HOME>大学院教育>在学生>大学院生紹介

大学院生紹介

<< 大学院生リストへ戻る

片岡 真伊(カタオカ マイ)

略歴
(修士から)
2015年4月
総合研究大学院大学 文化科学研究科 国際日本研究専攻 入学
2013年8月
フリーランス 翻訳家・エディター
2012年12月
フラミンゴ東京 (Flamingo Group) シニア・リサーチャー
2012年1月
フラミンゴ東京 (Flamingo Group) リサーチャー
2011年12月
ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン (UCL) 学際研究科 比較文学専攻 修士課程 修了
専門分野 比較文学、翻訳学
現在の研究テーマ 1)E. G. サイデンステッカーの日英翻訳における翻訳手法
2)1950年代~1970年代のアメリカにおける日本近代文学の翻訳出版現場
研究のキーワード E. G. サイデンステッカー、川端康成、翻訳出版の現場
主要業績

論文

2017年3月
「マンガ翻訳の海賊たち スキャンレーションにおける航海術をめぐって」稲賀繁美編『海賊史観からみた世界史の再構築』思文閣出版、70-90頁
2016年3月
「Emending a Translation into “Scrupulous” Translation: A Comparison of Edward G. Seidensticker’s Two English Renditions of “The Izu Dancer”」 総合研究大学院大学文化科学研究科編 『文化科学研究』 第12号
2011年9月
(修士学位論文) The Ambivalent Self: A Comparative Analysis of Shakespeare’s Hamlet and Dazai’s New Hamlet

口頭発表

2017年7月
「日本近代文学の英訳現場にみる”あいだ”の諸相」国際日本文化研究センター共同研究会「多文化交渉における『あいだ』の研究」2017年度第3回(国際日本文化研究センター)
2016年10月
「The Art of Crafting the Image of Modern Japanese Literature: the Use of Visual Images in Promoting the Knopf’s Translation Program」 The 25th Conference of the Association of Japanese Literary Studies (Pennsylvania State University)
2016年7月
「Translating Beauty Languages into Japanese Context」 The 2nd East Asian Translation Studies Conference (EATS2) (明治大学)[ポスター発表]
2016年4月
「When Manga Fans Become Pirates: the Art of Translating and Navigating Japanese Manga」「海賊史観からみた世界史の再構築」国際研究集会第50回(国際日本文化研究センター)

翻訳

2016年5月
「<書評>タイモン・スクリーチ著『絵画の獲得——江戸における技、生産、展示』」国際日本文化研究センター編『日本研究』第53号

その他の研究活動

2016年7月
「総合研究大学院大学文化科学研究科英語プレゼンテーションコース」国立民族学博物館 (講師)
所属学会 日本比較文学会、Association of Japanese Literary Studies、Association for Asian Studies

ページトップへ