1997年 執筆・講演一覧

1 1997 “Retuor de la Conférence: un tableau perdu de Gustave Courbet et sa position manquée dans l'histoire de l'art” Bulletin des amis de Gustave Courbet, N°94/95 pp.30-43
2 1997 「主題E《国際理解と異文化接触》の運営と「比較文化」、「総合科目 世界の人々とその暮らし」及び「主題研究」の実施について:一九九六年度の概要報告と総括」 大学教育研究―三重大学授業研究交流誌 第5号 pp.13-34
3 1997/03/31 “Van Gogh's Japan and Gauguin's Tahiti reconsidered” Ideal Places East and West pp.153-177.
4 1997/03/31 「美術批評史 その最近の動向」 人文論叢 三重大学人文学部第14号 pp.91-115.
5 1997/04/3-1997/09/27 「思想の前線」(総目次) 図書新聞
6 1997/05/21 「ボナール 時間の堆積」 京都新聞
7 1997/07 「砂曼荼羅の教え」 俳句世界 第5号
8 1997/07 「臨時教育審議会答申後の一般教育改革」 三重大学50年史ニュースレター
9 1997/08 「書評 平川祐弘『オリエンタルな夢』」 比較文学研究 pp.128-134
10 1997/08 「『絵画の黄昏』前後」 日仏会館・日仏協会通信 第85号
11 1997/10/11 書評 馬渕明子著『ジャポニスム:幻想の日本』
欧州近代の代替幻想--ナルシステイックな日本像と東洋優位論との桎梏のなかで
『図書新聞』
12 1997/10/25 「原理主義-その自己破壊プログラム」 『図書新聞』 2363号
13 1997/11 「戦争画から近代絵画へ-『航西日誌』の見たパリ画壇-」 『青淵』584号
14 1997/11/26 「展覧会評 潜む視覚の政治学-『異文化へのまなざし』展から」 産經新聞
15 1997/12/06 「V・S・ナイポールの苛立ち」 『図書新聞』 2368号
16 1997/12/27 「異文化へのまなざし」 『図書新聞』 2371号

1998年 執筆・講演一覧

1 1998 『世界美術大全集 後期印象派の時代』 第22巻
2 1998 「サイードのオリエンタリズム論の紹介と批判」 『イスラム世界』
3 1998 “Theodore Duret, Kuroda Jotaro et Feng Zikai: biographie de Van Gogh et sa repercussion en Asie de l'Est” Japan Review
4 1998 “Reconsidering The Mingei Undo as a Colonial Discourse:The Politics of Visualizing Asian "Popular Art"” Associations of Asian Studies
5 1998 「ヴィーンのヤポニスムスとブック・デザイン」 東海児童文学研究会
6 1998 “Impressionnisme et Japonisme:histoire d'un malentendu createur” Nouvelles de l'estampes,No.159
7 1998 “Portrait of a European Artist in Modern Japan and China” Nouvelles de l'estampes,No.159
8 1998 “The Making of Hokusai's Reputation in the Context of Japonisme” The Third International Hokusai Conference in Obse
9 1998 「アンリ・セルヌーシとテオドール・デュレ:コミューン、アジア旅行、美術蒐集」 『近代画説』 7号
10 1998 “Theodore Duret et Henri Cernuschi, journalisme politique, voyage en Asie et collection japonaise” Ebisu, Nr. hors serie
11 1998/01/20 「<今、日本の美術史学をふりかえる>を聞いて」 『あいだ Extra』 25号
12 1998/01/24 「雅びとしての日本文化論」 『図書新聞』 2374号
13 1998/02/21 「社会科学としての近代日本」 『図書新聞』 2378号
14 1998/02/28 「書評 Vera Linhartova, Sur un fond blanc,Gallimard, Paris, 1996」 『日文研』19号
15 1998/03 “In Search of New Ethics in Inter-cultural relations” Nichibunken newsletters
16 1998/03/14 「官製『日本帝国美術史』の誕生」 『図書新聞』 2381号
17 1998/03/31 『日本のおよび日本人-外からのまなざし』 日文研フォーラム 第101回
18 1998/04/11 「歴史史料としての丸山真男」 『図書新聞』 2385号
19 1998/05/07 「西洋に見いだされた東洋の巨匠-文化交流の十字路としての画狂人」 中日新聞
20 1998/05/23 「第三回国際北斎会議in小布施」 『図書新聞』 2390号
21 1998/06/13 「文藝を遠く離れて」 『図書新聞』 2393号
22 1998/06/20 「鯛を太らせる蝦、あるいは蟷螂の駄弁」 『あいだ Extra』 30号
23 1998/07/18 「消えた大仏の消された物語り」 『図書新聞』 2398号
24 1998/08/15 「日本近代美術研究における一九一三年」 『図書新聞』 2402号
25 1998/09/01-1998/09/05 “The Origin of Modernism as an Oblivion of Political Struggle: The Case of Edouard Manet and his Marketing Strategy of the Auction” XIVth International Conference of Aesthetics, Ljblijana
26 1998/09/06-1998/09/07 “Between Nostalgie and Sehnsucht: Kinoshita Mokutaro's Europe” Return to Japans of Nostalgia from Pilgrimage to Fantisized Wests, Copenhagen University
27 1998/09/12 「大学生の夏休み」 『図書新聞』 2405号
28 1998/09/22 「不発に終わった論争へのモノローグ」 『あいだ Extra』 33号
29 1998/10 「書評 臼杵陽『見えざるユダヤ人』」 民博通信 82号
30 1998/10/02 “Edouard Manet,Theodore Duret and Japan: Representation of Japanese Aesthetics in the late 19th Century Europe” Japan Forum, The Edwin Reischauer Institute of Japanese Studies
31 1998/10/10 「自動詞美学は主要OSへの代替的抵抗となりうるか」 『図書新聞』 2409号
32 1998/10/13 “Reinterpretation of the Western Linear Perspective in the 18-19th Century Japan: A case of Cultural Translation” Translation of Culture and Culture of Translation, Louvain Catholic University
33 1998/10/16-1998/10/17 “La Reputation de Hokusai das le context du Japosime” 徳川期日本の文化と社会:新発見と新解釈、Centre culturel du Japan, Paris
34 1998/10/18-1998/10/20 “Reconsidering the Mingei Undo as a Colonial Discourse: The Politics of Visualizing Asian Folk Craft” Rethinking the Urban Mass-Culture in 1920's and 30's in Japan, Zurich, Universitat Zurich
35 1998/10/22 “La Reception et la transformation de Vincent Van Gogh au Japan et Chine” L'Universite de Geneve
36 1998/10/24 「近代日本文学と西洋:制度としての西洋への任務派遣と要請された演技としての日本回帰」 『図書新聞』 2411号
37 1998/11/06-1998/11/07 “Confession and Exposure: Nagasawa Mitsuo's Adult Video Actress and Japan's Male Intellectual Consciousness” 7th Middlewest Association of Japanese Literary Studies, Purdue University
38 1998/12/13-1998/12/15 “Cognition Gaps in the Recognition of Masters and Masterpieces in the Formative Years of Japanese Art History and Historiography(1880-1900)” Japanese Hermeneutics: Current Debates on Aesthetics and Interpretation, University of California in Los Angeles
39 1998/12/17 「米国日本文学談義:日本文学における恋愛と性」 『図書新聞』 2417号

