HOME>大学院教育>在学生>大学院生紹介

大学院生紹介

<< 大学院生リストへ戻る

Gouranga Charan PRADHAN(ゴウランガ チャラン プラダン)

略歴
(修士から)
2014年4月
総合研究大学院大学 文化科学研究科 国際日本研究専攻 入学
2013年12月
デリー大学(インド)東アジア研究科 大学院前期博士(M.Phil)日本研究専攻 修了
2012年8月〜2013年4月
デリー大学(インド)東アジア研究科で日本語教育助手
専門分野 日本文学、比較文学、近現代英資料における『方丈記』
現在の研究テーマ 明治期における『方丈記』の受容の研究:夏目漱石の「英訳方丈記」を中心に
研究のキーワード 方丈記の受容、夏目漱石と方丈記、西洋における方丈記の享受
主要業績

論文

2017年3月
『方丈記』の受容―夏目漱石の『英訳方丈記』をめぐって― (総研大文化科学研究 第13号(2017)、99~111頁)
2013年10月
(M.Phil学位論文)「The Concept of Impermanence in Medieval Japanese Literature: A Study of Hojoki and Tsurezuregusa」
2012年4月
(M.A.学位論文)日本中世文学にみる無常観:方丈記と徒然草を中心に

口頭発表

2017年3月17日
“Power Dynamics and Acculturation in Meiji Japan - Natsume Sōseki’s English Translation of Hōjōki as an Illustration,” Association for Asian Studies (AAS), Toronto
2016年9月27日
“Sōseki’s English Translation of Hōjōki - Cultural Negotiation and Hybridity in Meiji Japan,” Kyoto University Next Generation Global Workshop 2016, Kyoto University
2016年7月23日
「外国における『方丈記』の受容:夏目漱石の『英訳方丈記』をめぐって」、日文研共同研究会「投企する古典性ー視覚・大衆・現代」、国際日本文化研究センター
2016年7月3日
“Sensory Narratives and Buddhism - A case study of Hōjōki,” Asian Studies Conference Japan (ASCJ), International Christian University, Tokyo
2015年11月21日
『方丈記』の受容:夏目漱石とディクソンを中心に、総合研究大学院大学 文化科学研究科 学術フォーラム2015(於 国文学研究資料館)。
2015年4月
『方丈記』の享受の研究:研究テーマ紹介及び妖怪文化の国際化:日本の次のソフト・パワーか?、総合研究大学院大学 平成27年度学生セミナー。
所属学会 日本中世文学会、日本比較文学会

ページトップへ