HOME>大学院教育>在学生>大学院生紹介

大学院生紹介

<< 大学院生リストへ戻る

高 燕文(コウ エンブン)

略歴
(修士から)
2017年4月
総合研究大学院大学 文化科学研究科 国際日本研究専攻 入学
2015年6月
東北師範大学 日本研究所 日本文学・文化専攻 修了
専門分野 日本近現代文学、植民地文学
現在の研究テーマ 「満蒙開拓」の想像と表象――大陸開拓文学を中心に
研究のキーワード 「満蒙開拓」、人的移動、開拓文学、想像と表象、戦時下の知識人
主要業績

論文

2019年3月
「和田傳が描いた満洲分村移民――小説『大日向村』を中心に」(『総研大文化科学研究』第15号、総研大文化科学研究科)
2018年12月
エッセー:「なぜ「大陸開拓文学」に関心を寄せているのか」(『植民地文化学会会報』第18号、植民地文化学会)
2016年9月
「分村移民と小説『大日向村』」(『牡丹』(339)、洛陽牡丹文学雑誌社)
「「満洲」における横田文子の創作」(『北方文学』2016年(24)、黒龍江北方文学雑誌社)
2015年5月
「山崎豊子『華麗なる一族』研究――主人公万俵大介の人物像を中心に」(修士学位論文)
2015年2月
「山崎豊子の『女の勲章』」(『大観・論壇』(24),河南大観雑誌社)

共編(執筆者の一人として)

2017年1月
劉春英ほか・編著『偽満洲国文芸大事記』(「偽満時期文学資料整理與研究・史料巻」、北方文芸出版社、2017年1月)

口頭発表

2019年12月
山田清三郎の目に映った開拓地(国際シンポジウム:「北東アジア近代空間の成立――いわゆる満蒙を中心に」)
2019年11月
「満洲」開拓地に注いだ眼差し――山田清三郎の『私の開拓地手記』(東アジア日本研究者協議会 第4回国際学術大会)
2019年7月
和田傳が見た「満蒙開拓」――「満洲」現地へのまなざし(「帝国のはざまを生きる一帝国日本と東アジアにおける移民・旅行と文化表象」第2回研究会)
2018年8月
「戦時下の日本語文学という視座から見た「満洲農業移民」――小説『大日向村』を中心に」(第16回中国日本文学研究会全国大会&国際シンポジウム)
所属学会 植民地文化学会、中国日本文学研究会、日本近代文学会