閉じる

Faculty

Full-time Faculty

SHIRAISHI Eri Office of Digital Resources, Publications, and Public Information
Specialized Field(s) Japanese art history
Current Research Themes I am currently doing research on aspects of intercultural contact from the Edo period onward, using as a key reference the Ishū retsuzō, a series of portraits of Ainu chiefs, painted by the samurai artist Kakizaki Hakyō (1764–1826) of Matsumae domain. In recent years, I have also been studying the image of Meiji period missionaries in prints.
Keywords for Research Ishū retsuzō, Kakizaki Hakyō, Matsumae domain, Ezo, Ainu, Nanpin school, Nagasaki, Printmaking of Father Marc de Rotz, Hidden Christian

Education

1998 M.A., SOAS University of London
2005 Completed the doctoral program without a degree in Philosophy (History of Art), Graduate School of Letters, Hokkaido University

Professional Experience

1985 Public Center Co., Sapporo
1992 Working as a freelance writer
2002
Amazon.co.jp
2005
Info Works Co., Kyoto
2009 Officer, Publications Office, International Research Center for Japanese Studies
2016 Research Assistant, Institute for Research in Humanities, Kyoto University
2017 Assistant Professor, Office of Digital Resources, Publications, and Public Information, International Research Center for Japanese Studies

Degree(s)

1998 M.A., SOAS University of London

Achievements

Co-authored Books
  • ・ (共編)「国際日本研究」コンソーシアム編(荒木浩、白石恵理、松木裕美、ゴウランガ・チャラン・プラダン), 『環太平洋から「日本研究」を考える』, 国際日本文化研究センター, 2021年
  • ・ (共編著)坪井秀人・瀧井一博・白石恵理・小田龍哉, 『越境する歴史学と世界文学』, 臨川書店, 2020年
  • ・ (共編)坪井秀人・白石恵理・小田龍哉, 『日本研究をひらく―「国際日本研究」コンソーシアム記録集 2018』, 晃洋書房, 2019年
  • ・ (共編)パトリシア・フィスター監修、白石恵理/リン・リッグス編, Reevaluating Translation as a Driving Force of Scholarship(『国際シンポジウム「翻訳の再評価:学問を深める原動力」報告書』), 国際シンポジウム52, 国際日本文化研究センター, 2019
  • ・ (共編)郭南燕・白石恵理, 『世界の日本研究2015―「日本研究」を通じて人文科学を考える』, 国際日本文化研究センター, 2016年
    ( (co-ed.)Nanyan Guo[co-ed.], Japanese Studies around the World 2015: Contemplating the Humanities through Japanese Studies, International Research Center for Japanese Studies, 2016 )
Articles
  • ・ 「「ド・ロ版画」にみる日本文化の受容と展開」, 『(内田慶市編著)文化の翻訳としての聖像画の変容:ヨーロッパ―中国―長崎』, 関西大学東西学術研究所/遊文舎, 2021年02月, pp.29-48
  • ・ 「明治期キリシタン版画にみる日本文化の表象」, 『DNP文化振興財団 学術研究助成紀要』第3号, 2020年11月, pp.78-95
  • ・ 「見立てと写しのアイヌ戯画―メディアとしての〈夷酋列像〉」, 『(稲賀繁美編)映しと移ろい―文化伝播の器と蝕変の実相』, 花鳥社, 2019年, pp.55-77
  • ・ 「第四章 ド・ロ版画にみる日本イメージの受容と展開」, 『(郭南燕編著)ド・ロ版画の旅―ヨーロッパから上海~長崎への多文化的融合』, 創樹社 美術出版, 2019年
  • ・ 「蠣崎波響の絵画資料―画稿にみる同時代画人との交流―」, 『鹿島美術研究』年報第20号別冊, 2003年11月
    ( Kakizaki Hakyō no kaiga shiryō: Gakō ni miru dōjidai gajin to no kōryū [Sketches of Kakizaki Hakyō: In Relationship with His Contemporary Painters], Kajima bijutsu kenkyū nenpō, no. 20 [bessatsu] , November 2003 )
Show all Achievements 折り畳み用アイコン
  • ・ 「蠣崎波響画業考―円山四条派の受容をめぐって―」, 『北海道大学大学院文学研究科研究論集』創刊号, 2001年12月
    ( Kakizaki Hakyō gagyō kō: Maruyama-Shijō ha no juyō o megutte [Art Works of Kakizaki Hakyō and Maruyama-Shijō School], Hokkaidō Daigaku Daigakuin Bungaku Kenkyūka kenkyū ronshū no. 1 , December 2001 )
  • ・ 「開拓使の絵師・船越長善とその作品について」, 『北海道大学農学部博物館の絵画』北海道大学文学研究科平成12年度プロジェクト研究報告書, 2001年03月
    ( Kaitakushi no eshi, Funakoshi Chōzen to sono sakuhin ni tsuite [An Officer of Hokkaido Development Commission, Funakoshi Chōzen and His Paintings], Hokkaidō Daigaku Nōgakubu Hakubutsukan no kaiga, Proceedings of the Research Project 2000, Graduate School of Letters, Hokkaido University, March 2001 )
Other Publications
  • ・ 「〈エッセイ〉 格別の気配とともに」, 『梅原猛先生追悼集――天翔ける心』, 国際日本文化研究センター, 2020年, pp.182-185
  • ・ 「(翻訳)テッサ・モーリス-スズキ「移りゆく日本研究の境界(フロンティア)」」, 『越境する歴史学と世界文学』, 臨川書店, 2020年, pp.13-29
  • ・ 「〈エッセイ〉 ピータがいた時間」, 『日文研』64号, 国際日本文化研究センター, 2020年03月
Academic Society Membership
  • ・ 近世京都学会
    ( Kinsei Kyōto Gakkai (Society for the Study of Early Modern Kyoto) )
  • ・ 明治美術学会
    ( Meiji Bijutsu Gakkai (Association for the Study of Modern Japanese Art History) )
Page Top