HOME>大学院教育>在学生>大学院生紹介

大学院生紹介

<< 大学院生リストへ戻る

倉田 健太(クラタ ケンタ)

略歴
(修士から)
2017年4月
総合研究大学院大学 文化科学研究科 国際日本研究専攻 入学
2017年3月
香川大学大学院 経済学研究科 経済学専攻 修了
専門分野 祭礼研究、地域社会学、日本民俗学、比較文化論
現在の研究テーマ 戦後日本における祭礼の変容と地域社会への適応
研究のキーワード 神事とイベント、伝統の調整、祭礼組織、担い手、山・鉾・屋台、太鼓台、だんじり
主要業績

論文

2020年
「地域神社と伊勢神宮の物語――香川県綾歌郡宇多津町・宇夫階神社の場合」『瑞垣』神宮司庁、246号、pp.30-43
「地域住民のアイデンティティ形成と葛藤が祭礼の継承に果たす役割」『日本近代学研究』韓國日本近代學會、68号、pp.147-172
2019年
「愛媛県西条市における祭礼の拡張――屋台運行をめぐる規制と創出」『京都民俗』37号、pp.43-64
「太鼓台が地域社会の意識を刷新する――「新居浜太鼓祭り」探訪」稲賀繁美編『映しと移ろい』花鳥社、pp.153-183
「地域の象徴が接続するイベントと神事」『香川の民俗』香川民俗学会、81号 pp.24-29
2018年
「現代における船霊信仰の儀礼的変遷――瀬戸内海沿岸地域を事例に」橋本(関)泰子編『東アジアにおける宗教的シンクレティズムの社会学的研究――日本・中国・東南アジア』平成27-29年度科学研究費補助金研究成果報告書(15H05192)、pp.99-111.
「全国船玉神社データベース化作業からみえるもの――香川県の船玉神社を事例に」橋本(関)泰子編『東アジアにおける宗教的シンクレティズムの社会学的研究――日本・中国・東南アジア』平成27-29年度科学研究費補助金研究成果報告書(15H05192)、pp.113-125.
「現代の太鼓台にみる神社との相補的な関係」『香川の民俗』香川民俗学会、80号、pp.39-42
「船霊信仰における船玉神社の役割と祭祀――香川県沿岸地域を事例に」関泰子・倉田健太『四国学院大学論集』154号、pp.1-24
2017年
「香川県西讃地域での山車祭礼について――豊浜八幡神社秋季例祭の事例」『香川地理学会会報』37号、pp.33-51
2016年
「現代の地方都市における神社祭礼の実践――坂出八幡神社秋季例祭を事例として」『香川地理学会会報』36号、pp.40-53
「日本における祭り研究の整理を通じた現代の神社祭礼の考察――香川県綾歌郡宇多津町の事例」倉田健太・稲田道彦『香川大学経済論叢』89巻1号、pp.229-256
2015年
「(調査報告)地方都市における祭りの機能に関する一考察――宇多津町宇夫階神社例祭の事例より」関泰子・倉田健太『四国学院大学論集』147号、pp.73-105

口頭発表

2020年3月
「太鼓台の保存・作業環境に関する考察」香川民俗学会3月総会、於高松市立図書館
2020年2月
「祭礼の管理と喧嘩を巡る言説の変容――新居浜太鼓祭りの会場化をてがかりに」日文研共同研究「多文化間交渉における『あいだ』の研究」、於日文研
2019年9月
「西条祭りにおける慣習の明文化と祭礼組織の復権」日本宗教学会、於帝京科学大学
「行為と意識――新居浜太鼓祭りにおける「喧嘩」の変遷」世界民俗学研究センター2019 民俗学サマー・セミナー、於関西学院大学梅田キャンパス
2019年7月
「「見せる祭り」の会場化と波及に関する検討――新居浜太鼓祭りを事例に」香川地理学会研究会、於香川大学
2019年6月
「祭礼組織の描く実践についての一考察」香川民俗学会6月例会、於高松市立図書館
2018年12月
「屋台の新調がもたらす祭礼の拡張――愛媛県西条市を事例に」第37回京都民俗学会年次研究大会、於京都市職員会館かもがわ
2018年9月
「祭礼実践による地域アイデンティティの再構築――愛媛県新居浜市「新居浜太鼓祭り」の事例」第91回日本社会学会大会、於甲南大学
2018年7月
「船上の神々と祭祀について――香川・愛媛の船霊信仰を事例に」香川地理学会研究会、於香川大学
2018年6月
「現代の祭礼における伝統観――愛媛県東予地域の山車祭礼を中心に」日韓次世代学術フォーラム第15回国際学術大会、於静岡県立大学
「「観光的平和統一運行計画」と祭礼の変遷──「新居浜太鼓祭り」を事例に」関西社会学会第69回大会、於松山大学
2018年3月
「地域神社での神縁とその物語化――神宮式年遷宮との出会いを通して」香川民俗学会3月総会、於高松市立図書館
2018年2月
「地元の構築と身体技法――太鼓台のかけ声と担ぎかたに着目して」香川民俗学会2月例会、於高松市立図書館
2017年12月
「イベントを契機とする神社祭礼の興隆とその現状――香川県坂出市の太鼓台を事例に」第36回京都民俗学会年次研究大会、於京都市職員会館かもがわ
「現代における山車祭礼の比較研究」総研大文化フォーラム2017、於国立歴史民俗博物館
2017年11月
「船玉神社データベースと瀬戸内の船玉神社祭祀」平成29年度第3回アジア神仏研究会、於大谷大学
2017年10月
「ローカル・アイデンティティ形成に祭礼組織が与える影響」韓国日本近代学会第36回国際学術大会、於愛媛大学
2017年7月
「坂出市における太鼓台の復活――さかいで大橋まつりを手掛かりに」香川地理学会研究会、於香川大学
2016年7月
「現代の地方都市における神社祭礼の実践――坂出市八幡神社秋季例祭を事例として」香川地理学会研究会、於香川大学
2015年7月
「宇多津町宇夫階神社例祭における機能に関する一考察」香川地理学会研究会、於香川大学

ポスター発表

2018年11月
「二重氏子地区の神社における祭礼の創出――愛媛県西条市を事例に」総研大文化フォーラム2018、於国立民族学博物館
2017年5月
「神社祭祀の強調によるローカル・アイデンティティの形成──「さぬき豊浜ちょうさ祭」の事例より」関西社会学会第68回大会、於神戸学院大学
所属学会 日本社会学会、日本民俗学会、日本宗教学会、関西社会学会、京都民俗学会、香川民俗学会、香川地理学会