第三十二番繖山観音正寺
滋賀県蒲生郡安土町石寺2

宗派=単立
札所本尊=千手観音
開基=聖徳太子
開創年代=推古天皇の十三年(605)


 聖徳太子が近江国を遍歴した時、葦の繁る琵琶湖のなかから人魚が現れ、太子の法力によって助けてほしいと頼んだ。この人魚は、かつて堅田の住んでいた漁師だったが、殺生をしていたため人魚の姿となり、魚から血を吸われて苦しんでいた。そこで太子は、千手観音像を刻み、人魚のために伽藍を建立して供養した。
 この山は後に、近江佐々木氏の居城となり、観音寺城と称された。南北朝時代には、北朝の天皇の行宮になったこともある。佐々木承禎が織田信長に抵抗したため全山が焼失したが、慶長二年(1597)に再建された。
 繖山の山頂近くにある観音正寺は、西国巡礼第一の難所である。彦根城の欅御殿を移築した壮大な本堂があったが、平成五年(1993)に本尊や人魚のミイラとともに焼失した。
 本堂跡からさらに登ると、巨岩が並ぶ奥の院がある。そこには、平安時代の作とされる五体の磨崖仏が、薄く刻まれている。

井上隆雄氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved