  • ・ 「磯田道史・評 『ウィリアム・アダムス 家康に愛された男・三浦按針』」, 『毎日新聞』, 2021年05月22日
  • ・ 「[磯田道史の古今をちこち]「猫の恩返し」 疫病下の粋」, 『読売新聞』, 読売新聞社, 2021年05月17日
  • ・ 「[磯田道史の古今をちこち]潜入失敗、忍者もつらいよ」, 『読売新聞』, 読売新聞社, 2021年04月21日
  • ・ 「私の いえ、まち、くらし。」, 『at home』473号, アットホーム株式会社, 2021年04月, pp.7-8
  • ・ 「「世襲好き」の心性見つめたい」, 『毎日新聞』, 2021年04月16日
  • ・ 「磯田道史・評 『新型コロナ データで迫るその姿』」, 『毎日新聞』, 2021年04月10日
  • ・ 「マニアックさ 日本の武器」, 『日本経済新聞』, 2021年04月10日
  • ・ 「「脳内リゾート」でコロナ禍を生き抜く」, 『Healthy Life』142号, 総合健診センターヘルチェック, 2021年04月, pp.2-4
  • ・ 「心のふるさと 心の貯金」, 『幼児教育じほう』49巻1号, 全国国公立幼稚園・こども園長会事務局「時報部」, 2021年04月, pp.33-35
  • ・ 「災害生きのびる知恵 歴史に学ぼう」, 『毎日小学生新聞』, 毎日新聞社, 2021年03月21日
  • ・ 「磯田道史の古今をちこち(2020年4月8日~2021年3月17日・連載12回)」, 『読売新聞』, 2021年03月17日
  • ・ 「[インタビュー]人生のとき 好きな本求め、再受験 歴史学者・磯田道史さん」, 『毎日新聞(夕刊)』, 2021年03月10日
  • ・ 「[インタビュー]今は震災「後」でなく「間」(利き手・多可政史)」, 『読売新聞』, 2021年03月04日
  • ・ 「歴史家・磯田道史 半歩遅れの読書術(連載4回)」, 『日本経済新聞』, 2021年02月
  • ・ 「[書評]久保田哲著『明治十四年の政変』」, 『毎日新聞』, 2021年02月13日
  • ・ 「悠仁さまに伝えた「空襲体験」 (さようなら、半藤一利さん)」, 『文藝春秋』99巻3号, 文藝春秋社, 2021年02月10日
  • ・ 「高島礼子の歴史と美を訪ねて(第6回)感染症と"共存"する知恵(高島礼子と共著)」, 『潮』745号, 潮出版社, 2021年02月06日
  • ・ 「高島礼子の歴史と美を訪ねて(第5回)スペイン風邪に学ぶ教訓(高島礼子と共著)」, 『潮』744号, 潮出版社, 2021年01月15日
  • ・ 「追悼 半藤一利さん」, 『読売新聞』, 2021年01月14日
  • ・ 「信玄公に学ぶ」, 『山梨日日新聞』, 2021年01月01日
  • ・ 「[書評]2020年「この3冊」/下」, 『毎日新聞』, 2020年12月19日
  • ・ 「[書評]瀧井一博編著『「明治」という遺産 近代日本をめぐる比較文明史』」, 『毎日新聞』, 2020年12月05日
  • ・ 「[インタビュー]著者に聞いてみた!(感染症の日本史)」, 『アサヒ芸能』通巻3766号, 徳間書店, 2020年11月12日
  • ・ 「[書評]高橋博巳編『浦上玉堂 白雲も我が閑適を羨まんか』」, 『毎日新聞』, 2020年10月17日
  • ・ 「感染症の日本史(連載6回)」, 『文藝春秋』98巻5号~10号, 文藝春秋社, 2020年09月
  • ・ 「[書評]堀新、井上泰至編『信長徹底解読』」, 『毎日新聞』, 2020年08月29日
  • ・ 「あらゆる分野で持続可能な体制づくりを」, 『京都新聞(日曜版)』, 2020年08月02日
  • ・ 「感染症の歴史に学ぶ教訓」, 『TKC』2020年8月号, TKC全国会, 2020年08月01日
  • ・ 「Opinion Leader's VOICE 磯田道史さん」, 『Oggi』2020年9月号, 小学館, 2021年07月28日
