閉じる

研究者

専任教員

研究者の顔画像
牛村 圭 研究部
専門分野 比較文学、比較文化論、文明論
研究テーマ 明治期日本のスポーツとりわけ陸上競技の歴史を、文明の観点から読み直すという作業に取り組んでいます。1912年のストックホルムオリンピックへの参加が、「世界の一等国」=(文明国)と肩を並べた瞬間だった、という視点からの考察です。
キーワード 思想史・文明・比較文化

学歴

1983年3月
東京大学 文学部 フランス語フランス文学専修課程 卒業
1985年3月 東京大学 大学院総合文化研究科比較文学比較文化専攻修士課程 修了
1991年6月 シカゴ大学 大学院歴史学部 博士課程(東アジア専攻) 修了
1993年3月 東京大学 大学院総合文化研究科比較文学比較文化専攻博士課程単位取得 退学

職歴

1989年9月 カナダ アルバータ大学 文学部東アジア言語文学科 客員助教授
1992年4月 和洋女子大学 文家政学部 非常勤講師
1992年4月 東京女子大学 現代文化学部 非常勤講師
1993年4月 東京大学 教養学部 非常勤講師
1993年4月 和洋女子大学 文家政学部 非常勤講師
1996年4月 明星大学 青梅校 専任講師
2000年4月 明星大学 青梅校 助教授
2005年3月 国際日本文化研究センター 助教授
2007年8月 国際日本文化研究センター 教授

学位

2003年5月 東京大学 博士(学術)

