閉じる

研究者

外国人研究員

研究者の顔画像
劉 序楓
専門分野 東アジア海域史、近世日中貿易史
研究テーマ 近世東アジアにおける文化伝播の媒体:長崎貿易の商品・商人と通事を中心として
キーワード 鎖国、長崎貿易、唐船、唐通事

学歴

1995年1月
九州大学 文学研究科 東洋史学専攻 博士課程 修了

職歴

2018年5月
中央研究院人文社会科学研究中心 研究員
2019年3月
中央研究院亜太区域研究中心 研究員/執行長
2022年7月 国際日本文化研究センター 外国人研究員

学位

1995年1月
九州大学 博士

主要業績

共著書
  • ・ (共編著)徐興慶、劉序楓, 『十七世紀の東アジア文化交流―黄檗宗を中心に』, 日本学研究叢書 30, 台湾大学出版中心, 台北, 2018年
  • ・ (主編), 『亞洲海域間的信息傳遞與相互認識』, 海洋史叢書 2, 中央研究院人文社会科学研究中心, 台北, 2018年
  • ・ (共編著)辻本雅史、劉序楓, 『鎖国と開国─近世日本の「内」と「外」』, 日本学研究叢書 24, 台湾大学出版中心, 台北, 2017年
  • ・ (共編著)林玉茹、劉序楓, 『鹿港郊商許志湖家與大陸的貿易文書 : (1895-1897)』, 臺灣史料叢刊 9, 中央研究院台湾史研究所, 台北, 2006年
  • ・ (主編), 『中国海洋発展史論文集』9, 中央研究院人文社会科学研究中心, 台北, 2005年
全業績を表示 折り畳み用アイコン
  • ・ (編集), 『清代檔案中的海難史料目録─涉外篇』, 中央研究院亜太区域研究専題中心, 台北, 2004年
単独論文
  • ・ 「清康熙年間的日本調査活動―以両件清宮旧蔵長崎相関図絵為線索」, 『故宮学術季刊』第39巻第4期, 国立故宮博物院, 台北, 2022年, pp.123-171
  • ・ 「再論清代東亜海域的海難民遣返網絡─以19世紀初的両件海難事例為中心」, 『国家航海』27輯, 上海中国航海博物館, 上海, 2021年, pp.100-117
  • ・ 「守屋壽コレクション「琉球国図」と清朝宮廷旧蔵の「海洋清晏図」について」, 『広島県立歴史博物館展示図録』55, 広島県立歴史博物館, 広島, 2021年, pp.60-65
トップへ戻る