国際日本文化研究センター トップページ
怪異・妖怪伝承データベース
データベース検索ページ 更新情報 お知らせ 怪異・妖怪とは データベース検索 異界の杜 製作者
データベース検索ページ

カード表示

番号 1231569

呼称(ヨミ) シンボク
呼称(漢字) 神木

執筆者 西岡 塘翠

論文名 日本一の檜山阿里山と伝説(ニ)

書名・誌名 旅と伝説
巻・号/通巻・号 12号
発行所 三元社
発行年月日 S3年12月1日
発行年(西暦) 1928年
開始頁 63
終了頁 58

掲載箇所・開始頁 64
掲載箇所・終了頁 65

話者(引用文献)

地域(都道府県名) 台湾
地域(市・郡名)
地域(区町村名)

要約 明治の末頃、内地から台湾に渡った樵夫たちがいた。この樵夫たちが大木を切る仕事を請け負ったが、源五郎という男がこの仕事はやめようと言った。不思議な夢を見て、その中で仙人姿の老人が神木を切ると血が流れ、山が鳴動して異変が起こるといったのだという。翌朝、作業にかかろうとすると、木の上から血が落ちてきた。結局、木を切り倒すのは中止になり、酒を供えて注連縄を張り、謝罪して樵夫小屋へ引き上げたという。

国際日本文化研究センター データベースの案内