国際日本文化研究センター トップページ
怪異・妖怪伝承データベース
データベース検索ページ 更新情報 お知らせ 怪異・妖怪とは データベース検索 異界の杜 製作者
データベース検索ページ

カード表示

番号 1231362

呼称(ヨミ) アモレヲナグ,テンニョ
呼称(漢字) アモレヲナグ,天女

執筆者 昇 曙夢

論文名 奄美大島に傳わる「あもれをなぐ」の傳説(一)

書名・誌名 旅と伝説
巻・号/通巻・号 1巻1号
発行所 三元社
発行年月日 S3年1月1日
発行年(西暦) 1928年
開始頁 11
終了頁 20

掲載箇所・開始頁 12
掲載箇所・終了頁 14

話者(引用文献)

地域(都道府県名) 鹿児島県
地域(市・郡名) 奄美市、大島郡
地域(区町村名)

要約 ミケランという若者が、沼の水浴びする天女(アモレオナグ)の飛衣を拾った。ミケランは飛衣を返さず、天女を妻にして、3人の子ができた。天女は後に飛衣を見つけて天に帰るが、ミケランは天女に教えのとおりにして天上に追いかけて行った。ミケランは天女の父神から3つの試練を受け、天女の助力で解決するが、父神の策に落ち、天女と天の川で隔てられてしまった。ミケランは牽牛星、天女は織女星となった。

国際日本文化研究センター データベースの案内