閉じる

研究者

客員教員

研究者の顔画像
川橋 範子
専門分野 宗教学、文化人類学
研究テーマ 宗教とジェンダー
キーワード フェミニズム、仏教、ネイティヴ人類学

見出しアイコン学歴

1992年6月 プリンストン大学 宗教学科 博士

見出しアイコン職歴

1998年4月 名古屋工業大学 専任講師
2007年4月 名古屋工業大学 准教授
2014年4月 名古屋工業大学 教授
2020年4月
国際日本文化研究センター 客員教授

見出しアイコン学位

1992年6月 プリンストン大学 博士

見出しアイコン主要業績

単著書
  • ・ 『妻帯仏教の民族誌 ジェンダー宗教学からのアプローチ』, 人文書院, 京都, 206頁, 2012年
共著書
  • ・ (共編著)川橋範子・小松加代子, 『宗教とジェンダーのポリティクス フェミニスト人類学のまなざし』, 昭和堂, 京都, 2016年
  • ・ (共編著)田中雅一・川橋範子, 『ジェンダーで学ぶ宗教学』, 世界思想社, 京都, 2007年
  • ・ (共著)川橋範子・黒木雅子, 『混在するめぐみ ポストコロニアル時代の宗教とフェミニズム』, 人文書院, 京都, 2004年
単独論文
  • ・ 「ジェンダー論的転回が明らかにする日本宗教学の諸問題」, 『宗教研究』第93巻395, 日本宗教学会, 東京, 2019年, pp.31-54
  • ・ 「「フェミニスト」として人類学すること」, 『福音と世界』2019年4月号, 新教出版, 東京, 2019年, pp.18-21
  • ・ Women Challenging the "Celibate" Buddhist Order: Recent Cases of Progress and Regress in the Sōtō School, Japanese Journal of Religious Studies 44(1), 南山宗教文化研究所, 名古屋, 2017, pp.55-74
  • ・ Re-Imagining Buddhist Women in Contemporary Japan, Handbook of Contemporary Japanese Religions, Brill, Leiden, 2012, pp.197-212
  • ・ Gender Issues in Japanese Religions, Nanzan Guide to Japanese Religions, University of Hawaii Press, Honolulu, 2006, pp.323-335
共同論文
  • ・ Kawahashi Noriko and Kobayashi Naoko, Editors' Introduction: Gendering Religious Practices In Japan Multiple Voices, Multiple Strategies., Japanese Journal of Religious Studies. 44(1), 南山宗教文化研究所, 名古屋, 2017, pp.1-13
  • ・ Kuroki Masako, Komatsu Kayoko, Kawahashi Noriko, Gendering Religious Studies: Reconstructing Religion and Gender Studies in Japan., Gender, Religion and Education in a Chaotic Postmodern World., Springer, New York, 2013, pp.112-123
トップへ戻る