閉じる

Faculty

Visiting Faculty (Domestic)

ŌSHITA Yoshiyuki
Specialized Field(s) Cultural policy
Current Research Themes Arts ans culture in the super aging society
Keywords for Research Super aging society, Creative Economy

Education

2017
Doctor of Philosophy in Art, Doctoral Program in Art and Design, Graduate School of Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba

Professional Experience

2018 Exective Director, Independent Administrative Institution National Museum of Art
2020
Professor, Doshisha University
2020 Visiting Professor, International Research Center for Japanese Studies

Degree(s)

2017 PhD. (Art), University of Tsukuba

Achievements

Books
  • ・ 『アーツカウンシル アームズ・レングスの現実を超えて』, 文化とまちづくり叢書 , 水曜社, 東京, 223頁, 2017年
Co-authored Books
  • ・ (共著・編者)東京文化資源会議, 『TOKYO1/4と考える オリンピック文化プログラム *担当執筆箇所「1.「オリンピック文化プログラム」序論―東京五輪の文化プログラムは二〇一六年夏に始まる」(pp.2~32)』, 勉誠出版, 東京, 2016年
  • ・ (共著)河島伸子・生稲史彦, 『変貌する日本のコンテンツ産業: 創造性と多様性の模索』, ミネルヴァ書房, 東京, 2013年
  • ・ (共著)高田和文・松本茂章, 『SPACの15年―静岡県舞台芸術センターの創造活動と文化政策をめぐって―』, 静岡文化芸術大学, 浜松, 2013年
  • ・ (共著)菅家正瑞・佐藤正治, 『企業メセナの理論と実践  なぜ企業はアートを支援するのか』, 水曜社, 東京, 2010年
  • ・ (共著)田中辰雄・林紘一郎, 『著作権保護期間 延長は文化を振興するか?』, 勁草書房, 東京, 2008年
Articles
  • ・ 「"Agenda21 for culture"に関する研究」, 『文化経済学』6巻・3号, 文化経済学会「日本」, 東京, 2009年, pp.171-179
    ( A Study on "Agenda21 for culture", Journal of cultural economics Vol.6-3, Japan Association for Cultural Economics, Tokyo, 2009, pp.171-179 )
  • ・ 「アーツカウンシルにおける「アームズ・レングスの原則」に関する考察」, 『文化政策研究』Vol.8, 日本文化政策学会, 東京, 2014年, pp.7-22
    ( A Study of the "Arm's Length Principle" at Arts Councils, Cultural Policy Research Vol.8, The Japan Association for Cultural Policy Research, Tokyo, 2014, pp.7-22 )
  • ・ 「公立文化ホールの運営を巡る議会と行政との関係性に関する研究 : 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールを事例として」, 『芸術学研究』Vol.20, 筑波大学, つくば, 2015年, pp.1-8
    ( The Relationship between Local Assemblies and Local Governments in Regard to the Operation of Public Culture Facilities : A Case Study on the Biwako Hall, Tsukuba studies in art and design Vol.20, University of Tsukuba, Tsukuba, 2015, pp.1-8 )
  • ・ 「Creative Agingのための文化政策」, 『季刊政策・経営研究』2016(4), 三菱UFJリサーチ&コンサルティング, 東京, 2016年, pp.85-128
    ( Cultural Policies for Creative Aging, Quarterly journal of public policy & management 2016(4), Mitsubishi UFJ Research and Consulting , Tokyo, 2016, pp.85-128 )
  • ・ 「自治体文化財団に関する研究:日本におけるアーツカウンシル的組織の現状と課題」, 『静岡文化芸術大学研究紀要』Vol.17, 静岡文化芸術大学, 浜松, 2017年, pp.133-149
    ( Cultural Foundations of Local Governments: Current Status and Issues of Organizations Like Arts Councils in Japan, Shizuoka University of Art and Culture ,Bulletin Vol.17, Shizuoka University of Art and Culture, Hamamatsu, 2017, pp.133-149 )
Co-authored Articles
  • ・ 後藤和子・柳与志夫・太下義之・岩本洋一, 「電子書籍の文化経済学 : 日本の現状と課題」, 『文化経済学』9巻・1号, 文化経済学会「日本」, 東京, 2012年, pp.43-55
    ( GOTO Kazuko, YANAGI Yoshio, OSHITA Yoshiyuki, IWAMOTO Yoichi, Cultural Economics of E-books : The Trend and the Problems in Japan, Journal of cultural economics Vol.9-1, Japan Association for Cultural Economics, Tokyo, 2012, pp.43-55 )
Page Top