  • ・ 「日本人は「はやり病」とどう向き合ってきたか」, 『日本経済新聞』, 2021年07月04日
  • ・ 「疾病の日本史(3)攘夷思想を燃え上がらせた幕末のコレラ」, 『日本経済新聞』, 2021年07月01日
  • ・ 「[書評]池谷和信編『ビーズでたどるホモ・サピエンス史 美の起源に迫る』」, 『毎日新聞』, 2020年06月27日
  • ・ 「日本社会のコロナ・ディスクロージャー」, 『Bunshun Woman vol.6 2020夏号』, 文藝春秋, 2020年06月22日
  • ・ 「[インタビュー]「終わらないパンデミックはない」磯田道史さんと疫病史(聞き手・宮地ゆう、朝日新聞社)」, 『朝日新聞DIGITAL』, 2020年05月07日
  • ・ 「オンライン座談会 コロナ禍を生きるには 知恵と共助、希望の道(平野啓一郎、富永京子と/構成・棚部秀行、須藤唯哉、毎日新聞社)」, 『毎日新聞』, 2020年05月05日
  • ・ 「[書評]馬部隆弘著『椿井文書 日本最大級の偽文書』」, 『毎日新聞』, 2020年04月25日
  • ・ 「[談話]新型コロナ、与謝野晶子の教訓(聞き手・岡崎明子)」, 『朝日新聞(夕刊)』, 2020年03月09日
  • ・ 「[書評]渡辺俊経著『甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは』」, 『毎日新聞』, 2020年03月08日
  • ・ 「「仙台肴町公園の夜中」石川肇、井上章一、岩永久美、榎本渉、呉座勇一、関野樹、深見清治、安井眞奈美編『梅原猛先生追悼集―天翔ける心』」, 国際日本文化研究センター, 2020年03月
  • ・ 「わが師・速水融が変えた「江戸」の貌」, 『文藝春秋』98巻2号, 文藝春秋社, 2020年02月
  • ・ 「[書評]奥田昌子著『日本人の病気と食の歴史 長寿大国が歩んだ苦難の道』」, 『毎日新聞』, 2020年01月19日
  • ・ 「[解説]フレデリック・クレインス著『オランダ商館長が見た 江戸の災害』」, 講談社, 2019年12月20日
  • ・ 「[対談]江戸に学ぶ「経営再建」: 若者 vs.老人 改革は愚直にやるしかない(浅田次郎と)」, 『週刊文春』62巻1号, 文藝春秋社, 2019年12月
  • ・ 「[対談]2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」がもっと楽しくなる! 当代一の歴史学者・特別対談 明智光秀と本能寺の変の謎をすべて語り尽くす!(呉座勇一と)」, 『週刊朝日』124巻67号, 2019年12月
  • ・ 「[書評]佐藤洋一郎著『日本のイネ品種考 木簡からDNAまで』」, 『毎日新聞』, 2019年11月10日
  • ・ 「[書評]この3冊」, 『毎日新聞』, 2019年11月10日
  • ・ 「[対談]「豊饒なる孤独」を語る。(中西進、岸惠子と)」, 『潮』729号, 潮出版社, 2019年11月
  • ・ 「[対談]上皇から天皇に継承された宝物リスト初公開 天皇家「御由緒物」を鑑定する(大熊敏之と)」, 『文藝春秋』97巻10号, 文藝春秋社, 2019年10月
  • ・ 「[対談]「わりなきもの」を語る。(中西進、岸惠子と)」, 『潮』728号, 潮出版社, 2019年10月
  • ・ 「[書評]久住祐一郎著『三河吉田藩・お国入り道中記』」, 『毎日新聞』, 2019年09月22日
  • ・ 「[書評]半藤一利・文、塚本やすし・絵『焼けあとのちかい』」, 『毎日新聞』, 2019年08月04日
  • ・ 「特派記者磯田道史が行く 第2弾 忍者・服部半蔵の子孫がいた!」, 『週刊文春』61巻31号, 文藝春秋社, 2019年08月
  • ・ 「[書評]リディア・ケイン、ネイト・ピーダーセン著、福井久美子訳『世にも危険な医療の世界史』」, 『毎日新聞』, 2019年06月09日
