閉じる

大学院生紹介

橘川 智哉 (キッカワ トモヤ)

略歴
(修士から)
2020年4月
総合研究大学院大学 文化科学研究科 国際日本研究専攻 入学
2020年3月
奈良教育大学大学院 教育学研究科 教科教育専攻 修士課程 修了
専門分野 日本近現代文学
現在の研究テーマ 戦間—戦中期の日本文学に見る人体改変・変身表象
研究のキーワード 人体改造、臓器移植、身体的エンハンスメント、変身
主要業績

論文

2021年3月
「知覚の撹乱と「卵巣」の移動─川端康成「花ある写真」における科学表象─」、『奈良教育大学国文─研究と教育』、奈良教育大学国文学会、44号、30-44頁
2020年3月
(修士学位論文)「科学言説の詩学―川端康成初期作品の文体論―」
2019年3月
「川端康成「水晶幻想」のレトリック─科学言説と内面描写─」、『奈良教育大学国文─研究と教育』、奈良教育大学国文学会、42号、13-26頁

口頭発表

2022年2月
「戦中—戦後に見る海野十三の人体改変モチーフ」、「戦後日本の傷跡」第55回国際研究集会、国際日本研究センター
2019年4月
「川端康成「人造人間讃」論」、川端康成学会第177回例会、於鶴見大学
所属学会 日本文学協会、川端康成学会
トップへ戻る