閉じる

研究者

外来研究員

研究者の顔画像
髙井 由香理
専門分野 近現代日本移民史、移動と移民の歴史、グローバル・ヒストリー (日本・環太平洋)、女性史、ジェンダー史
研究テーマ 結婚・移動・近代の編み直し—ハワイとブラジルにおける日本人移民を中心に (1885−1934)
キーワード 日本人移民、グローバル・ヒストリー、社会史、女性、ジェンダー、セクシュアリティ、結婚、離婚、移動、国境、日本、ブラジル、ハワイ、アメリカ合衆国、カナダ、労働、汽船会社、移民旅館、仲立人

見出しアイコン職歴

1999年4月 札幌国際大学 准教授
2002年4月 愛知県立大学 准教授
2007年8月 ヨーク大学 助教授
2010年4月 ヨーク大学 リサーチ・アソシエイト
2015年1月 ウィンザー大学 助教授
2021年4月 国際日本文化研究センター 外国人研究員
2022年4月 国際日本文化研究センター 外国人来訪研究員
2022年6月 国際日本文化研究センター 日本学術振興会外国人招へい研究者

見出しアイコン学位

1999年2月 モントリオール大学 博士 (歴史学)

見出しアイコン主要業績

単著書
  • Gendered Passages: French Canadian Migration to Lowell, Massachusetts, 1900-1920, Peter Lang, New York, 251 pages, 2008
単独論文
  • ・ Recrafting Marriage in Japanese Hawai‘i, 1885-1913, Gender & History 31(3), 2019, pp.646-664
  • ・ ‘That Woman Worked Hard’: The Unpaid Work of French-Canadian Women in Textile Cities in Early-Twentieth-Century New England, Engaging with Diversity, Multidisciplinary Reflections on Plurality from Quebec, PETER LANG, 2018, pp.229-250
  • ・ Bridging the Pacific: Diplomacy and the Control of Japanese Transmigration via Hawai'i, 1890-1910, Entangling Migration History: Borderlands and Transnationalism in the United States and Canada , University Press of Florida, Gainsville, Florida, 2015, pp.141-161
  • ・ Ambivalence of Return Home: Revaluating Transnational Trajectories of Filipina Live-In Domestic Workers and Caregivers in Toronto from 1970 to 2010, Towards a Global History of Domestic and Caregiving Workers, Brill, Leiden, Netherlands., 2015, pp.222-241
  • ・ Navigating Transpacific Passages: Steamship Companies, State Regulators, and Transshipment of Japanese in the Early-Twentieth-Century Pacific Northwest, The Journal of American Ethnic History 30(3), 2011, pp.7-34
全業績を表示 折り畳み用アイコン
  • ・ Circumnavigating Controls: Transborder Migration of Asian-Origin Migrants during the Period of Exclusion, Migrants and Migration in Modern North America: Cross-Border Lives, Labor Markets, and Politics in Canada, the Caribbean, Mexico, and the United States, Duke University Press, Durham, North Carolina, 2011, pp.313-332
  • ・ ‘C'était beaucoup de travail’: Le travail non rémunéré des Canadiennes-Françaises de Lowell (Massachusetts) au vingtième siècle, Genre et travail migrant : Mondes atlantiques, XIXe-XXe siècles, sous direction de Manuela Martini et Philippe Rygiel, Éditions Publibook, Paris, 2009, pp.183-198
  • ・ ‘These Japanese Continuously Violated the Alien-Contract Labour Laws’: The Gendered Paths of Labourers, Farmers and Housewives from Japan Traversing the Canada-U.S. Border in the Early Twentieth Century., Histoire sociale/Social History 40(80), 2007, pp.297-322
  • ・ 「北米大陸史としての移民史構築に向けて--20世紀初頭加米国境の日本人越境者を中心に 」, 『アメリカ史研究』30, 日本アメリカ史学会, 2007年, pp.65-82
  • ・ 「移民・国民国家・歴史記述―カナダ・アメリカ国境の不可視性をめぐる歴史学からの理論的考察」, 『(杉田米行編)アメリカ“帝国”の失われた覇権―原因を検証する12の論考』, 三和書籍, 東京, 2007年, pp.317-337
  • ・ Expérience de travail et sexe comme critères migratoires : le cas des immigrantes canadiennes-françaises à Lowell (Massachusetts) au début du XXe siècle, Francophonies d’Amérique, 2001, pp.183-193
共同論文
  • ・ Lisa Chilton and Yukari Takai, East Coast, West Coast: Using Government Files to Study Immigration History , Histoire sociale/Social History 48(96), 2015, pp.7-23
受賞
  • ・ 2020年, The Canadian Committee on Migration, Ethnicity and Transnationalism (CCMET) Article Prize by the Canadian Historical Association in 2020
トップへ戻る