閉じる

研究者

外国人研究員

研究者の顔画像
朱 莉麗
専門分野 日明関係史、日明文化交流史
研究テーマ 日明交流から見た浙東社会:遣明使とその周辺
キーワード 明朝、日本、浙東地域、遣明使

学歴

2007年6月
山東大学 歴史文化学院 歴史学科 博士

職歴

2010年4月
復旦大学文史研究院 助理研究員
2013年12月
復旦大学文史研究院 副研究員
2022年8月 国際日本文化研究センター 外国人研究員

学位

2007年6月
山東大学 博士

主要業績

単著書
  • ・ 『明日交涉与日本社会対華観的流变:1368-1598』, 斉鲁書社, 済南, 329頁, 2021年
  • ・ 『行観中国:日本使節眼中的明代社会』, 亚洲艺术、宗教与历史丛书 , 復旦大学出版社, 上海, 291頁, 2013年
共著書
  • ・ (共編者)文史研究院, 『东亚文化间的比赛:朝鲜赴日通信使文献的意义』, 中華書局, 北京, 2019年03月
  • ・ (共編者)文史研究院, 『朝鲜通信使文献选编』, 5冊, 復旦大学出版社, 上海, 2015年06月
  • ・ (編者)文史研究院, 『中国的日本认识・日本的中国认识』, 中華書局, 北京, 2015年06月
  • ・ (編者)文史研究院, 『世界史中的东亚海域』, 中華書局, 北京, 2011年12月
単独論文
  • ・ 「通信使与壬辰战争前的朝日交涉及信息传递——以<金鹤峰海槎录>的记载为中心」, 『史林』No.5, 上海社会科学院, 上海, 2018年, pp.144-152
  • ・ 「何处是中华——历史上日本对“中华”概念的理解、阐释和运用」, 『社会科学辑刊』No.6, 辽宁社会科学院, 吉林, 2016年, pp.113-121
  • ・ 「围绕“己亥东征”的日朝交涉及其背后的明朝因素」, 『韩国研究论丛』No.2, 復旦大学韩国研究中心, 上海, 2015年, pp.40-55
  • ・ 「日本室町时代禅僧日记中的中国情报——僧侣、商人与东亚的信息传递」, 『复旦学报(社会科学版)』No.1, 復旦大学, 上海, 2013年, pp.30-39
  • ・ 「从遣明使记录看明朝地方在朝贡制度中的作用——以嘉靖年间宁波对日本贡使的接待为例」, 『史林』No.3, 上海社会科学院, 上海, 2013年, pp.50-59
全業績を表示 折り畳み用アイコン
  • ・ 「日本遣明使笔下的江南城市生活——以对文人生活的刻画为中心」, 『东岳论丛』No.7, 山东社会科学院, 济南, 2013年, pp.88-93
トップへ戻る