国際日本文化研究センター トップページ
怪異・妖怪伝承データベース
データベース検索ページ 更新情報 お知らせ 怪異・妖怪とは データベース検索 異界の杜 製作者
データベース検索ページ

カード表示

番号 2361155

呼称(ヨミ) タシロガタノカミサマ
呼称(漢字) 田代潟の神様

執筆者 國學院大學民俗学研究会

論文名 秋田県山本郡二ツ井町旧響村

書名・誌名 民俗採訪
巻・号/通巻・号 ―巻-号通巻昭和43年度号
発行所 國學院大學民俗学研究会
発行年月日 S44年9月12日
発行年(西暦) 1969年
開始頁 1
終了頁 54

掲載箇所・開始頁 29
掲載箇所・終了頁

話者(引用文献) 成田キエ

地域(都道府県名) 秋田県
地域(市・郡名) 山本郡
地域(区町村名) 二ツ井町

要約 1938年前後のある秋の日のこと。大館の人が田代潟の神様にお詫びにきたのを、話者が案内した。潟に沈んでいるネキ(埋れ木)を引揚げようとしたら、大雨になって堤が切れ、命からがら逃げた。その翌日には潜水夫がぽっくり死に、他にも不幸が重なった。北海道のゴショサンに聞いたら、潟の神様が怒っているのというので謝りに来たのだった。山に入ると60cmくらいのヤマカガシに遭ったので、ゴショサンが謝ると蛇は帰っていった。潟の神社で神に謝ると、澄んでいた湖面が激しく波打ち、またおさまった。ゴショサンは鳥居につかまってジョンガラ節を踊った。大館の人は病も癒え、生き長らえたという。

(内部利用者のみ)
国際日本文化研究センター データベースの案内