  • ・ 「[座談会]平成回顧・令和展望<下>(御厨貴、河瀬直美と)」, 『読売新聞』, 2019年05月01日
  • ・ 「創刊59周年記念 GW特別読み物 忍者・服部半蔵の子孫を探す」, 『週刊文春』61巻17号, 文藝春秋社, 2019年05月
  • ・ 「[対談]第23回菜の花忌シンポジウム 「梟(ふくろう)の城:忍者の世界をどう読んだか」(安部龍太郎、佐藤優、澤田瞳子と)」, 『歴史街道』2019年5月号, PHP研究所, 2019年05月
  • ・ 「[座談会]平成回顧・令和展望<上>(御厨貴、河瀬直美と)」, 『読売新聞』, 2019年04月30日
  • ・ 「[書評]平川南著『新しい古代史へ1 地域に生きる人びと 甲斐国と古代国家』」, 『毎日新聞』, 2019年04月28日
  • ・ 「磯田道史の古今をちこち(連載12回)」, 『読売新聞』, 2019年04月10日
  • ・ 「[談話]【日本の議論】新元号「令和」(聞き手・酒井充)」, 『産経新聞(夕刊)』, 2019年04月07日
  • ・ 「[座談会]平成から令和へ 新元号のメッセージ(辰巳正明、水上雅晴と)」, 『朝日新聞』, 2019年04月02日
  • ・ 「[談話]令和、中国台頭で「日本」を強く意識した(聞き手・塩倉裕)」, 『朝日新聞』, 2019年04月02日
  • ・ 「[インタビュー] 改元に思う」, 『産経新聞』, 2019年03月20日
  • ・ 「[書評] 辻惟雄著『十八世紀京都画壇 蕭白、若冲、応挙たちの世界』」, 『毎日新聞』, 2019年03月10日
  • ・ 「『梟の城』作家ら語る」, 『読売新聞』, 2019年02月22日
  • ・ 「磯田道史が語る仕事―興味を追って仕事の核に(連載四回)」, 『朝日新聞ひろば』, 2019年02月21日
  • ・ 「日本人とお金 来し方行く末」, 『日本経済新聞』, 2019年02月13日
  • ・ 「[書評] 美濃部由紀子著『志ん生が語るクオリティの高い貧乏のススメ 昭和のように生きて心が豊かになる二五の習慣』」, 『毎日新聞』, 2019年01月27日
  • ・ 「[インタビュー] 防災とは嫌われる決断」, 『読売新聞』, 2019年01月06日
  • ・ 「[インタビュー] 日本の針路 見据えて」, 『産経新聞』, 2019年01月01日
  • ・ 「[インタビュー] (おやじのせなか)磯田道史さん シーツかぶり登場、奇妙な男」, 『朝日新聞』, 2018年12月09日
  • ・ 「[対談] 日本でイノベーション起こすには 明治維新150年(斎藤茂と)」, 『日経産業新聞』, 2018年11月30日
  • ・ 「[書評] J・ドナルド・ヒューズ著、村山聡・中村博子訳『環境史入門』」, 『毎日新聞』, 2018年11月25日
  • ・ 「[対談] 先人の知恵 防災に(加藤朝胤と)」, 『読売新聞』, 2018年11月21日
  • ・ 「[書評] 今泉忠明監修、丸山貴史著『わけあって絶滅しました。世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑』」, 『毎日新聞』, 2018年10月14日
  • ・ 「そろばんが語る 津波の記憶」, 『朝日新聞(夕刊) 』, 2018年10月04日
  • ・ 「[書評] 鈴木董著『文字と組織の世界史 新しい「比較文明史」のスケッチ』」, 『毎日新聞』, 2018年09月02日
  • ・ 「[書評] 刑部芳則著『公家たちの幕末維新 ペリー来航から華族誕生へ』」, 『毎日新聞』, 2018年07月22日
  • ・ 「[書評] ブレット・キング著、上野博訳『拡張の世紀』」, 『毎日新聞』, 2018年06月10日
  • ・ 「次世代リーダー像は」, 『毎日新聞』, 2018年06月05日
  • ・ 「[対談] (耕論)歴史奪う、公文書改ざん」, 『朝日新聞』, 2018年04月25日
  • ・ 「[書評] 後藤典子著『熊本城の被災修復と細川忠利―近世初期の居城普請・公儀普請・地方普請―』」, 『毎日新聞』, 2018年04月15日