主要業績

単独論文
  • ・ 「1年遅れのTOKYO2020を終えて」, 『日本戦略研究フォーラム季報』Vol. 90, 日本戦略研究フォーラム, 2021年10月, pp.114-120
  • ・ 「国際日本研究とJapanese studiesを架橋するーー序に代えて」, 『(「国際日本研究」コンソーシアム編)環太平洋から「日本研究」を考える』, 国際日本文化研究センター, 2021年03月, pp.1-7
  • ・ 「明治日本が見たストックホルムオリンピック:嘉納治五郎の大会報告を読みなおす」, 『(瀧井一博編著)「明治」という遺産:近代日本をめぐる比較文明史』, ミネルヴァ書房, 2020年10月, pp.339-355
  • ・ 「東京裁判を知るための10冊:東京裁判の核心をつかむために」, 『(文春新書編)昭和史がわかるブックガイド』, 文藝春秋, 2020年05月, pp.206-217
  • ・ 「令和新時代に歴史意識を考える」, 『日本戦略研究フォーラム季報』82, 一般社団法人 日本戦略研究フォーラム, 2019年10月, pp.69-74
全業績を表示 折り畳み用アイコン
  • ・ 「「文明の裁き」に応えようとした法哲学者―東京裁判弁護団長 鵜澤總明」, 『(酒匂一郎、新谷眞人、福永清貴著)市民法学の新たな地平を求めて 法哲学・市民法学・法解釈学に関する諸問題 篠原敏雄先生追悼論文集 』, 成文堂, 2019年08月, pp.251-262
  • ・ 「東條英機の東京裁判」, 『(福永清貴他と共著)比較法制研究』41号(篠原敏雄教授 追悼号), 国士館大学比較法制研究所, 2018年12月, pp.177-217
  • ・ 「文明、身体、そしてオリンピック―大森兵蔵『オリンピック式陸上運動競技法』の周辺」, 『(牛村圭編)文明と身体』, 臨川書店, 京都, 2018年10月, pp.139-171
  • ・ 「宴のあとにーーオリンピックを問う」, 『琅』31号, 2016年10月, pp.2-21
  • ・ 「歴史に向きあい、語り合うために――歴史修正主義を考える」, 『琅』30号, 2016年04月, pp.1-14
  • ・ 「書くように話すに如くはなし」, 『琅』29号, 2015年10月, pp.8-21
  • ・ 「歴史認識にみるラベリング」, 『琅』27号, 2014年10月, pp.2-13
  • ・ 「東京裁判を学び、そして語るために―『極東国際軍事裁判審理要録』刊行の快挙を寿ぐ―」, 『正論』2014年2月号, 2014年02月, pp.298-307
  • ・ 「ストックホルムの旭日―「世界の一等国」を目指した明治のアスリート」, 『中央公論』8月号, 2012年
  • ・ 「戦後平和観をこえて“学徒兵の声”を聴け」, 『VOICE』9月号, 2010年, pp.156-161
  • ・ 「『われわれ日本人は』と言うなかれ」, 『修親』599号, 2009年
  • ・ 「厳密ナル意味ニオケル『パル判決』の位置を説く」, 『別冊正論』10号, 2009年
  • ・ 「BC級戦犯 岡田資中将の闘い」, 『文藝春秋』4月号, 2008年
  • ・ 「「パル判決=日本無罪論」に秘められた乖離」, 『諸君!』9月号, 2008年
  • ・ 「小林よしのり氏に答える やはり「パル判決」は「日本無罪論」ではない」, 『正論』11月号, 2008年
  • ・ 「東條英機 新公開手記を検証する」, 『歴史読本』12月号, 2008年
  • ・ 「拝外と排外の精神史」, 『ボイス』9月号, 2007年
  • ・ 「東京裁判「パル判決」の謎を解く」, 『文藝春秋』9月号, 2007年
  • ・ 「「国際化」から「グローバリゼーション」へ―日本思想史の一断面」, 『古賀・池田編 比較文化の可能性―日本近代化論への学際的アプローチ』, 2007年
  • ・ 「昭和天皇と「A級戦犯」」, 『修親』575号, 2007年
  • ・ 「学術論文の叙述と方法論―Japan's Love-Hate Relationship with the West書評論争を読む」, 『比較文學研究』89号, 2007年
  • ・ 「イデオロギーは悪か―学術研究の客観性」, 『日文研』38号, 2007年
  • ・ 「日本を弁護したアメリカ人は『叛逆者』か」, 『諸君!』12月号 , 2006年
  • ・ 「責任検証のまえに『議論の本意』を定めよ」, 『中央公論』2月号 , 2006年
  • ・ 「日本人論の可能性をさぐる」, 『日文研』34号, 2005年
