HOME>大学院教育>在学生>大学院生紹介

大学院生紹介

<< 大学院生リストへ戻る

龔 婷(キョウ テイ)

略歴
(修士から)
2017年4月
総合研究大学院大学 文化科学研究科 国際日本研究専攻 入学
2016年3月
奈良女子大学大学院 人間文化研究科 国際社会文化学専攻 博士前期課程 修了
専門分野 日本古代史 東アジア都城・都市史
現在の研究テーマ 東アジア古代都城における歴史・文化的空間を解明する研究―平安京及びその周縁地域―
研究のキーワード 奈良・平安時代、都城・都市空間、東アジア、平安京(京都)
主要業績

論文

2019年3月
「桓武天皇の皇統意識」総合研究大学院大学文化科学研究科編 『文化科学研究』 第15号
2019年2月
「京洛の境界線―文学・古記録における平安京の内外意識」倉本一宏編『説話研究を拓く―説話文学と歴史史料の間に』思文閣出版、62-68頁
2016年3月
「桓武天皇の皇統思想」(修士学位論文)

口頭発表

2018年10月
「葬送空間としての平安京一条院」、第3回東アジア日本研究者協議会国際学術大会
2018年9月
「平安京とタンロン城(昇龍城)―文献史料から見た日越の古代都市―」、『アジアにおける平和と繁栄のための日越戦略パートナーシップ深化・拡大の背景でのベトナムにおける日本研究の役割』国際セミナー
2018年2月
「東アジア視点における平安京研究の可能性―汴京と平安京の都市景観の比較研究」日本史研究会古代史部会
2017年12月
総合研究大学院大学文化科学フォーラム ポスター発表「平安京の境界祭祀」
2017年11月
「平安京の空間意識―摂関期古記録の記主の視点から」史学会第115回大会日本古代史部会
2017年10月
「日本古代における「京」の空間認識―古記録にみえる平安京の実態を中心に」第二回東アジア日本研究者協議会国際学術大会
2017年7月
「Hokke hakko of the Heian period of Japan」,(2017 Summer Program: Buddhism and East Asian Cultures Young Scholars’ Forum, Dasheng Zhulin si , Mount Wutai)
2016年7月
「京洛の境界線――文学・古記録における平安京の「内と外」の認識変化について」(日文研共同研究会「説話と歴史資料の間」、国際日本文化研究センター)
2015年9月
「桓武天皇の天命思想」(国際シンポジウム―歴史と文化:アジア史のなかの日本古代、清華大学)
所属学会 史学会