国際日本文化研究センター トップページ
怪異・妖怪伝承データベース
データベース検索ページ 更新情報 お知らせ 怪異・妖怪とは データベース検索 異界の杜 製作者
データベース検索ページ

カード表示

番号 C2030473-000

呼称(ヨミ) ヤマイヌ,バケモノ,タヌキ
呼称(漢字) 山犬,化け物,たぬき

執筆者

論文名 第12編 口頭伝承 第3章 世間話:3 おおかみ・山犬の話 (3)駒ケ岳の山犬

書名・誌名 長野県史 民俗編 中信地方 ことばと伝承
巻・号/通巻・号 3巻3号
発行所 長野県史刊行会
発行年月日 H2年2月28日
発行年(西暦) 1990年
開始頁 501
終了頁 502

掲載箇所・開始頁 501
掲載箇所・終了頁 502

話者(引用文献)

地域(都道府県名) 長野県
地域(市・郡名) 木曽郡
地域(区町村名) 上松町

要約 伊那にある寺の縁の下に山犬が子を5匹生んだ。和尚はこれを大事に育て、そのお礼に1匹を貰って早太郎と名付けた。そこから遠方に天神宮があった。そこの祭りでは、毎年娘を天神様に差し出さなければならない決まりがあった。3匹の化け物が毎年差し出された娘を喰らっていたのだが、これを知った神主は早太郎を探し出し、化け物退治を依頼した。化け物はこうのついたたぬきであった。早太郎は3匹の化け物を倒したが、自らも死んでしまった。死後、早太郎は和尚の寺に祀られたという。

国際日本文化研究センター データベースの案内