1999年 執筆・講演一覧

1 1999 「コペンハーゲンの古本屋」 『日文研』21号
2 1999 “Miyazaki Hayao's Epic Comic Series: Nausicaa in the Valley of the Wind: An Attempt at Interpretation” Nichibunken Japan Review
3 1999 “Rconsidering the Mingei Undo as a Colonial Discourse:The Politics of Visualizing Asian 'Folk Craft'” Asiatische Studien, Zeitschrift der Schweizerischen Asiengesellschaft,Vol.LIIINr.2
4 1999 “Reconsidering The Mingei Undo as a Colonial Discourse:The Politics of Visualizing Asian "Popular Art"” Associations of Asian Studies
5 1999 “The Making of Hokusai's Reputation in the Context of Japonisme” Proceedings of the Third International Hokusai Conference in Obuse
6 1999 「ポール・ギョームとアフリカ美術」 『視る』 京都国立近代美術館 385号
7 1999 “The Painter who disappeared in the Novel:images of an Oriental Artist in European Literature” Martin Heusser,Michele Hannoch,Charlotte Scholle-Glass and David Scott(eds.),Text and Visuality,Amsterdam,Rodopi.
8 1999 『絵画の東方-オリエンタリズムからジャポニスムへ』 名古屋大学出版会
9 1999 「郷愁の旅路-日本と「西洋」を往還する旅路」 比較文学研究 75号
10 1999 「臨時教育審議会答申後の一般教育改革」 『三重大学50年史』
11 1999/01/22 “Okakura Tenshin's Disciples and Their Contemporaries in India: with Special Reference to the Paradigm Change in the Approach to Asian Art” Workshop on Okakura Tenshin, The University of California in Los Angeles
12 1999/01/22 「オールド・ファッション:欧米展覧会事情」 『図書新聞』 2422号
13 1999/02 「北原恵様へ:『インパクション』110号の「アート・アクティヴィズム」二二を拝見して」 『インパクション』112号
14 1999/02/11 “The Construction of‘Japanese' and‘Oriental' Art History in Meiji Japan” The Donald Keene Center for Japanese Culture, Columbia University
15 1999/02/20 「建国神話の産土」 『図書新聞』 2426号
16 1999/02/24 “Edouard Manet's Posthumous Struggle for Glory” The Donald Keene Center for Japanese Culture, Department of Art History, Columbia University
17 1999/03 「欧州学会巡業どさまわりの記」 『笛』30号
18 1999/03/11-1999/03/15 “Rethinking Okakura Tenshin as the Inventor of Oriental Art History” Association for Asian Studies, Boston; Annual Meeting Program
19 1999/03/20 「インドから見た岡倉天心」 『図書新聞』 3430号
20 1999 “Disclosing Double Mirror: Nagasawa Mitsuo's Adult Video Actress in the light of Judith Herman's Traum and Recovery” Vision, Revisions, Incorporations: Theorizing Gender, the Body and the Visual in Contemporary Japanese Popular and Mass Culture, L'Universite de Montreal
21 1999/04 「表象の破綻と破綻の表象-十九世紀フランス絵画を見る眼」(藤枝晃雄・谷川渥編) 『芸術理論の現在-モダニズムから』東信堂
22 1999/05/29 「治癒の書としての『AV女優』」 『図書新聞』 2439号
23 1999/06 書評「船曳建夫他編『新たな人間の発見』岩波講座 文化人類学 民俗学研究 64期1号
24 1999/06/12 書評 佐藤道信『明治国家と近代美術』:明治時代の美術環境実測のための原器:制度創成に密着した「美術」形成史研究 『図書新聞』 2441号
25 1999/07/03 「居場所と疎外についての、モントリオールでの妄想」 『図書新聞』 2444号
26 1999/07/16-1999/07/18 「分割されざる個人幻想への挑戦:岩明均『寄生獣』の皮膚感覚/Herausforderung an die Vorstellung vom unteilbaren Individuum.Hautwahrnehmung in Hitoshi Iwaakis'Parasiten-tiere'」 The Face of Skin/皮膚の想像力/Die Gesichter der Haut,国立西洋美術館
27 1999/08 「「工芸」を考える」(北澤憲昭・木下長宏・イザベル・シャリエ・山梨俊夫編) 『美術のゆくえ・美術史の現在』
28 1999/08/02 「考古学的知の考古学に向けて」 『図書新聞』 2449号
29 1999/08/26-1999/08/28 “Tahiti et la migration des signes: La representation du Paradis terrestre chez Paul Gauguin comme une quete de la creolite dans la langage plastique au tournant du siecle dernier et au debut du XX siecle” Multiculturalisme et identites en litterature et en art, Colloque international,Universite de la Polynesie francaise
30 1999/09/11 「勝負の一瞬と持続のへの欲望と」 『図書新聞』 2453号
31 1999/10/23 「日本人はなぜ外国語ができないか」 『図書新聞』 2458号
32 1999/11 “Between Revelation and Violation: Ethics of Intervention, Crossing Cultural Borders: toward an Ethics of Inter-cultural Communication, IRCJS,Nov.”
33 1999/11/20 「太平洋の島々における多文化主義の可能性」 『図書新聞』 2462号
34 1999/12/16 「いまなぜ越境か-問われる異文化介入の倫理」 京都新聞
35 1999/12/20 「遠近法 日本でアレンジ」 讀賣新聞

2000年 執筆・講演一覧

1 2000 「第一四回国際研究集会」 Nichibunken Newsletter Nr.37
2 2000 「≪他者≫としての「美術」と、「美術」の≪他者≫としての「日本」-「美術」の定義を巡る文化摩擦」 島本 浣、加賀屋誠(編)『美術史と他者』 晃洋書房
3 2000 「在外研修の報告」 日文研 20号
4 2000 “Confession and Exposure: Nagasawa Mitsuo's Adult Video Actresses and Japan's Male Intellectual Consciousness” Proceedings of the Midwest Association for Japanese Literary Studies, Vol.5
5 2000 “The Making of Museums and Collections in Modern Japan” Interpreting Asian Cultures in Museums, Dispays, Activities, Strategies, International Workshop, 15-17 March, The British Museum
6 2000 「北斎とジャポニスム」 アート・フォーラム21 第2巻
7 2000 「カタログ評『岡倉天心とボストン美術館』展」 比較文学研究 76号
8 2000 「マイケル・ポランニーのことなど」 『伊東俊太郎博士古稀記念文集』
9 2000 「エジプト調査の報告」 21世紀 第5号
10 2000 「北斎の位置付けを巡る闘争」 金田晉編『芸術学の百年』
11 2000 「理念としてのアジア:岡倉天心と東洋美術史の構想、その顛末(上)」 國文學 第45巻8号 7月号
12 2000 「理念としてのアジア:岡倉天心と東洋美術史の構想、その顛末(下)」 國文學 第45巻9号 8月号
13 2000 “Mediators, Sacrifice and Forgiveness: Laurens van der Post and Japan” International Comparative Literature Association Pretoria Congress
14 2000 「象徴主義をめぐる日仏ふたりの理論家の交渉:黒田重太郎のみたモーリス・ドニ」 『ナビ派と日本』 新潟県立近代美術館
15 2000 「ジョセフィン・マクラウドとシスター・ニヴェディータ」 平川 祐弘編『異国への憧憬と祖国への回帰』 明治書院
16 2000 「伝統と成熟」 龍村光峯展覧会 序文
17 2000 「文化の段差に肌を晒す:アフリカ・マリの旅から」 日文研 24号
18 2000 “The Myth of Viecent Van Gogh in Modern Japan and China,in Meng Hua and Hirakawa Sukehiro(eds.)” Images of Westerners in Chinese and Japanese Literature, Amsterdam:Rodopi
19 2000 「ラシュディ事件と日本:歴史をいかに語るか」 『各科研修会研修要録』名古屋市教育センター
20 2000/01 “A Vision of the Dividable Self in Contemporary Japanese Comics” The Imagination of the Body and the History of Bodily Experience, IRCJS, Jan.18-22
21 2000/01/15 「マーラー『大地の歌』を巡る東西の出会い」 『図書新聞』 2469号
22 2000/02/12 「文化摩擦の功罪:交流四百年記念日蘭交流史研究ワークショップから」 『図書新聞』 2473号
23 2000/02/26 「文化の越境:不可触の傷口に触れること」 『図書新聞』 2475号
24 2000/03/01 「『革命家』セザンヌ像の形成-誤訳から生まれた後期印象派理解」 中日新聞
25 2000/04/01 「江戸時代は江戸時代か」 『図書新聞』 2480号
26 2000/04/29 「桜の下の幻想:梶井基次郎全集の余白に」 『図書新聞』 2484号
27 2000/05/20 「『モモ』の行方:管理された時間の軛から日本社会を救う道」 『図書新聞』 2486号
28 2000/06/21 「クールベの風景:渓流から海へ」 山陰中央新報
29 2000/08/19 「ニジェール河で考えたこと」 『図書新聞』 2498号
30 2000/09/30 「流血「和解」の記念碑、そして「八紘一宇」の平和的再利用」 『図書新聞』 2503号
31 2000/11/11 「ことばにならない哀しいため息に耳を傾けること 書評 岡真理『記憶/物語』」 『図書新聞』 2509号
32 2000/11/11 「言葉に躓く経験、あるいは生き残るということ 書評 岡真理『彼女の「正しい」名前とは何か』」 『図書新聞』 2509号
33 2000/12/16 「ああ大和にしあらましかば:故郷の発明-翻訳詩の技巧が奏でる、近代国家の望郷意識」 『図書新聞』 2514号

2001年 執筆・講演一覧

1 2001 “Claude Monet Between ‘Impressionism’ and ‘Japonism’” Monet and Japan, National Gallery of Australia, Sydney
2 2001 “How to Do Things with a Parasite, Kiseiju by Iwaaki Hitoshi, or A Vision of the Divided Self in a Contemprary Japanese Comic-Book” The Imagination of the Body and the History of Bodily Experience, International Research Center for Japanese Studies
3 2001 Crossing Cultural Borders, Toward the Ethics of Intercultural Communication: Beyond Reciprocal Anthropology (ed.) International Research Center for Japanese Studies
4 2001 “Between Revelation and Violation: The Ethics of Internention,” in Crossing Cultural Borders, Toward the Ethics of Intercultural Communication: Beyond Reciprocal Anthropology International Research Center for Japanese studies
5 2001 「名作と巨匠の認知をめぐる認識の齟齬」 『アートフォーラム21』 第4号
6 2001 “Between 'Nostalgie' and Sehnsucht' ―Kinoshita Mokutaro's Europe” Return to Japan from Pilgrimage to the West, ed. by Yoichi Nagashima, Aarhus University Press
7 2001 「分割されざる「個人」幻想への挑戦:岩明均『寄生獣』の皮膚感覚」 『皮膚の想像力』 国際シンポジウム報告書 国立西洋美術館
8 2001 「異文化理解の倫理にむけて」 『人類学的実践の再構築』 杉島敬志編 世界思想社
9 2001 「ドイツ文化状況瞥見」 京都造形芸術大学(編)『創造する伝統』
10 2001 *“Mediators, Sacrifice and Forgiveness: Laurens van der Post’s Vision of Japan in the P.O.W. Camp” Japan Review, Nr. 13
11 2001 “Okakura Kakuzo’s Nostalgic Journey to India and the Invention of Asia” Susan Fisher (ed.), Nostalgic Journeys: Literary Pilgrimages between Japan and the West, CJR Japan Research Series, 2001
12 2001/01/08 “Migration des signes iconiques: Paul Gauguin's Primitivism Reconsidered” Vortrag, Kunsthistorisches Institut, Ostasiatische Abteilung, Heidelberg
13 2001/01/08 “Edouard Manet and the Genesis of Modernism in Question” Vortrag, Kunsthistorisches Institut, Ostasiatische Abteilung, Heidelberg
14 2001/01/30 “Van Gogh, Gauguin et la migration des signes.” Offentlicher Vortrag, Moderne Galerie, Saarland Museum
15 2001/02/11 「秋の風更け行くままに長月の。有明寒き朝風に」 『図書新聞』 2522号
16 2001/03/10 「「日本」に閉寒した国民国家論市場を越えるために」 『図書新聞』 2525号
17 2001/03/20 「近代の国家コレクションと民間コレクションの形成」 コレクション記号論『記号学研究』 21号
18 2001/03/20 「書評 室井尚『哲学問題としてのテクノロジー』」 『記号学研究』 21号
19 2001/03/30 「ハイデルベルグの古本屋」 日文研 25号
20 2001/05 「日本美術像の変遷」 『環』 第6巻
21 2001/06/02 「「東方の脅威」と「東方の知恵」とのあいだ」 『図書新聞』 2535号
22 2001/06/31-08/03 “Additional recommendations for the Dialog between the Civilizations” International Conference on the Dialogue of Civilizations, Tokyo, United Nations University
23 2001/08/01 「出来事:亡命者たちとの、ゆきずりの会話2001年1月22日」 ARGO 16号
24 2001/08/10 「書評 牛村圭『文明の裁き」をこえて』 ―対日戦犯裁判読解の試み」 『比較文学研究』 78号
25 2001/09/30 「劇画の効能:提案三件」 『ジャポニズム研究』 21号
26 2001/09/30 「父を送る言葉」 『古代中世国文学』 広島平安文学研究会 17号
27 2001/09/30 「晩年の身辺と出版構想の一斑」 『古代中世国文学』 広島平安文学研究会 17号
28 2001/10/27 「芸術における20世紀モダニズム・パラダイム成立とその商業的背景:マーケッティング・モダニズム」 『図書新聞』 2555号
29 2001/11/15 「北斎からファン・ゴッホまで」 北京日本研究センター日本学総合講座
30 2001/11/21 「一九世紀欧州的“日本熱”与接受問題」 北京大学比較文学与比較文化研究所
31 2001/12/22 「エドゥアール・マネと歴史記述」 シンポジウムEcrire histoires―複数の視点と対話 日仏会館

2002年 執筆・講演一覧

1 2002 “In der Haut des Anderen. Iwaaki Hitoshis Comic-Roman >Parasitentiere< (Kiseiju) als Herausforderung an das unteilbare >Individuum<” Christoph Geissmar-Brandi et al. Geschichte der Haut, Stroemfeld Verlag, 2002
2 2002 “Un Destin de Pensee: L’impact d’Okakura Kakuzo (Tenshin) sur le developpement de l'histoire de l'art en Inde et au Japon au debut du XXe siecle” Livia Monnet (ed.), Approches critiques de la pensee japonaise du XXe siecle, Critical Readings in Twentieth Century Japanese Tbought, Les Presses de l’Universite de Montreal, 2002
3 2002 「越境する学術―20世紀前半の東アジアの遺跡保存政策:帝国主義的状況下の美術史学、建築史学、考古学」 『美術フォーラム21』 第6巻
4 2002 「異文化との遭遇と表象の変容そして崩壊:オリエンタリスムからプリミティヴィスムへ」 展覧会カタログ『モネからセザンヌへ―印象派とその時代』秋田県立近代美術館、埼玉県立近代美術館
5 2002 「エドゥアール・マネと歴史記述」 『日仏美術学会報』 第21号
6 2002 “Use and Abuse of images in Japanese History textbooks and the History Textbook Controversy of 2000-2001” Historical Consciousness, Historiography, and Modern Japanese Values, Oct.30-Nov.3, 2002, Banff Centre, Banff, Alberta, Canada
7 2002 “Tahiti et la migration des signes, Representation du paradi terrestre chez Paul Gauguin et quete de la creolite dans le langage plastique au tournant des XIX et XX.” Associationinternationale de litterature comparee, multiculturalisme et identite en litterature et en art, Paris, L'Harmatan
8 2002/02/20 「第三刷あとがき」 ピエール・ブルデュー『話すということ』 藤原書店
9 2002/02/20 「「希望」という名の知的投資:書評 白川昌生『美術、市場、地域通貨をめぐって』」 『あいだ』 74号
10 2002/02/20 「岡倉天心とインド:越境する近代国民意識と汎アジア・イデオロギーの帰趨」 モダニズム研究会(編)『モダニズムの越境』人文書院
11 2002/02/20 「項目執筆、ラシュディー事件・エドワード・サイード・V・S・ナイポール」 『イスラーム辞典』 岩波書店
12 2002/03 “How the Japanese Read Maurice Denis: Some Aspects of the Reception of Symbolism and Classical Art Theory in Modern Japan (1913-1928)” 永井隆則『1930-40年代の日本におけるセザンヌの受容/Cezanne in Japan 1922-1947』文部科学省研究費補助金基盤研究研究報告書
13 2002/03/03 「文字刻む歴史の相貌 書評 石川九楊『日本書史』」 『京都新聞』
14 2002/03/16 『遥かなるノートルダム』と「群れを嫌うオットセイ」との間、あるいは認識の相互侵食」 『図書新聞』 2574号
15 2002/03/31 「藝術の誕生」 『あいだ』 75号
16 2002/04/20 「規則と習熟のキアスム―藝術の終焉を語るまえに」 『あいだ』 76号
17 2002/04/27 「中国近代史の見直しにむけて―旧満鉄図書館資料瞥見」 『図書新聞』
18 2002/05 「北京報告」 『日本比較文学界[ママ]関西支部』 第9巻 第1号
19 2002/05/15 「『Actes』誌のことなど―ピエール・ブルデュー追悼」 『機』 126号
20 2002/05/20 「可能世界としてのフィクション」 『あいだ』 77号
21 2002/05/21 “Okakura Tenshin and Sister Nivedita” Watarium Museum
22 2002/06/15 「韃靼海峡春景色―詩的想像力とその植民地的背景再考」 『図書新聞』 2585号
23 2002/06/20 「インドを呼吸した女流画家―秋野不矩の画業を回顧する」 『あいだ』 78号
24 2002/07/13 「世界のなかの『源氏物語』―中古国文学研究の世界の外に広がる壮大な古典の宇宙」 『図書新聞』 2589号
25 2002/07/20 「岡倉天心のもうひとりの「お母さん」―シスター・ニヴェディータのことども」 『あいだ』 79号
26 2002/08/02 「遺族謝辞」 稻賀敬二『源氏物語注釈史と享受史の世界』 新典社
27 2002/08/20 「理念なき「国際文化交流」からの脱皮のために」 『あいだ』 80号
28 2002/09 「記号学の逆襲―書評 山口昌男・室井尚編『記号学の逆襲』」 『月刊言語』
29 2002/09/18 「遅まきに山口台風に巻き込まれた一読者の備忘録断片」 山口昌男『文化の詩学(下)』 岩波書店
30 2002/09/20 「ユヴァスキュラをあとに―「あいだ」を感じるフィンランド建築紀行」 『あいだ』 81号
31 2002/10/20 「最後の手紙 千野香織様へ」 『あいだ』 82号
32 2002/10/26 「侵略と貧困」から、「開発と収奪」さらに「規律と再生産」へ―「植民地近代」という問題をめぐって 『図書新聞』 2603号
33 2002/11/20 「サマランカ便り―2002年欧州文化首都の現状と仮題」 『あいだ』 83号
34 2002/11/26 「追悼メッセージ 千野香織」 『Image and Gender』 第3巻
35 2002/12/20 「小さな欧州文化都市の伝統と革新―サラマンカ便りその2―」 『あいだ』 84号

2003年 執筆・講演一覧

1 2003 “The Making of Hokusai's Reputation in the Context of Japonisme” Japan Review No.15
2 2003 「比較文化史からみる音楽と文学の東西交流―マーラーの中国趣味を例に」 『音楽教育学』 2003年度 33巻2号
3 2003 「高鳥憲昭の死を悼む―ご遺族そしてご同僚の皆様へ」 『赤門合気道』 44号
4 2003/01 「マネ「と」印象派―最近のエドゥアール・マネ研究への批判的展望」 『美術フォーラム21』 第7号
5 2003/01/09 「国際交流基金 海外派遣日本研究専門家報告」
6 2003/01/30 「美術史学への挑戦と逸脱―あるいは学術誌編集者としてのピエール・ブルデュー」 宮島喬・石井洋二郎編『文化の権力―反射するブルデュー』 藤原書店
7 2003/01/30 「芸術社会学者としてのピエール・ブルデュー」 『環』 第12巻 2003年冬 藤原書店
8 2003/02/01 「スペインにおける日本語教育の拡充と日本研究の基礎固めのために」 『図書新聞』 2616号
9 2003/02/20 「類似の臨界―影響か否かの判定基準をめぐって―」 山田奨治編『模倣と創造のダイナミズム』勉誠出版社
10 2003/02/20 「文人画の終焉と再文人画の終焉と再覚醒 --富岡鐡齏晩年の文人が・南画の国際評価覚醒―富岡鉄斎晩年の文人画・南画の国際評価」 『あいだ』 86号
11 2003/02/25 「個に宿す影―河合隼雄『影の現象学』捕註」 河合隼雄編『「個人」の探求―日本文化のなかで』NHK出版局
12 2003/03/20 「書評 天野知香『装飾・芸術』(前)」 『あいだ』 87号
13 2003/03/31 「サラマンカ日本研究事情ご報告」 『日文研』 29号
14 2003/03/31 「訳(厄・焼く)にたとうが立つまいが」 『第七回北九州ビエンナーレ』北九州市立美術館
15 2003/03/31 “Either Useful or Useless: Reviving Inventiveness” 7th Kitakyushu Biennale, Kitakyushu Municipal Museum of Art
16 2003/04/20 「書評「天野知香『装飾/芸術』」(後)」 『あいだ』 88号
17 2003/05/20 「職人としての藤田嗣治」 『あいだ』 89号
18 2003/05/23 「書評「いかに〈シーラカンス〉とつきあうか:北澤憲昭『アヴァンギャルド以降の工芸』」 『読書人』 2488号
19 2003/06/07 「茶わん蒸し文化論―ポストコロニアル理論における素材と繋ぎそして味付け」 『図書新聞』 2632号
20 2003/06/11 「岡倉天心とボストン美術館展」 今橋映子(編)『展覧会カタログの楽しむ』 東京大学出版会
21 2003/06/20 「詩の翻訳は化膿か?―金素雲『朝鮮詩集』の訳業と土田麦僊の風俗画を繋ぐもの―植民地絵画の読解のために」 『あいだ』 90号
22 2003/07/14 「(編著)『あす何処ぞ迷い猫―稲賀敬二遺文集』」私家版
23 2003/07/14 「(編著)『けさや昔の夢のおもかげ―稲賀敬二回想集』」私家版
24 2003/07/20 「〈知の共有財産・展覧会カタログの現在―制作から批評まで〉を聞いての愚感」 『あいだ』 91号
25 2003/07/26 「幕末水滸伝異聞―利根川水系の無法者的想像力復権のために」 『図書新聞』 2639号
26 2003/08/11 「東洋画優位論の成立とその背景―豊子愷「中国美術在現代芸術上的勝利」再読」 和漢比較文学会・中日比較文学会(共編)『新世紀の日中文学関係その回顧と展望』 勉誠出版
27 2003/08/20 「意味の生成:イメージとテクストのかかわりを読み解くうえで―ポール・ゴーギャン《メイエル・デ・ハーンの肖像》を例として」 『あいだ』 92号
28 2003/09/20 「波と屏風そして西陣の錦―クラクフからの晩夏の便り」 『あいだ』 93号
29 2003/09/27 「修養の季節―漱石とその時代・異聞」 『図書新聞』 2647号
30 2003/11/20 「ある家元の生活と意見―一五代樂吉左衛門宅訪問記」 『あいだ』95号
31 2003/12/20 「二一世紀の日本武道の行方」 『あいだ』96号

