第二番紀三井山金剛宝寺護国院
和歌山市紀三井寺1201

宗派=救世観音宗
札所本尊=十一面観音
開山=為光上人
開創年代=宝亀元年(770)


 山内にある清浄水、楊柳水、吉祥水によって、三井寺の名称が生じ、近江国三井寺に対して、紀三井寺と俗称するようになった。
 称徳天皇のころ、唐から来朝した為光上人が、自作の十一面観音を安置する場所を探して、名草山の麓に来た時、燈明松の近くに千手観音が光を放って出現。そこで、伽藍を建立して、千手観音と十一面観音を安置したという。
 また、為光上人は、国土安穏仏法興隆を祈願するため、『大般若経』を書写して経塚に納めようとした。書写が終わろうとした時、突然美少女が現れて清浄水に入り、龍となって燈明を観音にささげたとされる。
 豊臣家及び徳川家によって伽藍が再興されており、本堂、多宝塔、鐘楼(以上、重文)などが並ぶ。また、関西で最も早い桜の名所としても、知られている。

井上隆雄氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved