HOME>大学院教育>在学生>大学院生紹介

大学院生紹介

<< 大学院生リストへ戻る

葉 暁瑶(ヨウ ギョウヨウ)

略歴
(修士から)
2020年4月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2019年4月
総合研究大学院大学 文化科学研究科 国際日本研究専攻 入学
2016年3月
上海訳文出版社(Shanghai Translation Publishing House)
2016年3月
大阪大学大学院 文学研究科 文化形態論専攻 博士前期課程 修了
専門分野 日本近現代文学
現在の研究テーマ 戦後文学における京都の役割
研究のキーワード 同時代、東京・京都・満洲、川端康成
主要業績

論文

2020年6月
「『美しさと哀しみと』の京都が意味するもの――亡霊が宿るけい子をめぐって」、『アジア文化』、第38号、pp58-71
2017年3月
「「中国帰国生徒」にみる位置取りの模索――日本で成育してきた若者を中心に」、『日本学報』、第三十六号、pp37-48
2016年3月
〈修士学位論文〉「教育現場にみる「中国帰国生徒」の位置取り――大阪府内高校に通ってきた若者を中心に」

口頭発表

2019年11月
「満洲体験と「京都」表象」、日本近代文学会・昭和文学会・日本社会文学会合同国際研究集会、於二松学舎大学
2019年10月
「「鴨東綺譚」における京都像」、中国日本文学研究会創立40周年記念国際シンポジウム、於中国山東師範大学
2019年7月
「川端康成戦後作品における「京都」」、日本文学協会第39回研究発表大会、於京都女子大学
2018年10月
「『金閣寺』と『親切な機械』における戦後京都」、第3回東アジア日本研究者協議会国際学術大会、於京都リサーチパーク

解説

2017年6月
「「西松安野友好基金中日民間交流会」の終わりにあたって」、『広島安野・中国人被害者を追悼し歴史事実を継承する会(天津特集)』

翻訳実務

2020年6月
『温泉与日本的一千年』、社会科学文献出版社、北京(石川理夫『温泉の日本史』中央公論社)
2019年5月
『日本历史风俗図録』、四川人民出版社、成都、(笹間良彦『資料 日本歴史図録』柏書房)
2018年1月
石黑一雄作品里的日本――超越刻板印象」、『外国文芸』、上海、pp71-80、(野崎重敦「カズオ・イシグロの作品に描かれた日本――ステレオタイプを超えて」、愛媛大学法文学部論集)
2018年1月
「我対日本有种特殊的感情――日本対石黑一雄获奖的新聞報道」、『外国文芸』、上海、pp64-68、(「日本に対する特別の感情――カズオ・イシグロの授賞をめぐる日本側の報道」)
所属学会 日本文学協会、日本近代文学会