2004年 執筆・講演一覧

1 2004 「画家の留学─青山義雄氏にうかがう一九二〇年代フランス滞在の一齣」 『アート・フォーラム ニ一』 第9巻
2 2004 “Sister Nivedita and her Kali The Mother, The Web of Indian Life, and Art Criticism: New Insights into Okakura Kakuzo's Indian Writings and the Function of Art in the Shaping of Nationality” Japan Review, No.16
3 2004/01/20 「黄金の三角地帯を目指して―『色の音楽・手の幸福:ロラン・バルトのデッサン展』 関連国際シンポジウム 「バルト/共感覚の地平」から」 『あいだ』 97号
4 2004/02/07 「銀河鉄道はどこからきたのか―宮澤賢治とファン・ゴッホを繋ぐ糸」 『図書新聞』 2664号
5 2004/02/20 「美術館教育から視覚文化教育とその彼方へ―国際シンポジウム「鑑賞教育はいかにあるべきか」より」 『あいだ』 98号
6 2004/03/15 「ファン・ゴッホと日本そして中国」 『人文学フォーラム』 跡見学園女子大学 第2号
7 2004/03/15 「複数言語競合のアジア」 『機』 158号
8 2004/03/20 『表象としての日本』(山内久明ほかと共著) 放送大学
9 2004/03/20 「ロラン・バルトあるいは「虚構」としての日本」 『表象としての日本』 (山内久明ほか と共著) 放送大学
10 2004/03/20 「一九世紀における東洋と日本―オリエンタリズムからジャポニスムへ」 『表象としての日本』 (山内久明ほかと共著)放送大学
11 2004/03/20 「パーフォーマンスとしてのチャンバラ」 『あいだ』 99号
12 2004/03/20,27 「日本女子大学から近代中国における女性解放へ:成瀬仁蔵(1858-1919)と何香凝(He Xiangning 1878-1972)(上)」
「徳は弧ならず、必ず隣あり:成瀬仁蔵(1858-1919)と何香凝(He Xiangning 1878-1972)(下)」
『図書新聞』 2670号・2671号
13 2004/04/20 『越境する想像力ーモダニズムの越境』 (共著) 人文書院
14 2004/04/20 「木槿食ふ馬―超高級ブランド志向の社会心理と他文化販売戦略との文― 書評 戸矢理衣奈著『エルメス』」 『あいだ』 100号
15 2004/04/29 『Colorsファッションと色彩』(共著) 京都服飾文化財団
16 2004/04/29 「クロード・アンベール「マネ、黒の効果」(翻訳) 『Colorsファッションと色彩』 (共著)京都服飾文化財団
17 2004/05/20 「五月病の季節を迎えて―美術大学入学者の意識調査」 『あいだ』 101号
18 2004/05/08,22 「みやびをと我は聞けるを―Fengliu/Poongryu/Furyu:東アジアの美的概念検討にむけた”風流”の比較文化史の試み(上)・(下)」 『図書新聞』 2677号・2678号
19 2004/06/01 「季節の視角―地球縦断の文明学提唱への前哨」 『図書新聞』 2681号
20 2004/06/20 「名作誕生の舞台裏―江戸時代後期『北越雪譜』出版の顛末から」 『あいだ』 102号
21 2004/07/01 「強制退去の顛末」 『まほら』 40号
22 2004/07/20 「尺度をつかさどるのは誰か―フーコーの振り子の傍らで」 『あいだ』 103号
23 2004/07/31,
2004/08/07
「徳川日本の地域の活力と海外への眼差し―江戸のモノづくり国際シンポジウムより(上)・(下)」 『図書新聞』 2668号・2669号
24 2004/08/20 「炎の育む金属の水滴が呉須の青い磁肌の表面に結露する」 『あいだ』 104号
25 2004/09 「二一世紀の日本武道の行方―異文化交流の立場から」 『赤門合気道』 45号
26 2004/09/11 「朝鮮通信使余話-第12回日韓美学研究会(二〇〇四年八月六-一一日)より」 『図書新聞』 2693号
27 2004/09/20 「歴史の珍品とその命運:新発見の日独合作フイルム『武士道』(一九二六)をめぐって」 『あいだ』 105号
28 2004/10/15 「国際日本文化研究センターにおける共同研究を考える」 『総研大ジャーナル』 第6号
29 2004/10/23, 2004/10/30 「朝鮮語学会事件再考:「日帝」支配下の民族意識と国語問題(上)・(下)」 『図書新聞』 2698号・2699号
30 2004/11 「岡倉天心とインド:越境する近代国民意識と汎アジア・イデオロギーの帰趨」(再掲載) 『日語日文学』 第二四輯 大韓日語日文学会
31 2004/11/14 「書評 鶴岡真弓著『装飾の美術文明史』」 『京都新聞』
32 2004/11/20 「自己懲罰の裁判記録-過程と変奏:アンリ・マティス展より」 『あいだ』 107号
33 2004/12/20 「隣国の小さな宝物箱:金煥基美術館を訪問する」 『あいだ』 108号
34 2004/12/25 「山口昌男『文化と両義性』」 『文化人類学文献事典』 弘文堂

