国際日本文化研究センター トップページ
怪異・妖怪伝承データベース
データベース検索ページ 更新情報 お知らせ 怪異・妖怪とは データベース検索 異界の杜 製作者
データベース検索ページ

カード表示

番号 2400018

呼称(ヨミ) カッパ
呼称(漢字) 河童

執筆者 及川 儀右衛門

論文名 筑後河畔の河童伝説

書名・誌名 民族と歴史
巻・号/通巻・号 7巻2号/通巻38号
発行所 日本学術普及会
発行年月日 T11年2月1日
発行年(西暦) 1922年
開始頁 39
終了頁 41

掲載箇所・開始頁 39
掲載箇所・終了頁 41

話者(引用文献)

地域(都道府県名) 福岡県
地域(市・郡名)
地域(区町村名)

要約 筑後河畔には至る所に河童の話が伝えられている。河童の体は小児くらいで、頭に皿があり中に水をたたえている。柳川付近では皿の数を3つといっている。顔は青、体は黒で、顔には十文字に毛が生えており、全身も毛に包まれている。目は2つで、若い頃は1つ。嘴を持っていて、背中に亀甲を負う。手が長く、指が3本。臭いがある。水の中に住み、濁り水を好み、馬の足跡の水溜りには千匹も住むことができる。水がなくなると死滅する。好んで相撲を挑み、負けてやると機嫌が良いが負かすと恨みを抱く。など。

国際日本文化研究センター データベースの案内