  • ・ 「古今をちこち(連載12回)」, 『読売新聞』, 2018年04月11日
  • ・ 「[インタビュー] 1/7京都・明治一五〇年シンポジウム」, 『京都新聞』, 2018年02月28日
  • ・ 「[対談] 新春対談二〇一八(下) 名宰相の覚悟に学べ(橋本五郎(読売新聞特別編集委員)と)」, 『読売新聞』, 2018年01月03日
  • ・ 「[インタビュー] 日本とパリの「愛のかたち」」, 『オール讀物』第73巻第1号, 2018年01月
  • ・ 「[対談] 新春対談二〇一八(上) 歴史と対話「今」を知る(橋本五郎(読売新聞特別編集委員)と)」, 『読売新聞』, 2018年01月01日
  • ・ 「[対談] 京滋の文化芸(松坂浩史、定家亜由子と)」, 『京都新聞』, 2018年01月01日
  • ・ 「しんぶん日和 第一回」, 『スタイルアサヒ』, 2017年11月
  • ・ 「[インタビュー] 都の人情」, 『京都新聞』, 2017年11月01日
  • ・ 「想像力かき立てる「磁場」(特別面「司馬の幕末 京李行 動乱の世燃える志」)」, 『読売新聞』, 2017年10月31日
  • ・ 「[対談] 談 古文書から届いた肉声(連載五回)」, 『産経新聞(夕刊)』, 2017年08月23日
  • ・ 「[インタビュー] 先輩に聞く 失敗から学ぶ」, 『日本経済新聞』, 2017年08月21日
  • ・ 「データベースの森「江戸の鯰絵」」, 『京都新聞』, 2017年07月19日
  • ・ 「[インタビュー] 京都大好きトーク第 回 門川大作とゲストの〝きょうかん対談〞」, 『京都新聞』, 2017年07月08日
  • ・ 「[書評] 倉本一宏著『戦争の日本古代史』」, 『毎日新聞』, 2017年06月18日
  • ・ 「[インタビュー] 創立30周年記念講演会」, 『京都新聞』, 2017年05月24日
  • ・ 「[インタビュー] 日本を探求 日文研30年の歩み(下)」, 『産経新聞』, 2017年05月12日
  • ・ 「古今をちこち(連載12回)」, 『読売新聞』, 2017年04月12日
  • ・ 「浦上玉堂と私」, 『玉堂清韻社報』, 2017年04月
  • ・ 「[書評] 川上仁一著『忍者の掟』/高尾善希著『忍者の末裔』」, 『毎日新聞』, 2017年04月09日
  • ・ 「[インタビュー] 忍者研究、実像に迫る」, 『日本経済新聞(夕刊)』, 2017年04月07日
  • ・ 「[対談]西行とその時代(嵐山光三郎、磯田道史)」, 『こころ』Vol.36, 2017年04月, pp.10-41
  • ・ 「[特別対談]エマニュエル・トッド×磯田道史「日本の人口減少は「直系家族病」だ」」, 『文藝春秋』2016年12月号, 2016年12月, pp.126-137
  • ・ 「(大特集 九州・熊本大地震 大地が割れた)歴史学者・磯田道史さんに聞く 17世紀と酷似 中四国も要警戒」, 『アエラ』29(20), 2016年05月02日, pp.25-27
  • ・ 「古今をちこち(連載12回)」, 『読売新聞』, 2016年01月
  • ・ 「毎日新聞書評面(連載12回)」, 『毎日新聞』, 2016年01月
学会・シンポジウム・講演会
  • ・ 「人文知でパンデミックに対峙する」, 第1回人文知応援大会, 人文知応援フォーラム, オンライン, 2021年02月27日
  • ・ 「感染症の日本史」, 秋篠宮家御進講, 宮内庁皇嗣職, オンライン, 2020年08月07日
  • ・ 「明治150年」, 両陛下にご進講, 宮内庁侍従職, 吹上新御所, 2018年03月16日
  • ・ (パネリスト), 「 『燃えよ剣』『新選組血風録』 : 人は変革期にどう生きるか 虚実の混ぜ方で浮上する 土方歳三 美学と野性の勘」, 第22回 菜の花忌シンポジウム, 司馬遼太郎記念財団, 日比谷公会堂, 2018年02月16日
