閉じる

研究者

外国人研究員

研究者の顔画像
五十嵐 惠邦
専門分野 近現代日本の文化史
研究テーマ 手が語る20世紀日本の歴史
キーワード 視覚、記憶、物質性

学歴

1994年12月
シカゴ大学 社会学科 歴史 大学院博士課程 修了

職歴

1993年9月
バンダービルト大学 常任講師
1994年12月
バンダービルト大学 助教授
2000年5月
バンダービルト大学 准教授
2016年5月
バンダービルト大学 教授
2022年6月 国際日本文化研究センター 外国人研究員

学位

1994年12月
シカゴ大学 博士

主要業績

単著書
  • Japan, 1972: Visions of Masculinity in an Age of Mass Consumerism, Columbia University Press, New York, NY, xv, 366 pages, 2021
  • Homecomings: The Belated Return of Japan's Lost Soldiers, Columbia University Press, New York, NY, xiv, 302 pages, 2016
    ( 『敗戦と戦後のあいだで:遅れて帰し者たち』, 筑摩書房, 東京, 336頁, 2012年 )
  • Bodies of Memory: Narratives of War in Postwar Japananese Culture, Princeton University Press, Princeton, NJ, x, 284 pages, 2000
    ( 『敗戦の記憶 : 身体・文化・物語1945-1970』, 中央公論新社, 東京, 445頁, 2007年 )
単独論文
  • ・ Tsuge Yoshiharu and Postwar Japan: Travel, Memory, and Nostalgia, Mechademia 6, University of Minnesota Press, 2011, pp.271-285
  • ・ 「ジョー&飛雄馬:闘争の時代のヒーローたち」, 『文化/批評』1, 大阪大学日本学文学部日本学研究室, 2009年, pp.1-32
  • ・ Kamikaze: A Mirror of Post-Cold War U.S.-Japan Relations, Asian Cultural Studies 34, International Christian University, 2008, pp.107-122
  • ・ Dead Bodies and Living Guns: The United Red Army and Its Deadly Pursuit of Revolution, 1971-1972, Japanese Studies 27-2, Taylor & Francis, 2007, pp.119-137
  • ・ Edogawa Rampo and the Excess of Vision: An Ocular Critique of Modernity in 1920s Japan, positions 13-2, Duke University Press, 2005, pp.299-327
その他執筆
  • ・ 「美しき遺品たち:石内都『ひろしま』と戦後日本」, 『戦後日本文化再考』, 三人社, 2019年, pp.343-369
  • ・ 「大田洋子:原爆と言葉」, 『ひとびとの精神史』1, 岩波書店, 2015年, pp.43-71
  • ・ Kamikaze Today: Search for National Heroes in Contemporary Japan, Ruptured Histories: War, Memory, and Post-Cold War Asia , Harvard University Press, 2007, pp.99-121
  • ・ Mothra's Gigantic Egg: Consuming the South Pacific in 1960s Japan, Godzilla's Footsteps: Japanese Pop Culture Icons on the Global Stage, Palgrave Macmillan, 2006, pp.83-102
  • ・ Belated Homcecomings: Japanese Prisoners of War in Siberia and Tehir Return to Postwar Japan, Prisoners of War, Prisoners of Peace: Captivity, Homecoming, and Memory in World War II, Berg, 2005, pp.105-121
トップへ戻る