閉じる

研究者

専任教員

研究者の顔画像
タイモン・スクリーチ 研究部
専門分野 江戸時代の歴史・美術史
研究テーマ 1.江戸時代の視覚文化や美術史。解剖学史と身体論、春画。「鎖国」論の考え直しと国際交流。 2.江戸初期の武士神格化(豊国大明神、東照大権現)。全国東照宮のネットワーク。このテーマについて2022年に研究書の原稿(英文)が出来上がる予定です。 3.近世の琉球王国の交流史。八重山列島の文化史。このテーマについて2022年に研究書の原稿(和文)が出来上がる予定です。
キーワード 江戸、視覚文化、神格化

見出しアイコン学歴

1991年9月 ハーバード大学大学院 美術史研究科 博士課程 修了

見出しアイコン職歴

1991年9月 ロンドン大学 アジア・アフリカ研究学院 准教授
2007年9月 ロンドン大学 アジア・アフリカ研究学院 教授
2021年9月 国際日本文化研究センター 教授

見出しアイコン学位

1985年5月 オックスフォード大学 学位
1986年5月 オックスフォード大学 修士
1987年5月 ハーバード大学 修士
1991年9月 ハーバード大学 博士

見出しアイコン主要業績

単著書
  • The Shogun's Silver Telescope and the Cargo of the New Year's Gift: God, Art & Money in the English Quest for Japan, 1600-25, Oxford University Press, 2020
  • Tokyo Before Tokyo: Power and Magic in the Shogun’s City of Edo, Reaktion Books, 2020
  • Obtaining Images: Art, Production, and Display in Edo Japan, University of Hawaii Press, 2012
  • ・ 『阿蘭陀が通る:人間交流の江戸美術史』, 村山 和裕 (訳) , 東京大学出版会, 2011年
  • ・ 『春画:片手で読む江戸の絵』, 高山 宏 (訳)、講談社学術文庫 , 講談社, 2010年
全業績を表示 折り畳み用アイコン
  • The lens within the heart : the western scientific gaze and popular imagery in later Edo Japan, University of Hawai'i Press, 2002
  • ・ 『大江戸視覚革命 : 十八世紀日本の西洋科学と民衆文化』, 高山 宏・田中 優子 (訳) , 作品社, 1998年
  • ・ 『江戸の身体(からだ)を開く』, 高山 宏 (訳) , 作品社, 1997年
  • ・ 『大江戸異人往来』, 高山 宏 (訳) , 丸善ブックス, 1995年
単独論文
  • ・ Admiral Sir Fleetwood Pellew (1789–1861) and the Phaeton Incident of 1808, Britain & Japan: Biographical Portraits vol. 10, Amsterdam University Press, Renaissance Books, 2016
  • ・ 「英国史上初のアート・オークション―徳川家康からジェームズ1世へ贈られた屏風」, 『國華』第1415号・第119編・第2冊, 國華社、朝日新聞出版, 2013年
  • ・ 「狩野探幽とオランダ東インド会社」, 『國華』第1402号・第118編・第1冊, 國華社、朝日新聞出版, 2012年
  • ・ The English and the Control of Christianity in the Early Edo Period, Japan Review No. 24, International Research Centre for Japanese Studies, National Institute for the Humanities, 2012
  • ・ The Strangest Place in Edo. The Temple of the Five Hundred Arhats, Monumenta Nipponica 48(4), Sophia University, 1993
その他
  • ・ Fellow of the British Academy
  • ・ Fellow of the Royal Society of Arts
トップへ戻る