2005年 執筆・講演一覧

1 2005 「モダニスト美学の起源と市場操作の昇華:エドゥアール・マネ売り立てにおける市場戦略」 『美術史論壇』 (韓国語訳)第20号2005年
2 2005/01/1, 2005/1/15 「日本礼賛の親日家から世界文学の漂泊者へ:ラフカディオ・ハーン没後百年(上)・(下)」」 『図書新聞』 2708号・2709号
3 2005/01/20 「古傷に宿る光:やきものと彫刻との亀裂に八木一夫を読む」 『あいだ』 109号
4 2005/02/10 「岡倉天心と観念としての東洋美術の創出」 ワタリウム美術館(編)『岡倉天心・ 研究会』 右文社
5 2005/03/15 「燕京・北平・北京:阿部友二の描いた「東洋の故郷」」 『図書新聞』 2718号
6 2005/03/20 「幽玄、ワビ、サビ:「日本的なるもの」の創生とその背景」 『あいだ』 111号
7 2005/04/09 「忘れられたフランス最初の日本文献書誌学者」 『図書新聞』 2721号, 2005年4月9日
8 2005/05 「欧州で最も有名な日本人芸術家・北斎」 『本の窓』 2005年5月号 12-15頁
9 2005/05/20 「戦争画と平和画のあいだ:歴史の中の絵画作品の運命―丸木位里・俊夫妻「原爆の図」再考(上)」」 『あいだ』 113号, 2005年5月20日
10 2005/06/04,11 「大川周明『回教概論』の周辺(上)・(下)」 『図書新聞』 2728号・2729号, 2005年6月4日
11 2005/06/20 「戦争画と平和画のあいだ:歴史の中の絵画作品の運命―丸木位里・俊夫妻「原爆の図」再考(下)」 『あいだ』 114号, 2005年6月20日 
12 2005/06/25 「書評 西欧文化史を織り成す記憶の褶曲と断層―サイモン・シャーマ『風景と記憶』」 『図書新聞』 2731号, 2005年6月25日 
13 2005/06/30 「慧眼と蹉跌―ゾラは絵画に裏切られたのか」小倉孝誠・宮下志郎(編)『ゾラの可能性:表象・科学・身体』  藤原書店 2005年6月30日 174-197頁 
14 2005/07/11 「東方への夢と現実:ルーヴル美術館展に寄せて」 『讀賣新聞』 2005年7月11日 
15 2005/07/16 「『工藝』はどこまで工藝的か:柳宗悦の出版装丁事業に潜む西欧近代の符牒」 『図書新聞』 2734号, 2005年7月16日
16 2005/07/20 「アジアの潜在力:舟としての島々と母胎としての海」 『あいだ』 2005年7月20日 27-31頁
17 2005/08,2005/09 「東西交流のなかのアール・ヌヴォー」 『現代の眼』東京国立近代美術館 553号 2005年8-9月 6-8頁
18 2005/08/20 「漂流物からブリコラージュへ:日常の営みから美術館の壁を取り払う」  『あいだ』 116号, 2005年8月20日, 32-38頁
19 2005/09/03 「「絶対矛盾的自己同一」と「一切即一」との矛盾を相対性理論に読む」 『図書新聞』 2740号, 2005年9月3日
20 2005/10 「西洋舶来の書籍情報と徳川日本の視覚文化の変貌 一七三〇年代~一八三〇年代」」 『日本研究』第31集
21 2005/10/20 「Anch’io son’pittore! 余もまた画家なり:黒田重太郎覚書(上)」 『あいだ』 118号
22 2005/11/13 「昭和五十三年 駒場部誌全盛の頃」  『東京大学合気道部五十年史』
23 2005/11/20 「Anch’io son’pittore! 余もまた画家なり:黒田重太郎覚書(中)」」 『あいだ』 119号
24 2005/11/25 「合気道の近代」(E・クロッペンシユタイン編) 『日本文化の連続性と非連続性』勉誠社 49-64頁
25 2005/11/26 「草間弥生:空間への旅」(翻訳)ノーマ・レスピシオ  Nichibuken Newsletter, No. 60, Nov. 2005,
26 2005/11/26 「日本洋画の隠れたる功労者:黒田重太郎を再評価する」 『図書新聞』 2751号
27 2005/12/20 「Anch’io son’pittore! 余もまた画家なり:黒田重太郎覚書(下)」 『あいだ』 120号 
28 2005 「問題発見のための視覚文化研究を目指して―日本における美術史研究とその隣接領域」; Depiction and Description : Morphology of Modern Visuality and Market Place in Transition : Methodological Reflections, (韓国)(海外招待編集者として責任編集) 『美術史論壇』特集号 第二〇巻
29 2005 「美術館教育から視覚文化教育とその彼方へ」『美術教育における『鑑賞』学習のカリキュラム開発に関する研究』 平成14・5年度科学研究費補助金研究成果報告 225-232頁
30 2005 「『母なるカーリー』、『インド生活の経緯』と美術批評の周辺:岡倉天心滞インド期の著作への新たなる視点」井波律子(編)『表現における越境と混淆』 日文研叢書
31 2005 「合気道の近代:その戦前から戦後への断絶と継承:試論」 『赤門合気道』 46号 
32 2005 “Freedom in Suffering and Freedom of Suffering: The Case of Japanese Translator of Salman Rushdie’s Satanic Verses?Hitoshi Igarashi in Memoriam,” Literature and Religion (The Korean Society for Literature and Religion), Vol. 10, no. 2, ; vol. 2 Special Issue, Freedom of Suffering, June 30, 2005
33 2005 「岡倉天心とインド」“Okakura Tenshin’s Encounter with India,” Nichibunken News Letter, No. 61,

2006年 執筆・講演一覧

1 2006 “Images changeantes de l’art japonais : Dupuis la vue impressionniste du Japon à la controverse de l’esthétique orientale (1860-1940) ”  JTLA, Journal of Faculty of Letters, The University of Tokyo, Aesthetics, Vol.29/30, 2006,pp31-51(in print, forthcoming)
2 2006/01/20 「フランスと日本のあいだ:「美術史におけるフランスと日本」」 『あいだ』 121号
3 2006/01/28 「アルザスの日本研究:最近の研究集会「日本と欧州の出会い」から」 『図書新聞』 2759号
4 2006/02/05 「『めらんこりあ』と『ヨーカイ』:憂愁の病理とお化け屋敷の怪異に跨る想像界の動物誌」  『図書新聞』 2763号
5 2006/02/20 「パンドラの希望:被写体・母胎そして楕円―G・ポロック初来日講演に寄せて」  『あいだ』 122号
6 2006/03 『表象としての日本』(共著) 放送大学 第3刷加筆訂正版 
7 2006/03/01 『桂坂謡曲談義』(編集参与) 日文研叢書37号
8 2006/03/20 「表象による憎悪を断ち切るために―国際集会『戦争と表象/美術 二〇世紀以降』より(上)」 『あいだ』 122号
9 2006/04/08 「「的確な誤読」と「想定外の誤読」とのあいだ:テレビ広告の社会史にむけて」 『図書新聞』 2769号, 2006年4月8日
10 2006/04/20 「表象による憎悪を断ち切るために(下)」 『あいだ』 124号, 2006年4月20日, 15-22頁
11 2006/05/06 「文化遺産としてのCM保存と公開を考える:韓国での取り組みとの対比から」 『図書新聞』 2773号, 2006年5月6日
12 2006/06/20 「異装・狂気・蕩尽:藝術という名のポトラッチ」 『あいだ』 126号, 2006年6月20日, 25-29頁
13 2006/06/25 「書評 絵葉書の辿る数奇な運命―遺された痕跡に探る百年前の秘められた世相(細馬宏通著『絵はがきの時代』」 『京都新聞』、共同通信配信, 2006年6月20日掲載
14 2006/08/20 「イメージ解釈学の隠蔽に西欧二十世紀文化史の犯罪を摘発する」 『あいだ』 128号, 2006年8月20日, 22-26頁
15 2006/09/09 「書評 ジョルジュ・ディディ=ユーベルマン著『残存するイメージ:アビ・ヴァールブルグによる美術史と幽霊たちの時間』イメージはいかにして生まれ、伝播し、体験されるのか:二十世紀の知的精神史の生態を骨太な輪郭で縦横に描く」 『図書新聞』 2789号, 2006年9月9日
16 2006/11 “Use and Abuse of Images in Japanese History Textbooks and the History Textbook Controversy of 2000-2001,” Historical Consciousness, Historiography, and Modern Japanese Values, International Symposium in North America (2002), International Research Center for Japanese Studies, 2006, November 30, pp.19-38
17 2006/12/16 「妖怪の変容:江戸から明治の心性はいかに表象されたか」」 『図書新聞』 2802号, 2006年12月16日
18 2006/12/20 「ジョルジュ・ディディ=ユベルマン著『残存するイメージ アビ・ヴァールブルクによる美術史と幽霊たちの時間』を読む」 『あいだ』 132号, 2006年12月20日, 8-27頁

