国際日本文化研究センター トップページ
怪異・妖怪伝承データベース
データベース検索ページ 更新情報 お知らせ 怪異・妖怪とは データベース検索 異界の杜 製作者
データベース検索ページ

カード表示

番号 C3820049-000

呼称(ヨミ) ヤマイヌ
呼称(漢字) 山犬

執筆者 佐々木正興

論文名 第五章 第三節:二 憑きもの・妖怪伝承

書名・誌名 愛媛県史
巻・号/通巻・号 民俗上巻
発行所 愛媛県
発行年月日 S58年3月31日
発行年(西暦) 1983年
開始頁 812
終了頁 834

掲載箇所・開始頁 814
掲載箇所・終了頁 815

話者(引用文献)

地域(都道府県名) 愛媛県
地域(市・郡名) 南宇和郡
地域(区町村名) 愛南町

要約 お産があってから三日の火の明けないうちにその家で飲み食いすると山犬がつく。その時は「産火を食べたら夜道を歩くな」と言う。山犬は血を好むので赤火(月経中)の婦人によく憑く。眼は大きく、人に噛み付くことはないし、悪さもしない。

国際日本文化研究センター データベースの案内