第二十二番補陀落山総持寺
大阪府茨木市総持寺町1丁目6-1

宗派=高野山真言宗派
札所本尊=千手観音
開基=山蔭中納言政朝
開創年代=仁和二年(886)


 山蔭中納言高房は勅命を受けて筑紫へ赴任する途中、淀川のほとりで殺されようとしている大亀を助けた。その翌日、高房の子政朝は、継母と乳母の策略によって、川に突き落とされてしまった。これを知った高房が、観音にわが子の救助を祈願すると、政朝を背中に乗せた大亀が浮かび上ってきた。 観音像を刻むための霊木を遣唐使に以来したが、中国からの持ち出しが禁止されていたため、遣唐使は霊木を海に流した。
 高房の死後、太宰府に勤務していた政朝は、海岸で霊木を発見。都に持ち帰る途中で、茨木の地で動かなくなった。門前にいる童子に刻ませよとの霊告があり、そのとおりにすると、千日かかって亀に乗った千手観音が完成し、童子は消え去ってしまったという。
 政朝は料理の名手として知られており、境内には包丁道場という堂がある。

井上隆雄氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved