閉じる

Faculty

Full-time Faculty

HIRAMATSU Makoto Office of Institutional Research
Specialized Field(s) Urban Sociology, sociology using quantitative methods
Current Research Themes My research interests are in disparities between communities. For this research, I always use quantitative data of Japan. Also, I’m interested in methodology and quantitative methods for urban sociology.
Keywords for Research Regional disparity, Comparison of region, Cumulative disadvantage, Quantitative social survey, Social statistics

Education

2019 Completed the doctoral program without a degree in Graduate School of Human Sciences, Graduate School of Human Sciences, Osaka University

Professional Experience

2017 Research fellow (DC2), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)
2019 Part-time lecturer, Osaka University of Economics
2019 Part-time lecturer, Kwansei Gakuin University
2020 Specially Appointed Fellow, Osaka University
2021 Assistant Professor, Office of Institutional Research, International Research Center for Japanese Studies

Degree(s)

2020 Ph.D (Human Sciences) , Osaka University

Achievements

Articles
  • ・ 「出身地域が教育達成に与える影響」, 『(中澤渉編)2015年SSM調査報告書5 教育Ⅱ』, 2015年SSM調査研究会, 2018年03月, pp.99-112
  • ・ 「都市規模が市民参加に与える影響:郡部で盛んな市民参加」, 『(吉川徹、伊藤理史編)2015年階層と社会意識全国調査(第1回SSP調査)報告書』, SSPプロジェクト, 大阪, 2016年03月, pp.71-77
  • ・ 「高校生の職業観と非正規雇用リスク認知」, 『(友枝敏雄、平野孝典編)高校生の規範意識:第3回高校生調査(福岡・大阪・東京) 2013年度~2015年度科学研究費補助金[基盤研究(B)]2013年度報告書 計量分析第一次報告』, 大阪大学大学院人間科学研究科社会環境学講座社会学理論研究室, 大阪, 2014年03月, pp.75-95
  • ・ 「発達障害、精神障害のある人と関わることに対する積極性」, 『(溝部明男、竹内慶至編)発達障害と共生社会の計量社会学的研究:2011年度発達障害と共生社会に関する意識調査』, 金沢大学社会学研究室, 金沢, 2013年03月, pp.29-36
Co-authored Articles
  • ・ Haruyo Mitani and Makoto Hiramatsu, Civil Society: Who Participate?, (Carola Hommerich, Naoki Sudo, Toru Kikkawa eds.)Social Change in Japan, 1989-2019: Social Status, Social Consciousness, Attitudes and Values, Routledge, Oxfordshire, October 2020
  • ・ 平松誠、三谷はるよ, 「市民参加を活発化させる地域とは:マルチレベル分析を用いた地域特性の効果の検討」, 『ソシオロジ』62(2), 社会学研究会, 京都, 2017年10月, pp.59-76
  • ・ 三谷はるよ、平松誠, 「コミュニティ放送はいつ、どこに立地したか」, 『(松浦さと子編)日本のコミュニティ放送:理想と現実の間で』, 晃洋書房, 京都, 2017年06月
  • ・ 平松誠、久保田裕之, 「高校生の非正規雇用リスク認知」, 『(友枝敏雄編)リスク社会を生きる若者たち:高校生の意識調査から』, 大阪大学出版会, 大阪, 2015年04月
Presentations, Symposiums, Lectures etc.
  • ・ 「地域環境が階層意識に与える影響」, 第69回数理社会学会, 数理社会学会, オンライン開催, 2020年09月22日
  • ・ “USA–Japan: A Comparison of the Effects of Social Inequality on Health,”, One-day symposium: International Comparison and Collaboration in Medical Sociology, Cardiff University, Wales, 20 August 2019
  • ・ 「(平松誠、三谷はるよ)市民参加を活性化させる地域とは:マルチレベル分析による地域文脈効果の検討」, 第67回関西社会学会, 関西社会学会, 大阪, 2016年05月29日
  • ・ 「都市規模が市民参加に与える影響」, 「新型CAPI調査が開く新しい社会調査の地平」:2015年階層と社会意識全国調査(第1回SSP調査)の成果報告, SSPプロジェクト, 東京, 2016年03月18日
  • ・ 「(平松誠、久保田裕之)高校生の職業観と非正規雇用リスク認知」, 第65回関西社会学会, 関西社会学会, 富山, 2014年05月25日
Page Top