  • ・ 「「A級戦犯」は敗戦責任を回避したのか?」, 『諸君!』10月号, 2005年
  • ・ 「歴史認識論争を「文化の裁き」とするなかれー東京裁判再考」, 『中央公論』9月号, 2005年
  • ・ 「歴史を考える難しさ」, 『修親』551号, 2005年
  • ・ 「教養教育と比較文学の責務」, 『比較文學研究』85号, 2005年
  • ・ 「「南十字星」に歴史を学ぶ」, 『ボイス』4月号, 2005年
  • ・ 「学的良心に導かれて-英米法の先達 高柳賢三」, 『明星大学日本文化学部編 古典と先達』, 明星大学日本文化学部, 2002年
  • ・ 「「A級戦犯」を濫用するなかれ」, 『諸君!』9月号, 2001年
  • ・ 「ストックホルムの旭日-オリンピックという前衛」, 『明星大学日本文化学部編 伝統と前衛』, 明星大学日本文化学部, 2001年
  • ・ 「商いの語り・日常から生まれたディスクール」, 『語り・つむぎだす』, 東京大学出版会, 2000年, (翻訳原著書: テツオ・ナジタ)
  • ・ 「歴史記述の倫理と想像力-レーリング判事の日本」, 『明星大学日本文化学部編 想像と現実描写』, 明星大学日本文化学部, 2000年
  • ・ 「君子ニ三楽アリ―『今村均回顧録』の魅力」, 『明星大学日本文化学部編 表現-目的と手段』, 明星大学日本文化学部, 1999年
  • ・ 「文明批評家 東郷茂徳-『蹇蹇録』と併せ読む『時代の一面』」, 『明星大学日本文化学部編 普遍文明と民族文化』, 明星大学日本文化学部, 1998年
  • ・ 「レーリング判事の東京裁判と日本」, 『正論』12月号, 1996年
  • ・ 「シンガポールにおける河村参郎中将-『十三階段を上る』を読む」, 『小堀桂一郎 東西の思想闘争』, 中央公論社, 1994年
  • ・ 「アメリカの日本文学-その教科書・翻訳」, 『創文』357号, 1994年
  • ・ 「『菊と刀』から『「甘え」の構造へ」, 『比較文明』8号, 1992年
  • ・ 「正義は海をこえて-東京裁判弁護人ベン・ブルース・ブレークニ」, 『アステイオン』27号, 1992年
  • ・ 「ハルノートを叱ったアメリカ人」, 『諸君!』1月号, 1992年
  • ・ 「虫の演奏家」, 『小泉八雲 日本の心』, (講談社学術文庫)講談社, 1990年, (翻訳原著書: 小泉八雲)
  • ・ 「竹山道雄の東京裁判」, 『中央公論』1月号, 1990年
  • ・ 「父のない子と子のない父と-『三四郎』を読む」, 『比較文学文化論集』5号, 1988年
  • ・ 「比較文化的観点からの東京裁判-東郷茂徳の場合」, 『比較文學研究』49号, 1986年
  • ・ 「責任は回避せず-東京裁判における松井石根大将」, 『正論』3月号, 1986年
  • ・ 「永遠の若さをもとめて-『山の音』を読む」, 『比較文学文化論集』2号, 1985年
  • ・ 「東西国際軍事裁判の被告たち-丸山眞男「軍事支配者の精神形態」への疑問」, 『正論』9月号, 1985年
  • ・ 「虫めづるハーン」, 『比較文學研究』47号, 1985年
その他執筆
  • ・ 「100年前の競技会に迫る」, 『神戸新聞』, 2021年11月
  • ・ 「目を見張る運動用具の進化」, 『京都新聞』, 2021年09月
  • ・ 「[インタビュー]人コミュ通信vol.12 戦後75年、東京裁判をどう考えるかー牛村教授インタビュー」, 『国際日本文化研究センターウェブサイト』, 国際日本文化研究センター, 2021年08月
  • ・ 「「環太平洋学術交流会議」を終えて」, 『NICHIBUNKEN NEWSLETTER』, 国際日本文化研究センター, 2020年07月
  • ・ 「赤子を誹謗から護った人―「梅原 VSブルマ論争」を顧みる」, 『(石川肇、井上章一、岩永久美、榎本渉、呉座勇一、関野樹、深見清治、安井眞奈美編)梅原猛先生追悼集―天翔ける心』, 国際日本文化研究センター, 2020年03月
全業績を表示 折り畳み用アイコン
  • ・ 「明治日本オリンピック事始め─スポーツ文明論試論(日文研・アイハウス連携フォーラム 2019年2月20日)」, 『NICHIBUNKEN NEWSLETTER』99, 国際日本文化研究センター, 2019年06月
  • ・ 「〈センター通信〉基礎領域研究「英文日本歴史研究書講読」を開講・担当して」, 『日文研』62号, 2019年03月
