閉じる

研究者

客員教員

研究者の顔画像
太下 義之
専門分野 文化政策
研究テーマ 超高齢社会における文化・芸術
キーワード 超高齢社会、創造経済

学歴

2017年3月 筑波大学 大学院人間総合科学研究科 芸術専攻 博士(芸術学)

職歴

2018年4月 独立行政法人国立美術館 理事
2020年4月 同志社大学 教授
2020年4月 国際日本文化研究センター 客員教授

学位

2017年3月 筑波大学 博士(芸術学)

主要業績

単著書
  • ・ 『アーツカウンシル アームズ・レングスの現実を超えて』, 文化とまちづくり叢書 , 水曜社, 東京, 223頁, 2017年
共著書
  • ・ (共著・編者)東京文化資源会議, 『TOKYO1/4と考える オリンピック文化プログラム *担当執筆箇所「1.「オリンピック文化プログラム」序論―東京五輪の文化プログラムは二〇一六年夏に始まる」(pp.2~32)』, 勉誠出版, 東京, 2016年
  • ・ (共著)河島伸子・生稲史彦, 『変貌する日本のコンテンツ産業: 創造性と多様性の模索』, ミネルヴァ書房, 東京, 2013年
  • ・ (共著)高田和文・松本茂章, 『SPACの15年―静岡県舞台芸術センターの創造活動と文化政策をめぐって―』, 静岡文化芸術大学, 浜松, 2013年
  • ・ (共著)菅家正瑞・佐藤正治, 『企業メセナの理論と実践  なぜ企業はアートを支援するのか』, 水曜社, 東京, 2010年
  • ・ (共著)田中辰雄・林紘一郎, 『著作権保護期間 延長は文化を振興するか?』, 勁草書房, 東京, 2008年
単独論文
  • ・ 「"Agenda21 for culture"に関する研究」, 『文化経済学』6巻・3号, 文化経済学会「日本」, 東京, 2009年, pp.171-179
  • ・ 「アーツカウンシルにおける「アームズ・レングスの原則」に関する考察」, 『文化政策研究』Vol.8, 日本文化政策学会, 東京, 2014年, pp.7-22
  • ・ 「公立文化ホールの運営を巡る議会と行政との関係性に関する研究 : 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールを事例として」, 『芸術学研究』Vol.20, 筑波大学, つくば, 2015年, pp.1-8
  • ・ 「Creative Agingのための文化政策」, 『季刊政策・経営研究』2016(4), 三菱UFJリサーチ&コンサルティング, 東京, 2016年, pp.85-128
  • ・ 「自治体文化財団に関する研究:日本におけるアーツカウンシル的組織の現状と課題」, 『静岡文化芸術大学研究紀要』Vol.17, 静岡文化芸術大学, 浜松, 2017年, pp.133-149
共同論文
  • ・ 後藤和子・柳与志夫・太下義之・岩本洋一, 「電子書籍の文化経済学 : 日本の現状と課題」, 『文化経済学』9巻・1号, 文化経済学会「日本」, 東京, 2012年, pp.43-55
トップへ戻る