国際日本文化研究センター トップページ
怪異・妖怪伝承データベース
データベース検索ページ 更新情報 お知らせ 怪異・妖怪とは データベース検索 異界の杜 製作者
データベース検索ページ

カード表示

番号 2182019

呼称(ヨミ) ミカリバアサン,ヨウカゾウ
呼称(漢字) ミカリバアサン,八日ゾウ

執筆者 土橋里木

論文名 こと八日と山の神

書名・誌名 民間伝承
巻・号/通巻・号 14巻6号通巻145号
発行所 日本民俗学会
発行年月日 S25年6月5日
発行年(西暦) 1950年
開始頁 14
終了頁 21

掲載箇所・開始頁 17
掲載箇所・終了頁

話者(引用文献)

地域(都道府県名) 神奈川県
地域(市・郡名) 川崎市
地域(区町村名)

要約 2月8日に廻ってくる疫病神を目一つ小僧と呼ぶ。この日伊豆では家の出入口に、柊を添えた目籠を竿の先に掛けて立てておく。さらにその下に米のとぎ汁を桶に張って置いておく。これは桶の水を飲もうとした目一つ小僧が、そこに映った目籠に驚いて逃げるからだという。

国際日本文化研究センター データベースの案内