  • ・ 「[インタビュー] 「好奇心が育まれた」―母校をたずねる 千葉県立船橋高」, 『毎日新聞』, 2019年01月16日
  • ・ 「56年ぶりの宴のまえに―ふたたび迎える東京五輪」 , 『(屋山太郎他と共著)日本戦略研究フォーラム季報』Vol. 78, 2018年10月
  • ・ 「[コラム] A Broken Promise」, 『国際日本文化研究センター(Web サイト)』, 2018年05月
  • ・ 「Japan Generalistの功罪」, 『(松田利彦・磯前順一・榎本渉・前川志織・吉江弘和編)なぜ国際日本研究なのか』, 晃洋書房, 2018年03月, pp.72-81
  • ・ 「[書評] Marathon Japan: Distance Racing and Civic Culture, by Thomas R. H. Havens」, 『Japan Review』31, 2017年11月
  • ・ 「〈竹山道雄を読む〉竹山道雄にめぐり会えて」, 『(平川祐弘編)竹山道雄セレクションⅠ 昭和の精神史』, 藤原書店, 2016年11月, pp.554-566
  • ・ 「[書評]熊野留理子著『日本教育占領』」, 『比較文明』三二号, 麗澤大学出版会, 2016年11月, pp.240-243
  • ・ 「東京裁判研究史のなかの『パル判決』」, 『比較法制研究』第36号, 国士舘大学, 2013年, pp.199-236
  • ・ 「女王アリは空から」, 『京都新聞(夕刊)』, 2013年06月21日
  • ・ 「TOEFL推進という拝外思想」, 『京都新聞(夕刊)』, 2013年05月13日
  • ・ 「現代のことば レーリーの謎」, 『京都新聞(夕刊)』, 2013年03月12日
  • ・ 「現代のことば スポーツを語るむずかしさ」, 『京都新聞(夕刊)』, 2013年01月10日
  • ・ 「現代のことば オリンピックのことば」, 『京都新聞(夕刊)』, 2012年09月03日
  • ・ 「現代のことば させていただきますとおっしゃられても」, 『京都新聞(夕刊)』, 2012年10月30日
  • ・ 「現代のことば 『蹲踞法』VS『直立法』」, 『京都新聞(夕刊)』, 2012年07月05日
  • ・ 「現代のことば スーツ姿が発することばを聴く」, 『京都新聞(夕刊)』, 2012年05月09日
  • ・ 「うさぎのつきみ小考」, 『日文研』48号, 2012年03月
  • ・ 「女には『かわいい』、男には『オトナの』を」, 『京都新聞(夕刊)』, 2012年03月09日
  • ・ 「異文化としての京都ドライバー」, 『京都新聞(夕刊)』, 2012年01月18日
  • ・ 「言葉のきれいは七難隠す」, 『京都新聞(夕刊)』, 2011年11月14日
  • ・ 「廣田弘毅という難題」, 『京都新聞』9月13日(夕刊), 2011年09月13日
  • ・ 「首相の「恥の文化」発言に思う」, 『京都新聞(夕刊)』7月19日, 2011年07月19日
  • ・ 「東京裁判の埋もれた核心を知るために」, 『ちくま』第486号 9月号, 2011年
  • ・ 「[翻訳・解説]「Japan is Preparing to Hold 1940 Games」、[解説]「日本の若人とスポーツ」他8項目」, 『鈴木貞美編 「Japan To-day」研究 ―戦時期「文藝春秋」の海外発信(日文研叢書48)』, 作品社, 2011年03月
  • ・ Ishihara Kanji in the Context of the Tokyo War Crimes Trial, Nichibunken NewsletterVol.80, Kyoto, October 2010, pp.3-4
    ( 「石原莞爾と東京裁判:満州事変主役はなぜ裁かれなかったのか」, 『Nichibunken Newsletter』Vol.80, 国際日本文化研究センター, 京都, 2010年10月, pp.3-4 )
  • ・ 「[座談会]「国際軍事法廷」は「文明の裁き」たりうるか(小堀桂一郎、クライン孝子、工藤雪絵と同席)」, 『諸君!』1月号, 2002年
  • ・ 「『今村均回顧録』」, 『佐伯彰一編 自伝の名著101』, 新書館, 2001年
  • ・ 「グルー『日記』」, 『佐伯彰一・芳賀徹編 外国人による日本論の名著』, 中央公論社, 1987年
学会・シンポジウム・講演会
