国際日本文化研究センター トップページ
怪異・妖怪伝承データベース
データベース検索ページ 更新情報 お知らせ 怪異・妖怪とは データベース検索 異界の杜 製作者
データベース検索ページ

カード表示

番号 C0411301-000

呼称(ヨミ) 〔オンビョウ〕,ネコ
呼称(漢字) 怨猫,猫

執筆者 茂木徳郎

論文名 妖怪変化・幽霊:事例篇

書名・誌名 宮城縣史 民俗3
巻・号/通巻・号 21巻
発行所 財団法人宮城県史刊行会
発行年月日 S31年10月20日
発行年(西暦) 1956年
開始頁 471
終了頁 562

掲載箇所・開始頁 547
掲載箇所・終了頁

話者(引用文献) (只野真葛『むかしばなし』)

地域(都道府県名) 東京都
地域(市・郡名) 品川
地域(区町村名)

要約 只野真葛女の祖父丈庵が獅山公隠居屋敷に勤めていた時の話。久しく人の住んでいなかった山を開いて邸宅を建てたためか、移り住んだ当座はどこからともなく拳大の石が長屋に投げ込まれることがあった。昼夜の別はなかったが、特に雨降りで暗い夜などに多かった。他に宿直の侍が枕がえしをされたり、灯火が突然消えたり、蚊帳の釣り手が一度に切れて落ちたりすることもあった。ある時、典医の丈庵が命ぜられて宿直をしていると堪らなく眠くなった。それでも何とか薄目で見ていると大きい猫か狸のような獣が現れ、途端に蚊帳の釣り手が一度に切れた。以後は何事もなかった。翌日は昼夜時々鉄砲を撃たせて威嚇したが、日中二度ほど大犬程で尻尾の太い赤毛のものが庭前の林の梢をとび渡った。鉄砲を浴びせたが、逃げ回って姿を消してしまった。その後このような怪事は減少したが、ある時御長屋門の下の辺に犬くらいの猫が眠っていたので、近侍の者が鉄砲で打ち殺した。この辺りは特に野良猫が多い所であった。

国際日本文化研究センター データベースの案内