  • ・ (基調講演), 「困難に立ち向かい,京都の未来を変えた市民の力」, 京都・明治151年シンポジウム, 京都市, ロームシアター京都サウスホール, 2018年01月07日
全業績を表示 折り畳み用アイコン
  • ・ (招待講演), 「歴史上の名医はいかにして名医となったか」, 内視鏡外科学会, パシフィコ横浜, 2016年12月09日
  • ・ (講義), 出前授業 桂坂小学校, 国際日本文化研究センター, 2016年12月08日
  • ・ (特別講演), 「地震・津波から生き延びる知恵」, 農林水産省, 発明会館, 2016年11月28日
  • ・ (記念講演), 「被災者の子として. 昭和南海津波を語りつぐ」, 徳島県津波減災部, 牟岐町海の総合文化センター, 2016年11月19日
  • ・ (講演), 「加賀の藩風を語る」, 石川県立歴史博物館, 2016年11月03日
  • ・ (記念講演), 松江市民文化祭 磯田道史講演会, 松江市総合文化センター, 松江市, 2016年10月15日
  • ・ (講演), 「歴史から浜松の未来を発想する」, 遠鉄ホール, 浜松市東区, 2016年09月20日
TV・ラジオ
  • ・ (TV), 「英雄たちの選択(30回)」, 『英雄たちの選択』, NHK, 2020年
  • ・ (TV), 「新説!所JAPAN・ゲスト(12回)」, 関西テレビ, 2020年
  • ・ (番組), 「Dr. ISO's Pandemic History, Info & Tips(8回)」, 『NHK WORLDーJAPAN』, 2020年
  • ・ (TV), 「緊急対談 パンデミックが変える世界~歴史から何を学ぶか~」, 『ETV特集』, NHK, 2020年05月23日
  • ・ (TV), 「われら忍者 甲賀にあり 忍び込め!ヒトの心」, 『歴史秘話ヒストリア』, NHK, 2020年01月22日
全業績を表示 折り畳み用アイコン
  • ・ (TV), 「新説!所JAPAN・ゲスト(3回)」, 『新説!所JAPAN』, 関西テレビ, 2019年
  • ・ (TV), 「英雄たちの選択・司会(24回)」, 『英雄たちの選択』, NHK, 2019年
  • ・ (TV), 「~幕末最大の謎 坂本龍馬暗殺、完全実況~・時代考証・解説」, 『古舘トーキングヒストリー』, テレビ朝日, 2019年01月05日
  • ・ (TV), 「昭和の選択・司会(2回)」, 『昭和の選択』, NHK, 2018年
  • ・ (TV), 「大河ドラマ西郷どん・時代考証・解説(47回)」, 『大河ドラマ西郷どん』, NHK, 2018年
  • ・ (TV), 「英雄たちの選択・司会(21回)」, 『英雄たちの選択』, NHK, 2018年
  • ・ (TV), 「報道ステーション・コメンテーター」, 『報道ステーション』, テレビ朝日, 2016年09月08日
  • ・ (TV), 「報道ステーション・コメンテーター」, 『報道ステーション』, テレビ朝日, 2016年07月01日
  • ・ (TV), 「報道ステーション・コメンテーター」, 『報道ステーション』, テレビ朝日, 2016年04月29日
  • ・ (TV), 「英雄たちの選択・司会(30回)」, 『英雄たちの選択』, NHK, 2016年01月
外部委員会
  • ・ 公益財団法人永青文庫評議員, (2009年12月~)
  • ・ 読売新聞読書委員, (2007年4月~2009年3月)
  • ・ 文部科学省国文学研究資料館観世文庫特別調査員, (2004年4月~2006年3月)
所属学会
  • ・ 2011年5月~, 歴史地震研究会, 会員
  • ・ 1998年4月~, 明治維新史学会, 会員
  • ・ 1995年4月~, 社会経済史学会, 会員
  • ・ 1994年4月~, 日本史研究会(近世部会), 会員
  • ・ 1994年4月~, 地方史研究協議会, 会員
トップへ戻る