  • ・ (口頭(一般)), 「近代オリンピックの「史料」を解き明かそう!」, SpringX超学校 国際日本文化研究センター×ナレッジキャピタル おもしろ日本を解き明かそう!, 国際日本文化研究センター×ナレッジキャピタル, ウェブ会議(You Tube), 2021年11月
  • ・ (口頭(一般)), 「『ストックホルムの旭日』後日談--アテネ大会(1896 年)再考とOuting 誌の意義」, 共同研究会 文明としてのスポーツ/文化としてのスポーツ, 国際日本文化研究センター, 日文研およびウェブ会議(Zoom), 2021年11月
  • ・ (口頭(一般)), 「陸上競技を読む――明治期洋学受容のケーススタディ」, 日文研・報道関係者との懇談会, 国際日本文化研究センター, 2021年07月
  • ・ 「書評:高嶋 航 『国家とスポーツーー岡部平太と満州の夢』 (角川書店、2020年)を読む」, 共同研究「文明としてのスポーツ/文化としてのスポーツ」, 国際日本文化研究センター, 日文研(Zoom meeting), 2020年09月17日
  • ・ (セミナー, 発表), 「「文明」としての Athletics:『文明と身体』の一事例」, 第262回 日文研木曜セミナー, 国際日本文化研究センター, 京都, 2020年02月20日
全業績を表示 折り畳み用アイコン
  • ・ (セミナー, 発表), 「日文研で学ぶこと/学べることーー基礎領域研究の挑戦」, 第254回日文研木曜セミナー, 国際日本文化研究センター, 京都, 2019年02月21日
  • ・ (フォーラム, 講師), 「明治日本オリンピック事始めーースポーツ文明論試論」, 日文研アイハウス連携フォーラム, 国際日本文化研究センター+国際文化会館, 東京都, 2019年02月20日
  • ・ 「スポーツをどう語るかーー陸上競技を中心に」, スポーツへの道, 京都市, 京都, 2019年01月18日
  • ・ 「筋力トレーニングを学ぼうーー理論と実践」, 日文研出前授業, 京都市, 京都, 2018年10月11日
  • ・ (セミナー, 発表), 「「国際日本研究」コンソーシアムを考える―『なぜ国際日本研究なのか』書評会」, 第249回日文研木曜セミナー, 国際日本文化研究センター, 京都, 2018年07月19日
  • ・ (講演会, 講演), 「東條英機の東京裁判」, 第 10 回「東京裁判」研究会(篠原敏雄先生追悼講演会) , 国士舘大学, 2018年03月24日
  • ・ 「「文明」をめざしてーー近代日本のオリンピック参加への軌跡」, 総研大文化フォーラム2017, 総合研究大学院大学文化科学研究科, 2017年12月02日
  • ・ (シンポジウム, パネリスト), 「今なぜ、竹山道雄か」, シンポジウム「今なぜ、竹山道雄か」, 藤原書店, 東京, 2017年11月28日
  • ・ 「東京裁判を素材として、歴史を学び、語ることを考える」, 京都南ロータリークラブ 無名会, 京都南ロータリークラブ, 京都, 2017年10月05日
  • ・ 「明治文明史のなかのスポーツーー帝大運動会とオリンピック」, 瀧井教授共同研究, 国際日本文化研究センター, 2017年09月29日
  • ・ (講演), 「東京裁判を正しく把握するために――さまざまな言説を「検証」する」, 国士舘大学法学部, 2016年05月13日
  • ・ (座談会, パネリスト), 「徹底討論--〈戦後〉をどう考えるか」, 日文研一般公開, 国際日本文化研究センター, 京都, 2015年10月29日
  • ・ 「50m走のタイムを縮めよう」, 桂坂小学校出前授業, 国際日本文化研究センター, 京都, 2014年11月06日
  • ・ (シンポジウム, パネリスト), 「『文明の裁き』と日本の応答」, 東京裁判シンポジウム「東京裁判」論の新たな地平ー戦後日本と日本人の精神ー, 国士舘大学, 2014年11月03日
  • ・ (講演会), 「東京裁判に見る『日本無罪論』」, 国士舘大学法学部, 2014年05月09日
  • ・ 「[学会招聘・講演]東京裁判と戦後日本 ―さまざまな言説を検討する―」, 日中若手歴史研究者セミナー(8月28日~30日), 笹川平和財団, 2011年08月30日
  • ・ (研究会発表, 発表), 「アキュラ、レクサス、インフィニティ:逆輸入された日本のクルマ文化」, 第37回日文研国際研究集会「都市文化とは何かー文化論からの日本『発見』ー」, 2010年02月27日
