HOME>大学院教育>在学生>大学院生紹介

大学院生紹介

<< 大学院生リストへ戻る

増田 斎(マスダ イツキ)

略歴
(修士から)
2015年4月
総合研究大学院大学 文化科学研究科 国際日本研究専攻入学
2015年3月
同志社大学大学院 神学研究科 神学専攻 修了
専門分野 日本近現代文学、日本キリスト教文学
現在の研究テーマ 遠藤周作から見る日本のキリスト教文化、社会現象
研究のキーワード 遠藤周作、戦中派、転向、キリスト教文学、日本社会とキリスト教、大阪万博
主要業績

論文

2016年9月
「遠藤周作『深い河』における身体論-成瀬美津子像の変遷-」『遠藤周作研究』第9号、遠藤周作文学会、48-62頁
2015年3月
(修士学位論文)「遠藤周作『深い河』における身体の機能―成瀬美津子を中心に―」

書評

2017年5月
「川島秀一『遠藤周作<和解>の物語』(増補改訂版)」『キリスト教文学研究』第34号、198頁

口頭発表

2017年11月
「「反博」闘争からみる大阪万博 -キリスト教館というパビリオンの存在-」国際日本文化研究センター共同研究会「万国博覧会と人間の歴史」、於国際日本文化研究センター
2017年10月
「1966年遠藤周作『沈黙』から1970年大阪万博への道程」日本近代文学会2017年度秋季大会、於愛知淑徳大学
2017年9月
「1970年大阪万博キリスト教館における「芸術」の位置―キリスト教文学者を中心に―」日本基督教学会第65回学術大会、於ルーテル学院大学
2017年8月
パネル発表「キリスト教宣教と「島」の二重性―遠藤周作『沈黙』を中心に―」台湾研究セミナー2017「〈島〉から東アジアを考える」、於淡江教会
2017年4月
パネル発表「遠藤周作『沈黙』と宗教ナショナリズムの関係―大阪万国博覧会を視座にして―」国際日本文化研究センター共同研究会「戦後日本文化再考」、於立教大学
2016年5月
「遠藤周作文学における作中人物と「救い」の関係」日本キリスト教文学会第45回全国大会、於京都外国語大学
2013年9月
「遠藤周作『深い河』の成瀬美津子における性と信仰の関係」遠藤周作文学会、於慶應義塾大学

その他研究活動

2018年1月
「日本文学とキリスト教の交差点―遠藤周作という〈場〉の研究―」大学院文学研究科比較文化学専攻総合演習主催後期講演会、於神戸女学院大学(講師)
2017年4月~現在
「外国人宣教師日本語著作目録」広領域連携型基幹研究プロジェクト:異分野融合による総合書物学の構築(キリシタン文学の継承)、コンテンツ作成メンバー
所属学会 遠藤周作文学会、日本キリスト教文学会、日本近代文学会、日本基督教学会