HOME>募集案内>職員の募集

職員の募集

 正職員

令和2年8月26日
人間文化研究機構

令和2年度 人間文化研究機構(国際日本文化研究センター)事務職員採用公募 募集要項

 このたび、本機構では以下のとおり、事務職員の募集を行います。

  1. 募集職種
  2. 事務職員(係長級)(常勤。任期の定めなし。ただし試用期間あり<採用日から6ヵ月間>)

  3. 職務内容
  4. 人間文化研究機構国際日本文化研究センターにおける①~④に関する業務を行う。

    ① 日本文化に関する国際的・学際的な総合研究の支援並びに世界の日本研究者に対する研究協力支援

    ② 研究成果を国際的に発信するための講演会、フォーラム、シンポジウム等のイベント運営

    ③ ②に係る広報業務

    ④ その他当センター運営に係る事務業務全般

  5. 勤務地
  6. 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター 
    (京都府京都市西京区御陵大枝山町3-2)
    なお、人事異動により近畿地区の当機構の他機関に勤務することがあります。

  7. 採用予定数
  8. 若干名

  9. 選考方法
  10. 第一次選考 (書類選考)
    第二次選考 (適性検査及び個別面接)

  11. 応募条件・資格(以下の(1)及び(2)の全ての条件を満たす者)
  12. (1)昭和36年4月2日以降に生まれた者

    ただし、次の者は試験を受けられません。

    ・ 懲戒解雇又はこれに相当する処分を受けたことがあり、その処分の日から2年を経過していない者

    ・ 日本国籍を有しない者のうち、日本国内における活動に制限のない在留資格を有しない者

    ※ 日本国籍以外の国籍のみ有する者は「永住者」、「日本人の配偶者等」、「永住者の配偶者等」、「定住者」、「特別永住者」(「出入国管理及び難民認定法(昭和26年10月4日政令第319号)」別表第二参照)の在留資格を有することとし、該当者には後日、在留カードなど在留資格が確認できる証明書等の写しを提出していただきます。

    (2)以下の①~④の要件をすべて有する者

    ① 国内外の学士号以上の学位を取得し、そのことを証明できる者

    ② 教育研究機関、又は民間企業等において、フルタイム職員として通算8年以上 勤務した経験がある方(有期契約職員として在職した期間も含む。)で、そのことを証明できる者

    ③ 教育研究機関、又は民間企業等において、イベント(講演会、シンポジウム、セミナー、フォーラム等)運営業務又はこれらに係る広報業務の経験があることが望ましい。

    ④ 上記のほか、主任級または係長級職員を通算3年以上経験したことがある者(1名以上の部下を持ち、指導及び育成をしたことがある者)

  13. 第一次選考(書類選考)
  14. (1)応募方法

    受験申込書の内容をすべて記入のうえ、受付期間内(必着)に以下の方法により、郵送若しくは受付場所へ提出してください。

    ① 郵送による応募方法

    受付期間 郵送先
    令和2年9月1日(火)~ 令和2年9月30日(水)【当日17時必着】 〒610‐1192
    京都府京都市西京区御陵大枝山町3-2
    人間文化研究機構 国際日本文化研究センター
    管理部総務課人事係 宛

    ※ 封筒の表に「事務職員採用試験申込書在中」と朱書し、特別記録郵便または簡易書留で送付してください。
    特別記録郵便等によらない郵便事故については、未着扱いとします。

    ② 持参による応募方法

    総務課人事係あてに受験申込書等の持参予定日時を事前に電話(075-335-2014)でご連絡の上、ご持参ください(平日10時から17時までの時間内にお願いします)。

    (2)必要書類等

    ① 受験申込書(別紙様式。A4両面印刷。)
    【6ヶ月以内に撮影した鮮明な写真(カラー・白黒どちらでも可、上半身、正面向、背景無地、脱帽、受験申込書に記載したサイズのもの)】

    受験申込書(別紙様式)は、国際日本文化研究センターのWebサイトよりダウンロードしてください

    ② 職務経歴書(様式任意)
    職務内容を具体的に記載すること。

    ■ 上記の応募方法のほか、マイナビ転職でも申込み可能になりました。

    マイナビ

    (3)合格連絡

     令和2年10月9日(金)までに、第一次選考合格者にのみ、第二次選考の試験会場等を含む受験に関する通知をメールで連絡します。
     期日までに連絡がない場合は不合格となりますので、あらかじめご了承ください。なお、合否の問い合わせ等には、一切応じられません。
    ※ 試験に関する連絡を電子メールで行うため電子メールアドレスが必要です。また、ドメインの指定受信をしている場合は、「@nichibun.ac.jp」を受信できるようにしてください。

  15. 第二次選考
  16. (1)第一次選考合格者にのみ、第二次選考を受験していただきます。

    第二次選考
    (適性検査及び個別面接)
    令和2年10月23日(金) 人間文化研究機構
    国際日本文化研究センター
    (京都府京都市西京区御陵大枝山町3-2)

    (2)合格連絡について

    令和2年11月13日(金)までに、第二次選考合格者にのみ、電話で連絡します。
    不合格者には、選考結果をメールで連絡します。なお、合否の問い合わせ等には、一切応じられません。

  17. 採用予定日
  18. 令和3年1月1日

  19. 給与制度
  20.  初任給、諸手当等については、「大学共同利用機関法人人間文化研究機構職員給与規程」に基づき支給されます。

    基本給:
    約230,000円 ~ 約260,000円(学歴や採用前の職歴等により決定されます。)

    諸手当:
    地域手当、扶養手当、住居手当、通勤手当、単身赴任手当、超過勤務手当、休日給、期末手当・勤勉手当等(いわゆるボーナス。昨年度の支給実績:基本給の約4.5月分)

    ※ 各手当の支給要件を満たす場合に支給されます。

  21. 退職手当制度
  22. 退職手当は、「大学共同利用機関法人人間文化研究機構職員退職手当規程」に基づき支給されます。

  23. 勤務時間、休暇等制度
  24. 勤務時間、休暇等は、「大学共同利用機関法人人間文化研究機構職員の勤務時間及び休暇等に関する規程」等が適用されます。

    (1)勤務日:月曜日から金曜日までの週5日

    (2)所定労働時間:1日7時間45分勤務、1週間あたり38時間45分勤務(休憩時間を除く。)

    (3)休日勤務:有り(休日の振替制度有り。)

    (4)休日等:原則として土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
    このほか、年次有給休暇、特別休暇、病気休暇、育児休業等の制度があります。

    (5)屋内の受動喫煙対策:あり(禁煙)

  25. 福利厚生制度
  26. 文部科学省共済組合に加入することになり、短期給付事業(健康保険)、長期給付事業(厚生年金)、福祉事業(各保険や共済貯金など)が受けられます。また、雇用保険に加入し、労働者災害補償保険の適用があります。

  27. 個人情報の取り扱い
  28. 受験申込者から取得する個人情報は、人間文化研究機構の職員採用試験以外の目的に使用することはありません。人間文化研究機構以外の第三者に提供又は公表しません。

    【問い合わせ先】
    人間文化研究機構 国際日本文化研究センター 管理部総務課人事係
    担当 永田(ながた)

    〒610‐1192
    京都府京都市西京区御陵大枝山町3-2
    電話:075-335-2014(直通)
    E-mail:jinji*nichibun.ac.jp (*を@に置き換えてください)