2007年 執筆・講演一覧

1 2007 “Is Art History Globalizable? A Critical Commentary from a Far Eastern Point of View,” ed. James Elkins, Is Art History Global? 2007, New York: Routledge, pp.249-279, 384-390
2 2007 “Tenshin Okakura Kakuzô and Sister Nivedita; on an intellectual Exchange in Modernizing Asia,” ed. Agnieszka Kozyra and Iwona Kordzi?ska-Nawrocka, Beyond Borders: Japanese Studies in the 21st Century: in Memoriam Wies?aw Kota?ski, Proceedings of International Conference, Warsaw, May 2006(2007), pp.90-95
3 2007/01/20 「東洋的オリエンタリズム:脱植民地主義からみた『民藝』批判:西洋近代の構築としての理念的『東洋』とその極東的展開」 『図書新聞』 2806号, 2007年1月20日
4 2007/02 「書評 Yuko Kikuchi, Japanese Modernisation and Mingei Theory: Cultural Nationalism and Oriental Orientalism, London : RoutledgeCurzon 2004 」 『ジャポニスム研究』 第26号, 2007年2月, 81-83頁
5 2007/02/20 「メロン・レクチャー瞥見 サイモン・シャーマの連続講演から」  『あいだ』 134号, 2007年2月20日, 17-23頁
6 2007/02/21 「潜龍の入魂儀礼 室生山上公園芸術の森開会式:ダニ/ヤエル・カラヴァン父娘の日本行脚から」 『図書新聞』 2811号, 2007年2月21日 
7 2007/02/28 「一九二〇年代をパリで過ごした日本人異邦人たち:一九二二年の黒田重太郎を中心に」 『パリ・一九二〇年代・藤田嗣治 国際シンポジウム報告書 Paris, Les années vingt et Foujita: Actes du Colloque』 (2006年6月10、11日 於京都国立近代美術館、京都造形芸術大学) 2007年2月28日刊, pp.15-25
8 2007/03/17 「Dawn/Aufleuchten/Éveil naissant 意識の覚醒について:『死の光景』の背後に溶暗するロラン・バルト目覚めの映像」 『図書新聞』 2814号, 2007年3月17日
9 2007

“Les Traces d’une blessure creatrice: Yagi Kazuo entre la tradition japonaise et l’avant-garde occidentale”

Japan Review, No.19, International Research Center for Japanese Studies, 2007, pp.133-159.
10 2007/04/20 「国境を跨ぐ交渉と規範の葛藤と:東アジア近代美術研究の将来にむけて Ⅰ――AASアジア研究学会ボストン年次大会・報告」 『あいだ』136号、2007年4月20日、20-25頁
11 2007/04/21 “Japanese Encounters with Latin America and Iberian Catholicism: Some Proposals for Possible Directions of Research in Comparative Literature,” Respondent, ‘International Forum ?Beyond the Border: Trends in Comparative Literature outside the US’ ACLA, Puebla, Mexico, April 21, 2007.
12 2007/05/01 “Constructing an Asian Aesthetics: Tenshin Okakura Kakuzo and Sister Nivedita or an Intellectual Indian-Japanese Exchange in Modernizing Asia” Graham Lecture Hall, Smith College, Northampton, USA, May 1, 2007.
13 2007/05/04 “Constructing an Asian Aesthetics: Tenshin Okakura Kakuzo and Sister Nivedita or an Intellectual Indian-Japanese Exchange in Modernizing Asia” Kent Hall, Columbia University, New York, USA, May 4, 2007.
14 2007/05/05 Commentary to Panel 3, “Objects and Images: Exploring Visual and Material Culture in Japan: A Symposium Honoring the Work of Henry Smith” Kent Hall, Donald Keen Center of Japanese Culture, Columbia University, New York, May 5, 2007.
15 2007/05 (書評) 「洋の東西を自在に渉猟した、膨大にして繊細なる知の楕円軌道の集大成――Sukehiro Hirakawa, Japan’s Love-Hate Relationship with the West, London : Global Oriental, 2004, 557pp. 」 『日本研究』第35集 2007年5月、27-33頁
16 2007/05/19 「「奇人」としての境界的知識人:知への渇望は、知識人の免罪符となるか――発刊後30年を前にして『オリエンタリズム』論争を再訪する」 『図書新聞』2821号、2007年5月19日
17 2007/05/20 「国境を跨ぐ交渉と規範の葛藤と:東アジア近代美術研究の将来にむけて Ⅱ――AASアジア研究学会ボストン年次大会・報告」 『あいだ』137号、2007年5月20日、27-32頁
18 2007/05/31 稲賀敬二 コレクション 第1巻 378頁 『物語流通機構論の構想』 (編集参与) 笠間書院 平成19年5月31日
19 2007/06/07 “Modern Japanese Arts and Crafts in Kyoto: From Asai Chu to Yagi Kazuo”  Library of Congress, Washington, D.C., USA, June 7, 2007.
20 2007/06/15 「駒場教室における阿部良雄の風貌:私的追想――「美術史家、美術評論家としての阿部良雄」を論ずるための序」 『水声通信』18号  水声社 2007年6月15日刊、  70-77頁
21 2007/06/20 「国境を跨ぐ交渉と規範の葛藤と:東アジア近代美術研究の将来にむけて Ⅲ――AASアジア研究学会ボストン年次大会・報告」 『あいだ』138号、2007年6月20日、21-24頁
22 2007/06/20 “Beneath the Global Theoretical Hegemony: Local Resistances against the Globalizing Will to Power” Stone Summer Theory Institute 2007, Chicago, USA, July 20, 2007.
23 2007/07/10 稲賀敬二 コレクション 第2巻 289頁 『前期物語の成立と変貌』 (編集参与) 笠間書院 平成19年7月10日
24 2007/07/20 「博物館の夜にミネルヴァの梟はどこを目指して飛ぶのか?:植民地主義の図像学を,歴史の暮れ方から振り返る―― アメリカ自然史博物館ルーズヴェルト・ホールの壁画をめぐる詮索若干」 『あいだ』139号、2007年7月20日、28-44頁
25 2007/07/21 「普遍言語の希望に夢を託した、ある日系ブラジル人の思索:香山六郎 トゥピ=日本語共通語源説幻想の人類史的な価値」 『図書新聞』2830号 2007年7月21日
26 2007/07/25 『伝統工藝再考 : 京のうちそと――過去発掘・現状分析・将来展望 (Traditional Japanese Arts &Crafts : A Reconsideration from Inside and Outside Kyoto) 』 
(編著)
思文閣出版 2007年7月25日発行  833+xxvii頁
27 2007/07/30 「経済・社会・藝術の再定義:『美術・マイノリティ・実践』を読む」 『フィールド・キャラバン計画へ:白川昌生 2000-2007』水声社 2007年7月30日刊   37―53頁
28 2007/07/30 稲賀敬二 コレクション 第3巻 447頁 『『源氏物語』とその享受資料』(編集参与) 笠間書院 平成19年7月30日
29 2007/08/04 “Between Asian Nationalism and Western Internationalism: Shimazaki Toson’s Participation in the International P.E. N. Club in Buenos Aires in 1936”  ICLA, Rio de Janeiro, Brazil, August 4, 2007.
30 2007/08/24 「クールベ《石割り》の軌跡――政治と芸術」 永井隆則編『フランス近代美術史の現在:ニュー・アート・ヒストリー以後の視座から』 三元社 2007年8月24日刊   23-56頁
31 2007/08/24 “Beyond Political Abuse of History Textbook; Visual Literacy Issue in the History Textbook Controversy of 2000-2001” NAJAKS, Copenhagen, Denmark, August 24, 2007.
32 2007/09/03 『日本の伝統工藝再考――外からみた工藝の将来とその可能性 (Traditional Japanese Arts and Crafts in the 21st Century: Reconsideration the Future from an International Perspective) 』
  • Preface
  • Introduction pp.1-2
  • Modern Japanese Arts and Crafts around Kyoto: From Asai Chu to Yagi Kazuo, with Special Reference to Their Contact with the West (1900-1954)  京都を中心とした近代日本工藝――浅井忠から八木一夫へ 西欧との接触を軸に pp.47 -72
国際研究集会報告書第27集  (co-edited with Patricia Fister) 国際日本文化研究センター International Research Center for Japanese Studies  2007年9月3日発行468頁
33 2007/09/07 “Modern Japanese Arts and Crafts around Kyoto: from Asai Chu to Yagi Kazuo, with Special Reference to Their Contact with the Wast” Traditional Japanese Arts & Crafts in the 21st Century, ILCJS, Sep.7, 2007, pp.47-74.
34 2007/09/07 “Is Art History Globalizable? ”  Duke University, North Carolina, USA, September 7, 2007.
35 2007/09/10 「インドと日本:岡倉天心の周辺」 多木浩二・藤枝晃雄監修、尾崎信一郎他編『日本近現代美術史事典』東京書籍   2007年9月10日刊   502-503頁
36 2007/09/14  “Is Art History Globalizable? A Critical Commentary from an East-Asian Viewpoint.” Maryland University, Maryland, USA, September 14, 2007.
37 2007/09/20 「国際協調主義と国粋主義とのあいだ:島崎藤村の南米(上)なぜ日本ペンクラブ初代会長は1936年ブエノス・アイレス講演で雪舟を論じたのか」 『あいだ』140号、2007年9月20日、14-18頁
38 2007/09/20 「静穏なる水面 蛇の蠢く闇――T. J. クラーク『死の光景』を読む」 『SITE ZERO』vol. 1、 メディアデザイン研究所 2007年9月20日   258-285頁
39 2007/09/20 「「手触り」が魂を訓育する」 読売新聞朝刊  9月20日
40 「ワシントンからの便り」 『三重大学合気道部OB会』会報誌第9号
41 「ワシントンの合気道」 『赤門合気道』平成19年度 第48号 東大合気道部・赤門合気道倶楽部 48-52頁
42 2007/10/05 “Are the Arts of Asia Globalizable? The Case of Japan,”  Multicultural Center Theater, UCSB, Oct.5, 2007.
43 2007/10/06 「移民へのまなざし:サンパウロの藤村揮毫萬葉歌碑を訪ねて」 『図書新聞』2840号,  2007年10月6日
44 2007/10/08 “Modern Arts and Crafts in Kyoto: from Asai Chu to Yagi Kazuo, 1900-1954,”  Hacienda Room, Faculty Center, UCLA, Oct.8, 2007.
45 2007/10/12 「お稽古ごとの海外文化交流:武術の場合を中心に」 福岡ユネスコ協会 創立六十周年記念国際文化セミナー『日本の文化と心』福岡天神ビル, 2007年10月 12日
46 2007/10/19
-20
“Arts and Crafts in Modern Kyoto, 1900-1954, ” International Symposium:  Craft Heritage in Modern Japan, British Museum,  London, October 19-20, 2007.
47 2007/10/25 (編集参与)稲賀敬二 コレクション 第4巻『後期物語への多彩な視点』 笠間書院 平成19年10月25日、359頁
48 2007/11/20 「国際協調主義と国粋主義とのあいだ:島崎藤村の南米(下)なぜ日本ペンクラブ初代会長は1936年ブエノス・アイレス講演で雪舟を論じたのか」 『あいだ』142号, 2007年11月20日、16-23頁
49 2007/12/20 「暗黒と黎明:ニコラ・プッサン《蛇に殺された男のいる風景》をめぐる断章――
T.J.クラーク『死の光景:アート・ライティングのひとつの実験』の余白に」
『あいだ』143号, 2007年12月20日, 24-29頁
50 2007/11/30 (編集参与)稲賀敬二 コレクション 第5巻『王朝歌人とその作品世界』 笠間書院 平成19年11月30日、463頁
51 2007/11/30 「大島清次・阿部良雄元理事長を悼む」 『ジャポニスム研究』27号 2007年11月30日、15-17頁
52 2007/12/01 《La blessure créatrice entre poterie et sculpture, ou Yagi Kazuo entre la tradition japonaise et l’avant-garde occidentale》 mages re-vues, N.4 (EHESS, CNRS, INHA, GAHOM, CEHTA, LAS), Déc.01, 2007, http//www.imagesrevues.org
53 2007/12/03 “Arts and Crafts in Modern Kyoto; around Kawai Kanjirô, Kondô Yuzô and Yagi Kazuo, ” Kyoto University Yoshida Campus j-Pod Building in  Kyoto Consortium for Japanese Studies, December 3, 2007.
54 2007/12/08 「日本美学の批判的検討のために」 ジャポニスム学会『ジャポニスムの過去・現在・未来』 畠山会館 、2007年 12月 8日
55 2007/12/15 「不動から風土へ――インドからみた岡倉覚三:ルストム・バルーチャの近著に触れて」 『図書新聞』2850号, 2007年12月15日

2008年 執筆・講演一覧

1 2008/1/31 「関西モダニズムと西洋体験 画家たちとその周辺:1900 1933年」 竹村民郎・鈴木貞美編著『関西モダニズム』  思文閣出版 2008年1月31日 286-335頁
2 2008/02/20

「トポロジー空間のなかの21世紀世界美術史:国際美術史学会の最新動向瞥見(1) 
メルボルンにおける第32回大会「文化を横切って:葛藤・渡り・収斂」から」

『あいだ』145号, 2008年2月20日18-24頁
3 2008/02/22
-23

「世界美術史は可能か?学問分野・批評・創作」

一九年度総研大文化学術フォーラム アランヴェールホテル京都、2008年2月22-23日
4 2008/02/29

(編集参与)稲賀敬二 コレクション 第6巻『日記文学と『枕草子』の探求』

笠間書院 平成20年2月29日、514頁
5 2008/02/29
-03/02

「島崎藤村のブエノスアイレス国際PENクラブ参加(1936年)――雪舟評価の国際環境」 

日文研海外研究交流シンポジウム『近代日本の美と思想』CEEJA フランス・コルマール、 2008年2月29日-3月2日
6 2008/03/05 「食器装飾の意匠にみる日本趣味の嚆矢」 『環境会議』2008年春号 2008年3月5日 4-7頁
7 2008/03/20

トポロジー空間のなかの21世紀世界美術史:国際美術史学会の最新動向瞥見(2) 
メルボルンにおける第32回大会「文化を横切って:葛藤・渡り・収斂」から」

『あいだ』146号, 2008年3月20日 24-30頁
8 2008

« Yagi Kazuo entre tradition japonaise et avant-garde occidentale : ou la fissure entre poterie et sculpture », La Rencontre du Japon et de l’Europe, Image d’une découverte, Actes du troisième colloque d’études japonaises de l’Université Marc Bloch,

Publications Orientalistes de France, (le 18 avril, 2007), 2008, pp.134 -146.
9 2008

[Response] “A Commentary of Ayako Kano’s Review of the Feminist Art History Debates,”

Review of Japanese Culture and Society, vol.XIX, Josai University,  pp.175-180.
10 2008/03/11 「『仏文雑誌』Revue française du Japon 」 復刻版 推薦記事  雄松堂 2008年3月11日,http://yushodo.co.jp/ kikou/futsubun/index.html
11 2008/04/19

翻訳の魂魄 
石川淳『荒波』英訳のための備忘録的メモランダ

『図書新聞』2866号,  2008年4月19日
12 2008/04/20 トポロジー空間のなかの21世紀世界美術史:国際美術史学会の最新動向瞥見(3) 
メルボルンにおける第32回大会「文化を横切って:葛藤・渡り・収斂」から
『あいだ』147号, 2008年4月20日 24-31頁
13 2008/05/20 トポロジー空間のなかの21世紀世界美術史:国際美術史学会の最新動向瞥見(4) 
メルボルンにおける第32回大会「文化を横切って:葛藤・渡り・収斂」から
『あいだ』148号, 2008年5月20日 27-32頁
14 2008/05/31

デジタルとディジタスとの落差について
digital化による指digitus の感覚鈍磨の促進という矛盾に関する覚え書

『図書新聞』2871号,  2008年5月31日