閉じる

レクチャー

第161回 レクチャー

※本レクチャーは新型コロナウイルス感染症に関する今後の状況により、変更となる可能性がございます。あらかじめご了承願います。最新の開催に関する情報は日文研HP(本ページ)でご確認ください。

テーマ

自然と建築

概要

▶ PDFを見る 藤森照信氏は、近代日本建築史の研究で大きな業績をもつ。さらに視野をひろげ、世界建築史について野心的な見取図も、えがいてきた。のみならず、建築家としての仕事でも、国際的な注目をあつめている。国際日本文化研究を、そのまま体現する巨大な存在である。その謦咳にせっし、研究がひろがっていくことの意義を、ともに考えたい。
発表者   
藤森 照信(建築史家、建築家)
1946年長野県生まれ。
東北大学工学部建築学科卒業、東京大学大学院博士課程修了。
東京大学生産技術研究所教授を経て、現在、東京大学名誉教授、工学院大学特任教授、東京都江戸東京博物館館長。
日本近代建築史、都市史の研究を行う。『建築探偵の冒険・東京篇』でサントリー学芸賞、1998年、日本近代の都市・建築史の研究により日本建築学会賞(論文賞)を受賞。
90年代から建築家としても活動。2001年、熊本県立農業大学校学生寮で日本建築学会賞(作品賞)、2020年、「ラ コリーナ近江八幡 草屋根」で日本芸術院賞を受賞。
司会   
井上 章一(国際日本文化研究センター  所長)

見出しアイコン開催情報

開催日: 2022年12月02日(金) 
場所: Zoomによるオンライン開催
開始時間: 14:00
終了時間: 16:00
言語:日本語
参加方法: 申し込みが必要です。
オンラインで参加される場合、メールにて①氏名、②役職・所属先、③件名に「日文研レクチャーオンライン参加申込み」を明記し、11月25日(金)正午までにご連絡願います。
折り返し、開催前日までにZoomミーティング入室用のURLをお知らせいたします。

メールアドレス:kenkyo*nichibun.ac.jp(*を@に置き換えてください)
トップへ戻る