HOME>大学院教育>在学生>大学院生紹介

大学院生紹介

<< 大学院生リストへ戻る

仲田 侑加(ナカタ ユカ)

略歴
(修士から)
2016年4月
総合研究大学院大学 文化科学研究科 国際日本研究専攻 入学
2016年3月
関西大学大学院 文学研究科 総合人文学専攻 日本史専修 博士前期課程 修了
専門分野 日本近世史
現在の研究テーマ 近世から現代における尼僧と尼寺の実態
研究のキーワード 尼僧、尼寺、女性と仏教、女性のライフサイクル
主要業績

論文

2018年3月
「近世中期京都における尼寺の成立と尼僧の存在形態―山城国葛野郡川勝寺村長福寺を事例に―」(『総研大文化科学研究』14号、p.69~85)
「奈良町の尼寺・高林寺の歴史と法灯」(『関西大学博物館紀要』24号、p.63~73)
「明治期の多田郷士について―平尾家文書を素材に―」(猪名川町歴史文化遺産活性化実行委員会編『川辺郡猪名川町における多田院御家人に関する調査研究―その4 総集編― 多田院御家人と多田荘の歴史を紐解く』、p.118~125)
2016年3月
「近世中後期の尼僧と尼寺―山城国葛野郡川勝寺村長福寺を事例に―」(修士学位論文)

共著

2017年7月
『新版 八尾市史 近世史料編Ⅰ―古文書で学ぶ江戸時代の八尾―』(分担執筆、第2章2節p.160~171・178~181、第4章1節p.308~333)

口頭発表

2018年11月
「近世黄檗宗の尼寺とその法系―山城国愛宕郡薬師山一様庵を事例に」(総研大文化フォーラム2018、於国立民族学博物館)
2018年7月
「近世中期京都における尼僧の存在形態―山城国葛野郡川勝寺村長福寺を事例に―」(総合女性史学会修論発表会、於東京都文京区男女平等センター)
2017年1月
「近世京都における尼寺の基礎的考察」(大阪歴史学会近世部会1月例会、於淀川区民センター)
2016年10月
「奈良町の尼寺・高林寺にみる法燈継承―近世から現代まで―」(奈良歴史研究会10月例会、於奈良市ならまちセンター)
2016年7月
「近世中後期における尼僧の存在形態―山城国葛野郡川勝寺村長福寺を事例に―」(第55回近世史サマーセミナー分科会、於ファミーユ神立)
2015年12月
「近世中後期の尼僧と尼寺―山城国葛野郡川勝寺村長福寺を事例に-」(関西大学史学地理学会2015年度大会・総会、於関西大学)

報告書

2015年3月
「奈良の尼寺・高坊高林寺の歴史」(『関西大学大学院文学研究科副専攻「EU-日本」平成26年度活動報告書 第6回EUワークショップ報告論文集』p.269~282)

史料紹介

2015年3月
「女實語教寶箱」を読む会(安藤久子・仲田侑加・水上哲司・古林小百合・山本久美子)「『女實語教寶箱』」(『関西大学博物館紀要』第21号p.103~123)

目録編集/解説

2018年3月
前田徹・仲田侑加「粟野家文書目録」(猪名川町歴史文化遺産活性化実行委員会編『川辺郡猪名川町における多田院御家人に関する調査研究-その4 総集編― 多田院御家人と多田荘の歴史を紐解く』、p.157~188)
2017年3月
「平尾家所蔵文書目録」(猪名川町歴史文化遺産活用活性化実行委員会編『川辺郡猪名川町における多田院御家人に関する調査研究―その3 平尾家史料調査―』p.63~96)
2016年3月
「仁部家貴壽氏所蔵文書目録」(兵庫県歴史文化遺産活用活性化実行委員会編『川辺郡猪名川町における多田院御家人に関する調査研究-その2 仁部家史料調査―』p.34~38)
2015年3月
吉川潤・仲田侑加「田中義時氏所蔵文書目録」(兵庫県歴史文化遺産活用活性化実行委員会編『川辺郡猪名川町における多田院御家人に関する調査研究』p.39~57)
所属学会 大阪歴史学会、日本史研究会、総合女性史学会、京都民俗学会、奈良歴史研究会