  • ・ (パネル), 「今、あらためて問う!日本人はなぜ敗戦の打撃から立ち直れないのか」, 新しい歴史教科書をつくる会, 2002年08月03日
講義
  • ・ 2016年10月~2017年3月, 東京大学, 教養学部, 「英語講読」
  • ・ 2015年10月~2016年9月, 東京大学, 教養学部, 「英語講読」
  • ・ 2014年4月~2014年9月, 東京大学, 教養学部, 「英語講読」
  • ・ 2014年3月14日, 東京都国分寺市立第十小学校, 四年~六年生, 「(小学校での課外講座担当)筋力トレーニングを学ぼう」
  • ・ 2013年10月~2014年3月, 東京大学, 教養学部, 「英語講読」
全業績を表示 折り畳み用アイコン
  • ・ 2013年5月17日, 国士舘大学, 法学部, 「(特別講義)東京裁判にみる「日本無罪論」---「国際刑事司法と紛争処理」第5回---」
  • ・ 2013年7月23日, 東京都国分寺市立第十小学校, 「(小学校サマースクール担当)50m走のタイムを縮めよう」
  • ・ 2013年4月~2013年9月, 東京大学, 教養学部, 「英語講読」
  • ・ 2011年7月6日~2011年9月20日, 朝日カルチャーセンター横浜教室 , 「「東京裁判」を読む」
  • ・ 2011年4月~2011年9月, 東京大学, 教養学部, 「英語講読」
  • ・ 2009年10月~2010年3月, 東京大学, 教養学部 , 「英語Ⅱ・リーディング」
  • ・ 2001年, 明星大学青梅キャンパス第18回公開講座, 「比較文化の愉楽-近代日本の異文化体験を読む」
外部委員会
  • ・ 次代を考える東京座会, 委員, PHP総合研究所, (2009年~)
  • ・ 共同研究・文明から観る二十世紀日本の学際的研究, 主宰, サントリー文化財団, (2001年~2003年)
  • ・ 生命倫理委員会, 委員, 東京大学分子細胞生物学研究所, (2004年~)
  • ・ 次代を考える東京座会, 委員, PHP総合研究所, (2005年~)
受賞
  • ・ 2008年, 第2回重光葵賞
  • ・ 2001年, 第10回山本七平賞
その他
  • ・ 2003, (インタビュー記事)Beyond the ‘Judgment of Civilization’: the Intellectual Legacy of the Japanese War Crimes Trials 1946-49 (The International House of Japan, 2003)  “Book takes Allies to task for claiming the civilization crown”The Asahi Shimbun International および Herald Tribune 11月8,9日号
    ( 2003年, (インタビュー記事)The Asahi Shimbun International 東京本社国際部ラルフ・カッセル記者より Beyond the ‘Judgment of Civilization’: the Intellectual Legacy of the Japanese War Crimes Trials 1946-49 (The International House of Japan, 2003) につき取材 “Book takes Allies to task for claiming the civilization crown”The Asahi Shimbun International および Herald Tribune 11月8,9日号 )
  • ・ 2002年, (インタビュー記事)日本人と東京裁判-厳しい国際情勢の中で生き抜くために 『Monthly IIC』12月号 インナー・トリップ・イデオローグ・リサーチ・センター
  • ・ 2002年, (インタビュー記事)東京裁判「文明の裁き」を問う 『明日への選択』8月号 日本政策研究センター
  • ・ 2001年, (インタビュー記事)The New York Times 東京支局長ハワード・フレンチより日本近現代史につき電話取材 以下の記事に部分掲載―"Shrine Visit and a Textbook Weigh on Koizumi's Future"The New York Times 8月12日号
所属学会
  • ・ 日本比較文学会
  • ・ 国際比較文学会
  • ・ 比較文明学会
  • ・ 東大比較文学会
トップへ戻る