第二十八番成相山成相寺
京都府宮津市成相寺339

宗派=高野山真言宗
札所本尊=聖観音
開山=真応上人
開創年代=慶雲元年(704)


 日本三景の一つ天橋立を眼下に望む傘松公園から、さらに奥まったところに、成相寺の境内が広がっている。
 真応上人が諸国を行脚している時、天橋立の美しさに感じて草庵を結び、『法華経』を読む日々を送った。すると、不思議な老人が現れて、観音像を授けたので、堂を建立したのが始まりとされる。
 また、厳しい冬の日、飢えに苦しんでいた真応が、戒を破って食した鹿肉が木屑と化し、観音像の股が削り取られていた。元に戻るように祈ると、観音の傷は前のように成り合っていた。これが、山号と寺号の由来である。
 慶長十四年(1609)、鐘を新造したが音が出ず、三度にわたって鋳直した。ところが、三度目の時、鋳場へ見にきていた母親が、赤ん坊を銅湯のなかへ落としてしまった。このため、鐘をつくと、赤ん坊の泣き声が聞こえるので、つかないようになったという。現在も、つかずの鐘として残っている。

井上隆雄氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved